方以智

中国明末清初の思想家

方 以智(ほう いち、拼音: Fāng Yǐzhì1611年11月30日(万暦39年10月26日[1]) - 1671年11月9日(康熙10年10月7日))は、中国明末清初の思想家・自然学者儒学者禅僧密之(みつし)[2]。出家後の法名大智または弘智[3]、字は無可、通称は薬地和尚曼公鹿起龍眠愚者浮山愚者[2]など。

方以智

への仕官を拒み流浪の僧となった。イエズス会士の影響を受けつつ物理学博物学天文学地理学医学音韻学を広く論じた。「質測・通幾」や三教合一の思想を説いた[2]江戸時代儒学者本草学者蘭学者に著作が読まれた。近現代の中国哲学研究で再評価された。著書に『通雅中国語版』『物理小識中国語版』『東西均』『薬地炮荘』など[4]

生涯編集

明末編集

1611年南直隷安慶府桐城県[5](現在の安徽省銅陵市樅陽県[6])の名家に生まれる。幼少から学才を発揮し、家学である易学から天文暦学・医学・音楽・書画・兵法まで広く修めると同時に、李之藻叢書『天学初函』等を通じてイエズス会士の著作を読み、特にニコラ・トリゴーの『西儒耳目資』を読んで中国語のラテン文字転写中国語版に関心を持つ[1]。また、アダム・シャールフランチェスコ・サンビアシ中国語版熊明遇中国語版[注釈 1]と若くして交流する[1][7]

20歳頃、李自成の農民反乱が桐城まで波及したため、南京に避難する[8]。南京では、陳子龍中国語版夏允彝中国語版らと交流する[9]。彼らとの縁で復社に参加し[9]侯方域中国語版冒襄中国語版陳貞慧中国語版とともに「四公子中国語版」の一人に数えられる[10]

1639年29歳の時、郷試に合格、翌年殿試に合格、進士となる[11]庶吉士を務めた後、32歳の時、翰林院検討となる[11]

清初編集

1644年北京に入ると投獄され拷問を受けるが、やがて脱獄し、妻子を置き去りにして出奔する[12]。その後、を避けて南明に仕えるが、政争により辞職、以降偽名で薬売りなどをしながら遊歴生活を送る[12][13]

1651年広西でムスリムの清将馬蛟麟に捕まり[12]、服従か死か迫られるが、死を選んだ結果、却って釈放される[13]。その際、梧州雲蓋寺で剃髪して僧となり、同寺に寓居する[12]。同寺で自祭文を書き、明の滅亡と同時に自分は死んだと宣言する[5]。翌年、施閏章中国語版とともに廬山に赴いた後[13]、桐城に帰郷し家族と再会する[5]

1653年、南京の天界寺中国語版にて曹洞宗覚浪道盛中国語版禅師のもとで受戒、その後、南京の高座寺中国語版に潜居し著述に専念する[14]

1655年、父の方孔炤中国語版が没したため3年間帰郷、その後6年近く諸寺を放浪する[14]

晩年編集

1664年、放浪を終え、江西省吉安府青原山浄居寺中国語版にて笑峰大然禅師後任の住職となる。以降、書き溜めてきた著書を立て続けに刊行する[14]。また、明代の書院を復興し鄒守益中国語版聶豹中国語版の遺緒を継ごうとする[14]。この頃、王夫之熊開元中国語版金堡中国語版余颺中国語版張自烈中国語版(『正字通』の作者)らと交流する[14]

1671年、「粤案」の容疑(おそらく復明運動関与の容疑)で逮捕され、吉安府から西の流刑地に護送中、贛江万安県惶恐灘付近で病没する[14][15]自殺とする説もある(余英時の説)[16][17]

没後、金堡中国語版銭澄之中国語版が挽を詠んだ[18]

親族編集

学説編集

諸著作で「質測」と「通幾」を標語として掲げた。「質測」は「事物の観察を重んずる自然科学的思考」、「通幾」は「事物の背後にある・兆しに通達する哲学的思考」のような意味であり、学者は両者を兼ね備えるべきだと説いた[22]。 「質測」と「通幾」は、父の方孔炤中国語版の造語と推定される[23]。序文を寄せた游子六天経或問』でも使用されている[23]

