日の出 (カルロ・アッツィ)

カルロ・バッツィによる絵画

日の出(ひので、イタリア語: Levata del Sole allo Spluga英語: Sunrise)は、カルロ・バッツィの絵画作品。

『日の出
Levata del Sole allo Spluga
作者カルロ・バッツィ
製作年1900年 (1900)
種類油彩
寸法97 cm × 145 cm (38 in × 57 in)
所蔵ミラノ
1900年の展示カタログのタイトルページ

国際展示会

編集

説明

編集

これは、印象派の基本原則が描かれた絵画であり、イタリアのスタイルであり、遠くにロマンチックなカップルを思い出させるカメオがあります。おそらく抱きしめられているかもしれませんが、または岸辺の船の近くにある鏡かもしれません。一人の女性が彼らの前を歩いている理想的な対立があります。シーンは、スプルーガ山の麓にある湖の夜明けの素晴らしい朝を表しており、霧に覆われていないが、時にはまだ触れられないので、一部の詳細は定義されていません。手前には、左から右に対角線に配置された二つの小さな船があります。背景には、常に比喩的なペアである二つの広げられた帆があります。湖の上には、太陽の赤みがかった光で照らされた壮大な山々がそびえ立ち、ゆっくりと空に向かって開かれ、オレンジ色の光が水面に反射し、波によって汚されることなく、全景に均一に浸透します。最後に、右下の角には、大きく斜めに署名された「Bazi」という大きな絵があります。

この分析の後、この絵はその自然主義的な主張と共に、クロード・モネの作品「印象、日の出」への応答であり、モネが「ル・アーヴルの港」で夜明けを眺めながら描いた小さくて臆病な絵に大きな絵を反対して挑戦し、傲慢に対抗しています。 Bazziは、この絵画の形式に従って、「印象」をよりよく伝えるために、技術とイタリアの印象派の理論をフランチェスコ・フィリッピーニから受け継ぎ、その瞬間の教訓の例になりたいと考えています。モネはその頃60歳前後であった。この作品はイタリアで最も成熟したものであり、1900年には評論家によって非常に高く評価されるでしょう。1874年にはモネの作品がすべての面で軽視されました。

通常の学術的な絵画技法は、現実の忠実な描写を目指していますが、モネはこの「印象、日の出」のキャンバスで、ホテルの窓からではなく、屋外から描くことで、最終的には現実に完全に準拠する必要性から解放され、アーティストの主観性を優先させたいと考えていました。画家の解釈力は、ドキュメンタリー的なものよりもファンタジックなものに変換されます。暖かい色(赤やオレンジ)と冷たい色(青緑)の対比が、バッツィの場合、時間の急ぎを感じさせず、夕暮れの思い出をさらに情熱的にさせます。

作品分析

編集

バッツィの作品では、彼が創造したミラノ大聖堂のステンドグラスは、窓の間に濾過された光を表現手段として使用する彼の能力の優れた例として立ち上がります。同様に、「Levata del Sole allo Spluga」という絵画では、光を主題として活用し、その表現を感覚的で感情的な体験に変えています。このアプローチは、ヴェリズモの芸術の原則を反映しており、現実のリアルで正確な表現を重視しています。

ミラノ大聖堂のステンドグラスは、その色彩の多様性と反射や透明度の遊びによって、エーテルな魅力的な雰囲気を作り出し、観客を光と色の世界へと連れて行きます。同様に、絵画でも、バッツィは単なる図像的な表現を超えて、朝の雲や水面に映る太陽の本質を捉えようとしています。この装飾のない現実への呼びかけは、ヴェリズモの芸術の別の重要な要素であり、理想化せずに人生を表現しようとします。

ミラノ大聖堂のステンドグラスに見られるトーンのグラデーションや暖かい色と冷たい色の組み合わせは、絵画でも見られ、作品に生気と色の深さをもたらします。この細部への注意と色の正確な表現は、ヴェリズモの芸術の特徴であり、日常生活を大きな正確さで捉えようとします。

さらに、バッツィの作品はジュゼッペ・ベルティーニのスタイルの特徴である現実的なディテールの表現に特に注意を払っています。これは、ヴェリズモの芸術の原則への彼の遵守をさらに強化し、観客に本物の視覚的で没入感のある体験を提供する能力を高めています。

脚注

編集
  1. ^ Academia Brera. [1] Quarta esposizione triennale: 1900 ; catalogo ufficiale; Milano, (Palazzo di Brera)

参考文献

編集
  • Brera Academy, Quarta esposizione triennale: 1900 ; catalogo ufficiale; Milan, (Palazzo di Brera) Milan, 1900
  • Agostino Mario Comanducci, Dizionario illustratori pittori e incisori italiani moderni, III ediz. Milan
  • Heinrich, Claude Monet, Taschen, 2004 ISBN 3-8228-6198-7