メインメニューを開く
日本 > 千葉県 > 船橋市 > 新高根

新高根(しんたかね)は、千葉県船橋市の地名。住居表示実施済みであり、現行行政地名は新高根一丁目から六丁目。郵便番号274-0814[2]

新高根
新高根の位置(千葉県内)
新高根
新高根
新高根の位置
北緯35度43分50.79秒 東経140度1分30.35秒 / 北緯35.7307750度 東経140.0250972度 / 35.7307750; 140.0250972
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Chiba Prefecture.svg 千葉県
市町村 Flag of Funabashi, Chiba.svg 船橋市
人口
2017年(平成29年)11月1日現在)[1]
 • 合計 9,922人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
274-0814[2]
市外局番 047[3]
ナンバープレート 習志野

目次

地理編集

船橋市の地理的中央部、やや北東寄りに位置する。北で南三咲、東で高根台、南で芝山、西で高根町、北西で緑台金杉と隣接する。ほとんどすべてが急斜面と低地台地で構成された地形変化が激しい土地であり、主に住宅地として利用されている。東部を海老川水系の高根川が流れる。

地価編集

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、新高根5-23-23の地点で11万2000円/m2となっている。[4]

歴史編集

1961年昭和36年)に新京成線高根公団駅が開業したのを契機に宅地化が進行し、人口が急増していたそれまでの高根町の東部を対象として、住居表示の実施に伴い1979年(昭和54年)2月1日付で新しい町名「新高根」が誕生した[5]

地名の由来編集

高根村が前身。由来は高い土地を意味する「高嶺」が「高根」となったことから[6]

なお、もともと東部・現在の五丁目あたりには「高根木戸」と呼ばれていた集落があった。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)11月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
新高根一丁目 740世帯 1,922人
新高根二丁目 698世帯 1,684人
新高根三丁目 737世帯 1,616人
新高根四丁目 541世帯 1,132人
新高根五丁目 761世帯 1,517人
新高根六丁目 913世帯 2,051人
4,390世帯 9,922人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[7]

丁目 番地 小学校 中学校
新高根一丁目 1~25番 船橋市立高根東小学校 船橋市立高根中学校
26・27番 船橋市立高根小学校
新高根二丁目 1~4番
5~29番 船橋市立高根東小学校
新高根三丁目 全域
新高根四丁目 全域
新高根五丁目 全域
新高根六丁目 全域

交通編集

施設編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 船橋市町丁別人口”. 船橋市 (2017年11月24日). 2017年11月30日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年11月30日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月1日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 『広報ふなばし』第444号 p. 2、1979年(昭和54年)2月1日発行。船橋市中央図書館ほか所蔵
  6. ^ 「歩いてみる船橋」船橋市郷土資料館、平成8年3月28日発行
  7. ^ 小・中学校通学区域表(住所別)”. 船橋市 (2016年12月22日). 2017年11月30日閲覧。