メインメニューを開く
日の丸自動車学校
日の丸自動車学校の教習車(シビックフェリオ
日の丸交通のプリウス
日の丸交通のクラウンセダン
日の丸交通のセドリック。ドライブレコーダーを装備している
日の丸リムジンのオデッセイ
日の丸自動車興業の観光バス「アメリカンドリーム」(ネオプラン・スカイライナー
日の丸自動車興業の観光バス「ウェストコースト」(三菱ふそう・エアロバス
日の丸リムジン「スカイバス東京」

日の丸自動車グループ(ひのまるじどうしゃグループ)は、東京都神奈川県(おもに横浜市と周辺地区)を中心にハイヤータクシーバスの運行、自動車学校などの経営等を手がける企業グループである。

なお、鳥取県鳥取市に本社を持つバス会社の日ノ丸自動車(真ん中が片仮名)、岐阜県岐阜市に本社を持つタクシー会社の日の丸自動車北海道帯広市日の丸交通北海道交運グループ)、静岡県日の丸交通北港梅田グループ)、山口県防府市日の丸タクシーこすもすグループ)、山口県萩市日の丸松野タクシーとは全くの無関係である。特に鳥取県の日ノ丸自動車は、東京都内に高速バスが乗り入れているため注意を要する。

概要編集

1950年に創業。本社は東京都文京区後楽。創立時は日の丸自動車1社だったが、初代社長から代替わりする際に長男・次男・三男で経営権を分割したため、日の丸交通・日の丸リムジン・日の丸自動車交通に分社化。2016年、日の丸自動車交通が他資本へ譲渡され、現在はタクシー事業を行う日の丸交通とその地域分社、主にハイヤー事業を行う日の丸リムジンと大成観光交通、各種バス事業を行う日の丸自動車興業、高速道路のサービスエリアの売店・レストランを営業する日の丸サンズ、自動車教習所を運営する日の丸総業、駐車場管理・運行管理事業を行うシティパークアンドサービスなどでグループを構成している。

営業内容編集

ここでは、日の丸自動車グループの車両について記す。

タクシー編集

日本国旗である縦型の日の丸の社名表示灯が特徴で、ボディカラーは黄色、ボディ中央に太め赤色の帯。黒色の車両は(社名表示灯が長いカマボコ型で赤い「●」印と「HINOMARU」の文字)。主な使用車種はトヨタ・クラウンスーパーデラックスGパッケージ、トヨタ・クラウンコンフォートトヨタ・プリウストヨタ・アルファード日産・セドリック日産・NV200バネットで、従来の塗装色を好む乗客の為、黄色を用いた車両や広告ラッピングされた車両もある。日の丸交通グループとしてGPS-AVMシステムによる無線配車を行っている。Webや電話オーダーによる事前予約受付・スマートフォンアプリ「スマホdeタッくん」による配車も行っている。スーツケースが複数積載可能なトヨタ・アルファードのワゴンタクシーも保有する。使用車種はホンダ・オデッセイで、現在3代目と4代目の車両が混在している。初代の車両は2009年までに全車廃車になった。そのほか、日産キャラバン(8人乗り)も配置されているが、こちらは完全予約制で(日の丸リムジン扱い)流し営業は行っていない。また、六本木ヒルズには日本交通と共同運行の専用乗り場がある。プリウス(黒塗り)のタクシーが六本木ヒルズ専用車として入構している。全車にドライブレコーダーと防犯用車内カメラ搭載、2010年には丸の内地区で電気自動車三菱・i-MiEVを使用した「ゼロタクシー」を導入した。 稼働車両は概ね5年以上または50万Km超え走行した時点で新車代替を行っている。

安全装備に徹底しており、エアバッグが標準装備されていないセドリックであっても運転席エアバッグをオプションで装着している。

2008年3月 - ポストペイ型電子マネーであるQUICPayiDによる料金決済システムを導入。

2010年4月 - 中央自動車(提携前は共同無線タクシー協同組合に加盟)、及びその子会社の中央交通(非無線営業)と業務提携。

2013年4月 - Suica系共通乗車カードによる運賃決済システムの運用開始[1]

2015年7月 - 共同無線タクシー協同組合[2]との業務提携契約を締結[3]

2016年2月 - 非無線で営業していた日英交通と業務提携[4]

