メインメニューを開く

日下 紗矢子(くさか さやこ、1979年 - )は、兵庫県生まれのヴァイオリニストである。実姉はピアニスト日下知奈

日下 紗矢子
生誕 1979年????
出身地 日本の旗 日本兵庫県
学歴 東京芸術大学
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

目次

略歴編集

1994年東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校に入学し、清水高師に師事。1997年東京芸術大学に入学。2001年3月にデビューリサイタルを開き、大学を首席で卒業。2001年10月、ダラス南メソジスト大学に留学し、エドワルド・シュミーダーに師事。2006年よりフライブルク音楽大学へ文化庁派遣芸術家在外研修員として留学し、ライナー・クスマウルに師事。2008年よりベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団(東ベルリンの旧ベルリン交響楽団)の第1コンサートマスターを務める。2009年ベルリン・コンツェルトハウス室内管弦楽団のリーダーに就任。帰国後2013年4月、読売日本交響楽団コンサートマスターに就任。

受賞歴編集

ディスコグラフィー編集

  • 「Solo Violin」(2008年11月20日)
  • RETURN TO BACH(2013年3月6日) - 平成25年度(第68回)文化庁芸術祭レコード部門優秀賞[3]

脚注編集

  1. ^ 翌年のABCフレッシュコンサートで外山雄三指揮大阪センチュリー交響楽団と共演。
  2. ^ 音楽クリティック・クラブ奨励賞”. www.ntv.co.jp. 2019年6月6日閲覧。
  3. ^ 平成25年度(第68回)文化庁芸術祭賞の決定について(PDF)

外部リンク編集