メインメニューを開く

旋頭歌(せどうか)は、奈良時代における和歌の一形式。『古事記』『日本書紀』『万葉集』などに作品が見られる。

五七七を2回繰り返した6句からなり、上三句と下三句とで詠み手の立場がことなる歌が多い。頭句(第一句)を再び旋(めぐ)らすことから、旋頭歌と呼ばれる。五七七の片歌を2人で唱和または問答したことから発生したと考えられている[1]

国文学者久松潜一は『上代日本文学の研究』において、旋頭歌の本質は問答的に口誦するところにあるとの考えを示し、他の研究者もこれを支持している。一人で詠作する歌体もあるが、これは柿本人麻呂によって創造されたとの説がある[2]

『万葉集』には62首の旋頭歌がおさめられ、そのうち35首までが「柿本人麻呂歌集」からのものである。『万葉集』以後は急速に衰え、『古今和歌集』以下の勅撰和歌集ではまれである。

目次

旋頭歌の例編集

『古事記』では伊須氣余理比賣(いすけよりひめ)と大久米命(おほくめのみこと)との問答として次の歌が収録されている[3]

  • 胡鷰子鶺鴒 千鳥ま鵐 など黥ける利目 (一八)
    あめつつ ちどりましとと などさけるとめ
  • 媛女に 直に遇はむと 我が黥ける利目 (一九)
    おとめに ただにあはむと わがさけるとめ

『万葉集』からも例を挙げる[4]。次は旋頭歌本来の問答・唱和形式のものである。

  • 住吉(すみのえ)の 小田(おだ)を刈らす子 奴(やっこ)かもなき 奴あれど 妹(いも)がみために 私田(わたくしだ)刈る (一二七五)
    (現代語訳)住吉の小田を刈っておいでの若い衆、奴はいないのかね。何の何の、奴はいるんだが、いとしい女子のおためにと、私田を刈っているのさ。

次の例は問答歌ではないが、第三句と第六句とが共通であり、うたわれたものと考えられている。

  • 霰(あられ)降り 遠江(とほつあふみ)の 吾跡川(あとかわ)柳 刈れども またも生ふという 吾跡川(あとかわ)柳 (一二九三)
    (現代語訳)遠江の吾跡川[5]の柳よ。刈っても刈っても、また生い茂るという吾跡川の柳よ。

(参考文献 稲岡耕二 「人麻呂歌集旋頭歌の文学的意義」 久松潜一 『上代日本文学の研究』からの引用部より)

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 伊藤博 『万葉集釋注 四』 補注 718頁 旋頭歌(巻第七 雑部 就所発思〔一二六七〕への注 二一五頁)
  2. ^ 稲岡耕二 「人麻呂歌集旋頭歌の文学的意義」
  3. ^ 用字、訓み下し、番号は倉野憲司校注 『古事記』による。中津巻、神武天皇、2 皇后選定、87-89頁。
  4. ^ 用字、訓み下し、番号(国歌大観番号)、現代語訳は伊藤博 『万葉集釋注 四』による。230-231頁、261-262頁。
  5. ^ 静岡県浜松市北区(旧細江町)吾跡川

参考文献編集