日中線

国鉄の鉄道路線

日中線(にっちゅうせん[1])は、福島県喜多方市喜多方駅から同県耶麻郡熱塩加納村(現・喜多方市)の熱塩駅までを結んでいた[1]日本国有鉄道(国鉄)の鉄道路線地方交通線)である[2]。1980年(昭和55年)の日本国有鉄道経営再建促進特別措置法(国鉄再建法)施行により第1次特定地方交通線に指定され、1984年(昭和59年)4月1日に全線廃止となった[2]

Japanese National Railway logo.svg 日中線
概要
現況 廃止
起終点 起点:喜多方駅
終点:熱塩駅
駅数 5駅
運営
開業 1938年8月18日 (1938-08-18)
廃止 1984年4月1日 (1984-4-1)
所有者 鉄道省運輸通信省運輸省
日本国有鉄道
使用車両 使用車両の節を参照
路線諸元
路線総延長 11.6 km (7.2 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 全線非電化
最急勾配 25
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線(廃止当時)
磐越西線
BHFq eABZq+r
0.0 喜多方
exBHF
2.9 会津村松
exhKRZWae
押切川
exBHF
5.0 上三宮
exBHF
8.2 会津加納
exWBRÜCKE1
野辺沢川
exKBHFe
11.6 熱塩

路線名は、終点である熱塩駅の北方にある日中温泉に由来する[3]

路線データ(廃止時)編集

  • 管轄:日本国有鉄道
  • 区間(営業キロ):喜多方駅 - 熱塩駅間 11.6km[1]
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:5(起点駅を含む)
  • 複線区間:なし(全線単線
  • 電化方式:なし(全線非電化

運行形態編集

開業当初は1日6往復運行していた[4]。1950年代には1日5往復の時代もあったが、1958年(昭和33年)10月のダイヤ改正では、朝1往復[注 1]、夕方1往復と夜1往復[注 2]の計3往復に削減されており、日中は列車の運行がなく、廃止までこの運行形態が続いた[3]。また貨物取り扱い廃止以前は、混合列車として運行されていた。

開業時には熱塩駅の転車台を使用して蒸気機関車(SL)の方向転換をしていたが、距離も短く速度も低速だったためにバック運転(逆機)でも支障が少なく、日中戦争の影響もあり使用が中止された。末期の蒸気機関車の運転形態であるが、朝の上り列車(熱塩駅発喜多方駅行き)が逆機になり、逆に午後の下り列車(喜多方駅発熱塩駅行き)が逆機となる変則運転だった。

使用車両編集

蒸気機関車
C11形
C12形
ディーゼル機関車
DE10形
客車
オハ61系(オハ61・オハフ61)などの旧型客車

歴史編集

 
日中線記念館(旧・熱塩駅)

改正鉄道敷設法別表第26号に規定する予定線「山形縣米澤ヨリ福島縣喜多方ニ至ル鐡道」の一部で、日光線野岩線会津線と結んで東北地方南部を縦貫する野岩羽線構想の一翼を担うはずであった[5][6]

1938年(昭和13年)に福島県側が開業した[5]ものの、典型的な閑散ローカル線であり、廃止時点で各駅に停車する1日3往復の客車列車が朝夕(朝1往復、夕方2往復)に運行されるのみで[4]、「日中走らぬ日中線」[2]「日中は走りま線」とも揶揄された。輸送密度は260人/日で、主に地元高校生の通学に使われ[3]熱塩温泉への宿泊客・湯治客の利用は少なかった[4]。一例として、原武史は高校2年生だった1980年2月26日の夕方、クラスメイトと2人でローカル線旅行に出かけた際に乗車した時の回想として、車内を混み合わせていたのは地元の高校生たちで、熱塩駅に着くまでにほとんど降りてしまったと記している[1]

また、貨物輸送として、熱塩加納村にあった与内畑鉱山の石膏、加納鉱山の鉱石を輸送する役割も担っていたが、1972年(昭和47年)に廃鉱となると貨物収入も減少していった。

本州では蒸気機関車による定期旅客列車の運転が最後となった線区でもあり、多くの鉄道ファンが詰めかけていた。なお、終点となる熱塩駅には転車台が設置されていたが、SLブームの頃には既に使われておらず、機関車は折り返し時に逆機となっていた。