方以智の宇宙観は、後述の1950年代侯外廬中国語版以来、「火一元論」と称される[24]。火一元論の形成過程には諸説あり[24]張載の気一元論[24]朱震亨中国語版の相火論[25]覚浪道盛中国語版の尊火論[25]、西洋の四元素[24]などの影響が指摘されている。

方以智は『物理小識』で「ヒトの脳」について論じたことでも知られる[26][27]中国医学では、精神の座は脳ではなく心臓とするのが伝統的だったが、方以智は西洋医学の影響で脳局在論を主張したとされる[26][27]。以上の内容は、20世紀初頭の医学史家富士川游に端を発する[26]。21世紀現代では、脳局在論ではなく脳と心臓の折衷論だったとする指摘もある[28]

主な作品編集

通雅中国語版
爾雅』の系譜に連なる訓詁名物の書[29]。1646年成立、1666年刊行[30]
物理小識中国語版
科学技術全般の類書的な書[31]。1664年から1667年に刊行[26]、清末の1884年再刊[32]。師の王宣中国語版の『物理所』を念頭に書かれた[33][12]。当初は『通雅』の付録として書かれていたが、子の方中通中国語版や弟子の掲暄中国語版らが増補して独立させた[26]。古今東西の書籍を引用しており、例えば『易経』『墨子』『夢渓筆談』『物類相感志』『本草綱目』などに加え、アダム・シャール『主制群徴』、ジュリオ・アレーニ『職方外紀』、マテオ・リッチ『四行論略』などイエズス会士の著作を引用している[34][35]
『東西均』
儒仏道の三教を交えた哲学的著作[36]。1652年頃成立[5]。刊本ではなく写本で伝わり、長らく埋もれた著作だったが、1962年李学勤が整理・刊行して以来注目されるようになった[5]2001年には龐朴中国語版が最初の注釈書を刊行した[5]。題名の「東西均」は多義的に捉えられる[36]
『薬地炮荘』
荘子』の注釈書[37]
『切韵声原』
音韻学書。
『医学会通』
『刪補本草』
『浮山文集』
『周易時論合編』
父の方孔炤中国語版の遺著『周易時論』と、方以智の自著『周易図象幾表』等を合したもの[14]
『天界覚浪禅師全録』
覚浪道盛中国語版語録[14]
『青原志略』
青原地誌笑峰大然の遺著を施閏章中国語版とともに完成させたもの[14]
『青原愚者智禅師語録』
方以智晩年の語録[14]
游子六天経或問』序
游子六は方以智と熊明遇中国語版の弟子にあたる[38]
 
『草書扇面』

その他、『草書扇面』『四妙図』『枯樹図』[39]などの書画が伝わる。

受容編集

清代編集

同時代の王夫之に思想が高く評価された[40]。王夫之は、方以智の「質測」の手法こそが真の「格物窮理」であり、宋代の邵雍蔡元定中国語版の手法は偽りの格物窮理であると評した[41][40]。また王夫之は、方以智が諸葛亮木牛流馬を論じたことにも言及している[42]

清末までの間、『浮山文集』が禁書に認定されたものの[43]、『通雅』『物理小識』『薬地炮荘』は『四庫提要』に著録された[44]。しかしながら、目立った受容は無かった[44]

清末の光緒10年(1884年)、『物理小識』が再刊された[32]

江戸時代編集

江戸時代の日本では、『通雅』と『物理小識』が儒学者本草学者蘭学者に盛んに受容された[45][注釈 2]。また、序文を寄せた游子六天経或問』も盛んに受容された[47]

儒学者では、三浦梅園が『贅語』で『物理小識』を引用している[30]。また、新井白石は『東雅』と『同文通考』で『通雅』を引用しており、小瀬復庵から『物理小識』を借りたとする書簡も残っている[48]。また、伊藤東涯は『名物六帖』時運箋で『通雅』を引用しており、手沢本にも『通雅』と『物理小識』がある[49]。その他、太宰春台『聖学問答』、中村蘭林『学山録』にも受容されている[49]

本草学者では、小野蘭山が『本草綱目啓蒙』で『通雅』と『物理小識』を引用している[50]。また、平賀源内は『物類品隲』で『物理小識』を引用しており、『火浣布略説』の火浣布観にも影響を受けている[51]。その他、貝原益軒にも受容されている[49]

