旅するジーンズと16歳の夏

旅するジーンズと16歳の夏』(たびするジーンズとじゅうろくさいのなつ、The Sisterhood of the Traveling Pants)は、2005年アメリカ合衆国青春映画。監督はケン・クワピスアン・ブラッシェアーズの『トラベリング・パンツ』[2]を原作としている。

旅するジーンズと16歳の夏
The Sisterhood of the Traveling Pants
監督 ケン・クワピス
脚本 デリア・エフロン
エリザベス・チャンドラー
原作 アン・ブラッシェアーズ
『トラベリング・パンツ』
製作 デブラ・マーティン・チェイス
製作総指揮 レスリー・モーゲンスタイン
出演者 アンバー・タンブリン
アレクシス・ブレデル
ブレイク・ライヴリー
アメリカ・フェレーラ
撮影 ジョン・ベイリー
編集 キャスリン・ヒモフ
製作会社 アルコン・エンターテインメント
ディ・ノービ・ピクチャーズ
デブラ・マーティン・チェイス
アロイ・エンターテインメント
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年6月1日
日本の旗 2005年10月1日
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ギリシャ語
スペイン語
製作費 $25,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $42,013,878[1]
次作 旅するジーンズと19歳の旅立ち
テンプレートを表示

ストーリー編集

アメリカ・メリーランド州ベセスダ。そこで育ったカルメン、レーナ、ティビー、ブリジットは母親のお腹の中にいるときから、ずっと一緒に苦楽を分かちあってきた大の親友。ある年、レーナは祖父母のいるギリシャサントリーニ島へ、ティビーはそのまま家に、ブリジットはサッカーの合宿、カルメンはサウスカロライナにいる父のもとを訪ねるため、互いに離ればなれの夏を初めて過ごすことになった。その別れの前日、たまたま入った古着屋で、身長も体形も異なる彼女たちの誰が履いても完璧に似合う不思議な1本のジーンズに出会う。

4人はそのジーンズを離ればなれになっても変わらぬ友情の証として、みなで順番に着回す約束を交わす。そして4人の夏が1本のジーンズとともに始まり、彼女たちはかけがえのない何かを見つけることになる。

キャスト編集

俳優の横のカッコ内はDVD日本語吹替キャスト。

出典編集

  1. ^ a b The Sisterhood of the Traveling Pants” (英語). Box Office Mojo. 2021年2月6日閲覧。
  2. ^ アン・ブラッシェアーズ『トラベリング・パンツ』大嶌双恵訳、理論社、2002年。ISBN 978-4-652-07712-2

外部リンク編集