メインメニューを開く

新KS鋼(新KSこう、NKS steel)は、コバルトアルミニウムニッケルチタンを含む合金磁石鋼[1]

概要編集

1934年、東北帝国大学本多光太郎によってMK鋼を改良して開発された。最初のKS鋼の4倍近い保磁力を有し、これにより1931年に東京帝国大学三島徳七によって開発されたKS鋼の2倍の保磁力を有するMK鋼から世界一の保磁力の座を奪還した[1]

1958年にブリュッセルで開催されたブリュッセル万国博覧会では新KS鋼による永久磁石を使用した電子顕微鏡が表彰された[2]

製法編集

上述の成分の合金を鋳造後に焼きなましを施す[1]

脚注編集