蘭学者では、杉田玄白が『解体新書』で『物理小識』を暗に引用している[52]。その他、志筑忠雄『暦象新書』[53]宇田川榕菴舎密開宗』『植学独語』[30]大槻玄沢重訂解体新書[54][55]山村才助訂正増訳采覧異言[55]にも受容されている。

清からの輸入と和刻本出版の双方が盛んに行われた。長崎奉行所の役人だった大田南畝は、随筆『瓊浦又綴』で、文化2年に『物理小識』が唐船持渡書として輸入されたことを取り上げている[48]松平定信は随筆『花月草紙』で、『物理小識』の和刻本を出版したいと思ったが、書肆の須原屋伊八須原屋の一員)が既に出版していたので断念した、と語っている[46]

近現代編集

民国初期梁啓超は、『通雅』を小学書として高く評価し[56]黄宗羲顧炎武王夫之朱舜水と並ぶ「清初五大師中国語版」の一人に位置付けた[57]明治日本では、上記の富士川游が『物理小識』の脳説に着目した。

中華人民共和国では、1957年侯外廬中国語版の論文[58]を皮切りに、唯物論者無神論者として盛んに研究されるようになった[59]。侯外廬は、上記の1962年李学勤本『東西均』に序文を寄せてもいる[5](李学勤は侯外廬の元助手にあたる)。1964年毛沢東楊献珍中国語版が関与した「一分為二と合二而一中国語版」論争の「合二而一」は、『東西均』三徴篇に由来する言葉である[60]2001年には龐朴中国語版が『東西均』の最初の注釈書を刊行した[5]

中華人民共和国以外でも、余英時[61]重澤俊郎[61]坂出祥伸[61]小川晴久[61]杉本つとむW.J.ピーターソン英語版[61]ら多くの学者が研究している。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 天経或問』の著者游子六の師であり、サバティーノ・デ・ウルシス(熊三抜)の『表度説』に序を寄せた人物。
  2. ^ 特に享保の改革による洋書解禁以降[46]

