メインメニューを開く

旅路』(たびじ)は、1967年昭和42年)4月3日から1968年(昭和43年)3月30日まで放送されたNHK連続テレビ小説の第7作[1]平岩弓枝の同名小説を原作とする。

旅路
ジャンル ドラマ
脚本 平岩弓枝
出演者 横内正
日色ともゑ
宇野重吉
ほか
ナレーター 山内雅人
時代設定 1915年1962年
制作 NHK
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1967年4月3日 - 1968年3月30日
放送時間 月曜 - 土曜8:15~8:30
放送枠 連続テレビ小説
放送分 15分
テンプレートを表示

概要編集

旭川市郊外の神居古潭を舞台に、国鉄職員とその妻の愛情を中心に、大正昭和を生きる人々を描く。

前年放送された『おはなはん』に続いて大変な人気となり、連続テレビ小説を不動のものとした。

本作が朝ドラ最後の白黒放送である。別キャストによる映画版(後段に記載)も公開された。

おはなはん同様に特集という形で1週間の放送内容を1時間に編集し再放送された。現存するのはこの再編集版である。本放送版で現存するのは第28回、第42回、最終回の3話のみである。

1967〜68年の平均視聴率は45.8%、最高視聴率は56.9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[2]と、前作よりも高い。最高視聴率は、『おしん』(1983年)に次いで歴代第2位である。

本作の放送終了後、男性主人公の作品は、『ロマンス』(1984年)まで途切れる。

スタッフ編集

出演編集

その他編集

NHK 連続テレビ小説
前番組 番組名 次番組
旅路

映画版編集

1967年11月12日公開。製作は東映(東京撮影所)。カラー・シネスコ。1時間47分。

スタッフ編集

出演編集

その他編集

脚注編集