メインメニューを開く

新関公子(にいぜき きみこ、1940年10月10日[1]- )は、日本の美術史学者、東京藝術大学名誉教授

略歴編集

新潟県長岡市に生まれる。1963年東京芸術大学美術学部芸術学科卒業。1965年同大学院修士課程修了、東京芸大付属芸術資料館(現大学美術館)に勤務(-1974年)。

1968年フランス政府給費留学生としてエコール・デュ・ルーヴルで博物館学研修を受ける。1982-1987年横浜市美術館開設準備室勤務。2002年東京芸大美術館教授、2008年退任、名誉教授。2012年『ゴッホ 契約の兄弟』で吉田秀和賞受賞。

著書編集

  • 監修 『イメージとテキスト 美術史を学ぶための13章』ブリュッケ 2007。稲本万里子・池上英洋

翻訳編集

  • ダリ』エリック・シェーンズ、岩波書店「岩波世界の巨匠」1992 
  • クリムト』フランソワーズ・デュクロ、岩波書店「岩波世界の巨匠」1994
  • エルンスト』イアン・ターピン、西村書店「アート・ライブラリー」1994、新版2012 
  • シュルレアリスムの絵画』サイモン・ウィルソン、西村書店「アート・ライブラリー」1997 

参考編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』