メインメニューを開く

日中歴史共同研究(にっちゅうれきしきょうどうけんきゅう)とは、2006年から2009年にかけて、日本中華人民共和国が共同で行った歴史研究のことである。ただし、研究結果である論文は、日中双方の執筆者の個人の認識に基づき執筆され、それぞれの執筆者の個人の意見として発表されており、政府見解ではない[1][2]

概要編集

2005年の日中外相会談に際し、小泉政権町村信孝外務大臣が日中歴史共同研究を提案[3]し、2006年の日中首脳会談で歴史共同研究を行うことが決まった。2006年12月に北京で第1回全体会合、2007年3月に東京で第2回全体会合、2008年1月に北京で第3回全体会合、2009年12月に東京で第4回会合が開かれ、共同研究が終了した。2010年1月に報告書が発表された[4]

報告書編集

  • 古代・中近世史
  • 近現代史
    • 北岡伸一「近代日中関係の発端」
    • 徐勇周頌倫米慶余「近代日中関係の発端」
    • 川島真「対立と協調:異なる道を行く日中両国」
    • 徐勇・周頌倫・戴東陽賀新城「対立と協力:異なる道を行く日中両国」
    • 服部龍二「日本の大陸拡張政策と中国国民革命運動」
    • 王建朗「日本の大陸拡張政策と中国国民革命運動」
    • 戸部良一「満洲事変から日中戦争まで」
    • 臧運祜「満洲事変から日中戦争まで」
    • 波多野澄雄庄司潤一郎「日中戦争―日本軍の侵略と中国の抗戦」
    • 栄維木「日本の中国に対する全面的侵略戦争と中国の全面的抗日戦争」
    • 波多野澄雄「日中戦争と太平洋戦争」
    • 陶文釗「日中戦争と太平洋戦争」

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集