出典編集

  1. ^ a b c 坂出 1999, p. 369f.
  2. ^ a b c 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) 小川晴久方以智』 - コトバンク
  3. ^ 湯浅編 2020, p. 214f.
  4. ^ 小川 1974, p. 198.
  5. ^ a b c d e f g h 齊藤 2004, p. 55.
  6. ^ 方以智-历史名人-枞阳县人民政府”. www.zongyang.gov.cn. 2021年8月28日閲覧。
  7. ^ 小川ほか編 2015, p. 152-154.
  8. ^ 坂出 1999, p. 375.
  9. ^ a b 坂出 1999, p. 376.
  10. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『侯方域』 - コトバンク
  11. ^ a b 坂出 1999, p. 377.
  12. ^ a b c d e f 齊藤 2009, p. 183.
  13. ^ a b c 坂出 1999, p. 377f.
  14. ^ a b c d e f g h i j 坂出 1999, p. 378f.
  15. ^ 清水 1994, p. 232.
  16. ^ 齊藤正高「方以智の死生観 ―『東西均』生死格を中心に―」『宗教と倫理』第4巻、宗教倫理学会、2004年。61;63頁
  17. ^ 清水 1994, p. 230.
  18. ^ 清水 1994.
  19. ^ 小川 1974, p. 199f.
  20. ^ a b c 大谷敏夫 『戴名世断罪事件の政治的背景 : 戴名世・方苞の学との関連において』史学研究会 (京都大学文学部内)、1978年。doi:10.14989/shirin_61_487https://doi.org/10.14989/shirin_61_487 11f頁。
  21. ^ a b 李迪 (編著) 大竹茂雄・陸人瑞 (共訳) 『中国の数学通史』森北出版、2002年 (原著1984年)。ISBN 978-4-627-01941-6 
  22. ^ 久富木 1998, p. 5-13.
  23. ^ a b 坂出 1999, p. 421.
  24. ^ a b c d 坂出 1999, p. 392.
  25. ^ a b 平凡社世界大百科事典 第2版『方以智』 - コトバンク
  26. ^ a b c d e 齊藤 2009, p. 184.
  27. ^ a b 加納喜光 『中国医学の誕生』東京大学出版会、1987年。ISBN 978-4130130325 192-229頁。
  28. ^ 齊藤 2009.
  29. ^ 青木正児 『中華名物考』平凡社〈東洋文庫〉、1988年 (原著1959年春秋社)。ISBN 4582804799 32頁。
  30. ^ a b c 杉本 1998, p. 364.
  31. ^ 齊藤 2009, p. 193.
  32. ^ a b 杉本 1998, p. 357.
  33. ^ 坂出 1999, p. 364.
  34. ^ 坂出 1999, p. 369f;384.
  35. ^ 杉本 1998, p. 362-365.
  36. ^ a b 齊藤 2004, p. 56.
  37. ^ 齊藤 2004, p. 63.
  38. ^ 平岡隆二 『『天経或問』の刊本と写本』日本科学史学会、2019年。doi:10.34336/jhsj.58.289_2https://doi.org/10.34336/jhsj.58.289_2 2頁。
  39. ^ 李鋼 (2010年). “方以智画論浅説(全文)”. www.wenmi.com. 2021年8月1日閲覧。
  40. ^ a b 坂出 1999, p. 355-359.
  41. ^ 小川 1974, p. 200.
  42. ^ 斎藤禎「王夫之の明末観について」『アジアの歴史と文化』第5号、山口大学アジア歴史・文化研究会、2001年http://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/D150005000007 14頁。
  43. ^ 清水 1994, p. 234.
  44. ^ a b 久富木 1999, p. 1.
  45. ^ 杉本 1998.
  46. ^ a b 杉本 1998, p. 367f.
  47. ^ 湯浅 2020, p. 214f.
  48. ^ a b 杉本 1998, p. 368.
  49. ^ a b c 杉本 1998, p. 366.
  50. ^ 坂出 1999, p. 378.
  51. ^ 杉本 1998, p. 368f.
  52. ^ 杉本 1998, p. 359.
  53. ^ 杉本 1998, p. 360.
  54. ^ 陶 2002.
  55. ^ a b 杉本 1998, p. 360;364;369.
  56. ^ 廖 2020, p. 266.
  57. ^ 徐興慶 著「朱舜水と熊沢蕃山の「経世致用」思想における共通点と差異」、伊東貴之 編 『「心身 / 身心」と「環境」の哲学 : 東アジアの伝統的概念の再検討とその普遍化の試み』国際日本文化研究センター、2018年http://id.nii.ac.jp/1368/00006965/ 226頁。
  58. ^ 侯外廬「方以智──中国的百科全書派大哲学家」上下篇、『歴史研究』1957年6期-7期
  59. ^ 坂出 1999, p. 352f.
  60. ^ 坂出 1999, p. 352.
  61. ^ a b c d e 坂出 1999, p. 417.

参考文献編集

書籍編集

  • 荒木見悟 『憂国烈火禅―禅僧覚浪道盛のたたかい』研文出版、2000年。ISBN 4-87636-188-6 
  • 加納喜光 『中国医学の誕生』東京大学出版会、1987年。ISBN 978-4130130325 
  • 坂出祥伸 『中國思想研究 醫藥養生・科學思想篇』関西大学出版部、1999年。ISBN 978-4873542928 
  • 杉本つとむ「近代日・中学術用語交渉史序説」 『杉本つとむ著作選集2 近代日本語の成立と発展』八坂書房、1998年。ISBN 978-4896947724 
  • 廖肇亨 著、千賀由佳 訳 著「近世中国知識人の博物学の再構築―方以智『通雅』と『物理小識』を中心に」、陳捷 編 『医学・科学・博物 東アジア古典籍の世界』勉誠出版、2020年。ISBN 978-4585200727 

論文編集

事典項目編集

  • 小川晴久・張践・金彦鍾編 『日中韓思想家ハンドブック 実心実学を築いた99人』勉誠出版、2015年。ISBN 978-4-585-20037-6 
    • 朱康有・董曄 著、小川晴久 訳「方以智」、152-154頁
  • 湯浅邦弘編 『中国思想基本用語集』ミネルヴァ書房、2020年。ISBN 9784623087365 
    • 川尻文彦・林文孝・水上雅晴「第6章 明末清初から近代――新中国への胎動」内「方以智」、214f頁

外部リンク編集