2016年8月 - 日の丸自動車交通が帝都自動車交通へ営業権及び資産の一切を譲渡し業務を終了。タクシー葛飾営業所は「帝都葛飾交通」へ社名変更、帝都自動車グループとなる。なお、葛飾営業所はかつて京成グループの中であっても帝都グループではなかった京成タクシーを譲受したものであったため、葛飾営業所の事実上の京成グループへの回帰となった。

ハイヤー編集

企業が社用に使う場合や国賓として来日する各国要人の送迎などに使用される(日の丸リムジン)

バス編集

観光バス事業だけでなく、お台場丸の内八重洲で都心を巡回する無料バスや、屋根のない2階建車両(オープントップバス)を使用した定期観光バススカイバス東京」を運行している。

営業所編集

日の丸交通編集

世田谷以外の3営業所は2011年12月13日にそれぞれ分社化された[5]

日の丸リムジン編集

廃止された営業所
  • 銀座(千代田区内幸町)※車庫機能のみ 2007年8月に廃止、丸の内営業所に継承。
  • 赤坂(港区赤坂) 2007年10月に廃止、アークヒルズ営業所に継承。現在はコインパーキングに改装。

日の丸自動車興業タクシー営業所編集

※旧:富士急横浜自動車

2014年4月、多摩田園タクシー(神奈川都市交通グループ)に営業権譲渡、神奈川県でのタクシー事業から撤退。

日の丸自動車興業バス営業所編集

  • 水道橋(文京区後楽)※事務・営業のみ(車庫機能なし)
  • 東京(足立区宮城) ※各種無料バス・スカイバスもここに配置。2017年に板橋区から移転。
  • 新座(埼玉県新座市野火止) ※東日本観光バスを1995年にグループ化
  • 横浜(神奈川県横浜市戸塚区名瀬) ※相模原営業所と相鉄自動車の貸切部門を統合し2009年に移転
  • 新成田(千葉県成田市小菅) ※エアポートバスを2010年にグループ化
廃止された営業所
  • 相模原(神奈川県相模原市清新)2001年~2009年。横浜営業所へ移転
  • 成田(千葉県成田市川上)2005年~2009年。廃止。現在もハイヤーの営業所としては存在する
  • 野田(千葉県野田市横内)1998年~2011年。廃止。 ※むらさき観光・八街観光(一部)を1998年にグループ化

無料巡回バス編集

業務提携会社編集

 
共同無線グループの大栄交通所属車両(クラウンコンフォート)
 
共同無線グループのダイヤ交通所属の黒塗り車両(プリウス)

タクシーはいずれも日の丸グループ塗装に改められている(日英交通のみ全車黒塗り)。日英交通および共同無線グループについては日の丸自動車のロゴの下に各社の社名が英語表記されている(中央自動車と中央交通はジャパンタクシーとラッピング車のみ英語表記)。

社名 車体表記 所在地 備考
池袋交通 IKEBUKURO KOTSU 板橋区幸町 2015年まで共同無線グループ
大井交通 OI KOTSU 品川区南大井 2015年まで共同無線グループ
幸裕自動車 KOYU JIDOSHA 荒川区西尾久 2015年まで共同無線グループ
大栄交通 DAIEI KOTSU 板橋区東坂下 2015年まで共同無線グループ
泰進交通 TAISHIN KOTSU 墨田区堤通 2015年まで共同無線グループ
ダイヤ交通 DAIYA KOTSU 足立区保木間 2015年まで共同無線グループ
中央自動車 中央自動車
CHUO JIDOUSHA[6]
北区田端 2010年まで共同無線グループ
中央交通 中央交通
CHUO KOTSU[6]
文京区湯島 中央自動車の子会社
日の丸提携以前は独自営業
鳩タクシー HATO TAXI 世田谷区世田谷 2015年まで共同無線グループ
三喜タクシー MIKI TAXI 世田谷区千歳台 旧:セントラルタクシー千歳台営業所
2015年まで共同無線グループ
日英交通 NICHIEI KOTSU 葛飾区青戸

注釈編集

  1. ^ 東京無線チェッカーキャブグループとの同一仕様共同開発・一括調達
  2. ^ 寿交通(三鷹市野崎)を除く9事業者。
  3. ^ [1]
  4. ^ [2]
  5. ^ 営業所を独立採算の新設会社として分割 - 日の丸交通2011年12月13日(火) 06:00
  6. ^ a b ジャパンタクシーおよびラッピング車のみ

外部リンク編集