メインメニューを開く

概要編集

伊良湖岬周辺の観光スポットで、島崎藤村の「椰子の実」の詩(後に『落梅集』に収められた)の着想の舞台とされており、誕生を物語る記念碑・歌碑がある[1]。但し、島崎藤村は、その地に足を運んだわけではなく、ここに遊びに来た柳田國男から椰子の実の話を聞いただけである。

ここから眺める太平洋と岩礁日出の石門は絶景といわれている[2]

アクセス編集

三河田原駅または豊橋駅から、豊鉄バス伊良湖本線伊良湖岬行き終点下車。 あるいは東名豊川インターより車で90分[1]国道42号から園地の展望台や海岸への遊歩道が整備されている。

周辺編集

脚注編集

  1. ^ a b 椰子の実記念碑・歌碑”. 渥美半島観光ビューロー. 2017年2月21日閲覧。
  2. ^ 日出の石門”. 渥美半島観光ビューロー. 2017年2月21日閲覧。

外部リンク編集