旗対嶺(キッテリョン、キテリョン)は、朝鮮民主主義人民共和国江原道安辺郡にある地名。同郡の東南部、通川郡との境界をなす山岳部に旗対峰(キッテボン/기대봉、1056m)という山があり、その傍らにある標高702mの鞍部が、もともと旗対嶺と呼ばれる地点である。

旗対嶺
旗対嶺の大まかな位置
旗対嶺の大まかな位置
各種表記
ハングル 깃대령 / 기대령
漢字 旗ㅅ대嶺 / 旗대嶺 / 旗對嶺
発音 キッテリョン
ローマ字 Kittaeryŏng
テンプレートを表示
旗対嶺の位置(北朝鮮内)
旗対嶺
旗対嶺
朝鮮民主主義人民共和国内の位置

キッテ(깃대)は朝鮮語固有語で「旗竿」を意味し、地名もこれに由来するとも考えられている(北朝鮮では "깃대" を "기대" と表記するが、発音は韓国と同じ)。このため、表記をキッテリョンとするもの、キテリョンとするものが混在している。ミサイル発射に関する大韓民国での報道ではキッテリョン(깃대령)がもっぱら用いられている。

ミサイルの発射編集

一般に「旗対嶺」は、この安辺・通川両郡の境をなす山岳部付近一帯にあるミサイル発射基地群を指す用法で知られている。旗対嶺のミサイル基地は、2006年7月に行われた北朝鮮のミサイル発射実験ノドンミサイルが打ち上げられた場所と推測されている。

2017年8月26日にも、日本海に向けて3発の短距離弾道ミサイル発射が行われたが、動向を監視していたアメリカ太平洋軍は3発とも失敗に終わったと発表している[1]

脚注編集

  1. ^ 北朝鮮、短距離弾道ミサイル3発発射 米太平洋軍 CNN (2017年8月26日)2017年8月26日閲覧