メインメニューを開く

新関駅

日本の新潟県新潟市秋葉区にある東日本旅客鉄道の駅

新関駅(しんせきえき)は、新潟県新潟市秋葉区大関にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)磐越西線である[1]

新関駅
駅舎西口(2004年9月)
駅舎西口(2004年9月)
しんせき
Shinseki
北五泉 (2.5km)
(2.8km) 東新津
所在地 新潟市秋葉区大関[1]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 磐越西線
キロ程 170.0km(郡山起点)
電報略号 シセ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線[2]
開業年月日 1954年昭和29年)4月15日[1]
備考 無人駅[2](自動券売機 有)
テンプレートを表示
西口駅舎と1番線
東口に設けられた駐車場。ホーム寄りの白い区画線が月極利用者専用、駐車場出入口付近の黄色い区画線が一時利用者用となっている
一線スルー方式の新関駅

目次

歴史編集

駅構造編集

相対式ホーム2面2線[2]を有する地上駅。両ホームは跨線橋によって連絡している。一線スルー方式となっており、列車の行き違いがない場合は両方向の列車とも、駅舎(西側)に面する1番線から発着する[2]

新津駅管理の無人駅[2]。駅舎は待合スペースとしての機能のみで[2]、簡易Suica改札機[2](入場用・出場用各1台)、自動券売機[2](簡易式1台)、自動販売機、トイレなどが設置されている。

2番線北側に面して東口が設けられている。駅舎はなく、ホーム入口に簡易Suica改札機(入場用・出場用各1台)が設置されており、東口に面する駅前には駐輪場とパークアンドライド用の駐車場が設置されている[2]

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1・2 磐越西線 下り 新津新潟方面
上り 五泉会津若松方面

2番線は行違いを行う場合の上り列車と、対向通過列車を待避する下り列車が使用する。

利用状況編集

「新潟市統計書」によると、2010年度(平成22年度)までの年間乗車人員の推移は以下のとおりである[4]。なお、新潟市合併前の2004年度(平成16年度)以前のデータは非公表となっている。

乗車人員推移
年度 年間乗車人員
(単位:千人)
出典
2005年(平成17年) 61 [4]
2006年(平成18年) 61
2007年(平成19年) 64
2008年(平成20年) 61
2009年(平成21年) 54
2010年(平成22年) 55

無人駅については、発券データが正確に計上されないとして、2011年度(平成23年度)以降の乗車人員データが非公表となった。

駅周辺編集

西口駅前は新潟県道406号新関停車場線を介して新潟県道7号新津村松線に面しており、周辺には民家が立つ。東口側は水田が広がり、民家が点在する。

  • 小口簡易郵便局
  • 介護老人保健施設秋葉の郷

バス路線編集

西口側の県道7号上に、新潟交通観光バスバス停留所が設けられている。運行路線は「大関線」1路線のみ。運賃精算には新潟交通グループのICカード「りゅーと」(Suicaも利用可)が使用できる。

  • 新関駅前
    • 五泉方面(駅舎側)
      • 五泉駅前・五泉営業所 行
    • 新津方面(駅舎向かい側)
      • 大関・滝谷経由 新津駅 行

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
磐越西線
快速「あがの
通過
普通
北五泉駅 - 新関駅 - 東新津駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d JR東日本:各駅情報(新関駅)”. 東日本旅客鉄道. 2014年10月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 『週刊JR全駅・全車両基地』第50号、朝日新聞出版、2013年8月4日、 26頁、2014年10月29日閲覧。
  3. ^ 交通新聞 昭和40年9月17日1面
  4. ^ a b 13 運輸・通信 (PDF)”. 平成23年度統計書. 新潟市 (2012年3月). 2019年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月25日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集