方違神社

方違神社(ほうちがいじんじゃ)は、大阪府堺市堺区北三国ヶ丘町2丁2-1にある神社

方違神社
Hochigai-jinja haiden.jpg
所在地 大阪府堺市堺区北三国ヶ丘町2-2-1
位置 北緯34度34分37秒
東経135度29分22秒
座標: 北緯34度34分37秒 東経135度29分22秒
主祭神 天神地祇, 素盞嗚尊, 住吉大神, 神功皇后
創建 人皇10代崇神天皇8年12月29日(西暦前90年)
例祭 5月31日
テンプレートを表示

近郷では「ほうちがいさん」と称され、方違え、方災除けの神として知られる。

目次

祭神編集

概要編集

社伝では、応神天皇の時代に天神地祇ほか三座を祀り、方違大依羅神と号し、この社を方違宮と称したとされる。

社地は摂津河内和泉の境の三国山(現在は三国ヶ丘と称される)にあり、三令制国のいずれにも属さない地、方位のない地であるとして、古くから方位地相家相などの方災除けの神社として信仰を集めてきた。現在でも、転勤、結婚などでの転宅や海外旅行などの際に祈願する参拝者が多い。自分の在所からでかけていく先の方位についてのお祓いをしてもらい、清めの御砂を頂いて、自分の家の四方に撒く。

古くから方除けには当地の埴土を包んだちまきを奉ったことから、厄除守に御札のほか御砂、ちまきがある。

神宮寺の向泉寺は永正年間に焼失し、のち堺市街地に再建された。1907年(明治40年)に泉北郡向井村の氏神社である向井神社を合祀。

現在、社殿建て替えのため社殿がなくなっている。平成30年完成予定。 お参りはできるようになっている。

交通機関編集

  • 南海高野線堺東駅から東へ徒歩5分
  • JR阪和線堺市駅より西へ徒歩10分
  • 阪神高速15号堺線 堺出口より車で5分

関連項目編集

外部リンク編集