メインメニューを開く
黄海(右側)から黄金山の下の旅順軍港へ入る(1904年)
旅順軍港を眼下にソビエト海軍旗を揚げる(1945年)

旅順港(りょじゅんこう、中国語: 旅顺港)は中国遼寧省大連市旅順口区にあるで、古くからある旅順軍港に対して、旅順新港も作られている。

旅順軍港編集

清朝により北洋艦隊の基地として威海衛(本部)と共に1890年代に建設された。旅順市街地から南にあたる、渤海の旅順湾に入ったところにある。 [1]

1894~95年の日清戦争で攻防戦があり、三国干渉後にロシア海軍の管理下になり、1904~05年に日本海軍の管理下へ移る。1945からはソ連海軍管理下に移り、1955年に中国へ返還されている。

中国人民解放軍海軍(副)司令部は同じく旅順湾に面した旧制旅順高等学校あとにある。

旅順軍港の交通編集

ハルビン~大連鉄道旅順支線旅順駅があり、旅順湾へ引き込み線がある。

旅順新港編集

 
旅順新港駅向かいの新港待合ビル(2014年)

上記の旅順軍港が民用に使えないので、旅順口区が解放されて経済が発展するにしたがって、旅順新港が20世紀末・21世紀初頭に開鑿・使用開始された。旅順市街地から西にあたる、渤海の羊頭湾に面しており、山東省煙台港以外の比較的小規模の港(蓬莱市東営市竜口市など)への交通に使われていて、埠頭は大連地下鉄12号線(別名:大連202路延伸線)の旅順新港駅向かいの待合ビルから5分ほど歩くところにある。[2]

新港の北には山東省煙台への渤海鉄道フェリー埠頭が完成している。[3] 新港の近くには、大連機関車・車両満鉄の沙河口工場の後身)などが移転した旅順開発区がある。[4]

旅順新港の交通編集

大連地下鉄12号線の終点である旅順新港駅が完成している。車両用には、土羊高速公路(大連市甘井子区土城子村から旅順口区羊頭窪まで、一般道路も含めて全長56.77km)が2008年に完成して、現在の瀋海高速道路瀋大高速道路)あるいはG202国道(旅順北路)からのアクセスに利用できる。

大連市の他の港編集

遼東半島の南端にある大連市は三方を海に囲まれており、他にいくつかの重要な港がある。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 旅順軍港 (中国語)
  2. ^ 旅順新港(百度百科) (中国語)
  3. ^ 旅順新港 (中国語)
  4. ^ 旅順経済開発区 (中国語)

外部リンク編集