年表編集

駅一覧編集

駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線 所在地
喜多方駅 - 0.0 日本国有鉄道:磐越西線 喜多方市
会津村松駅 2.9 2.9  
上三宮駅 2.1 5.0  
会津加納駅 3.2 8.2   耶麻郡熱塩加納村
熱塩駅 3.4 11.6  

廃止後の状況編集

 
日中線記念自転車歩行者道

旧熱塩駅は「日中線記念館」となっている[4][9]。鉄道廃線後は会津乗合自動車(会津バス)が「千石沢(日中)線」として、喜多方駅前 - 日中線記念館前 - 千石沢で1日6往復運行していた。会津バスの既存並行路線を拡充する形で代替バスの運行を開始し、転換交付金を利用して新車の投入、増便、バス待合所の新築が行われた。同路線は利用客の減少により2008年(平成20年)12月1日からは全便が日曜・祝日運休となり、2012年(平成24年)9月29日の運行をもって全線廃止となった[10]。代替バス廃止後は喜多方市が運営するデマンドタクシーが運行されている。

駅舎の荒廃ぶりが話題に上ることもあったが、廃止3年後の1987年から旧・熱塩駅が整備の上、記念館として保存されている。また廃線跡は、旧喜多方市内ではサイクリングロード「日中線記念自転車歩行者道」[注 6]として整備されており、喜多方駅から会津村松駅間の約3kmは4月中旬から4月下旬に約1000本のしだれ桜が咲き誇る福島県内有数の桜の名所となっている[4][11]

元来の本路線の予定区間である米沢駅と喜多方駅を結ぶ区間は国道121号大峠道路として整備されたが、路線バスの運行も振るわなかった。2010年代には広田タクシーが春から秋の週末・休日限定で予約制の「マスコットくん」を米沢駅から会津若松駅まで運行していたが、2014年限りで運行を廃止した。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 下り列車は会津若松駅からの直通列車である。上り列車は喜多方駅4番線に客車2両を留置したまま、機関車のみ喜多方駅始発会津若松駅行きの客車列車牽引機となっていた。
  2. ^ 上り列車はそのまま会津若松駅への客車回送列車となっていた。
  3. ^ 11月3日・4日に「さよなら民報号」がC11 63+オハフ61(6両)+C11 80編成の双頭列車で運転。1日2往復。
  4. ^ 11月5日 - 9日に「さよなら民友号」がC11 63+オハフ61(2両)編成で運転。1日1往復。ただし9日はC11 80が牽引した。
  5. ^ 11月10日に「日中線さよならSL号」がC11 63+オハフ61(5両)+C11 80編成の双頭列車で運転。1日1往復。
  6. ^ 旧会津村松駅寄りにC11 63が静態保存されているが、廃車直後は喜多方市立第二小学校の校庭に静態保存されていた。日中線廃止後の本道整備に伴い当地に移設された。

出典編集

  1. ^ a b c d 原武史:【歴史のダイヤグラム】2人の悩みと熱塩への旅『朝日新聞』土曜朝刊別刷り「be」2020年8月22日(4面)2020年9月11日閲覧
  2. ^ a b c 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR 6号、26頁
  3. ^ a b c 杉山淳一 (2020年5月31日). “日中に走らぬ国鉄日中線 廃止直前の記録 4本目の南北縦貫線にはなれず…線路跡はいま”. 乗りものニュース. メディア・ヴァーグ. 2022年5月14日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 杉山淳一 (2020年5月31日). “日中に走らぬ国鉄日中線 廃止直前の記録 4本目の南北縦貫線にはなれず…線路跡はいま(4/4ページ)”. 乗りものニュース. メディア・ヴァーグ. 2022年5月14日閲覧。
  5. ^ a b 杉山淳一 (2020年5月31日). “日中に走らぬ国鉄日中線 廃止直前の記録 4本目の南北縦貫線にはなれず…線路跡はいま(3/4ページ)”. 乗りものニュース. メディア・ヴァーグ. 2022年5月14日閲覧。
  6. ^ a b 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR 6号、15頁
  7. ^ 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR 6号、16頁
  8. ^ 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR 6号、17頁
  9. ^ 旧国鉄日中線 熱塩駅(日中線記念館)喜多方観光物産協会(2021年6月19日閲覧)
  10. ^ 会津乗合自動車 路線バス『千石沢(日中)線』と『夢の森線』の廃止について[リンク切れ]
  11. ^ 日中線しだれ桜並木の桜”. walkerplus.com. カドカワ. 2021年3月16日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集