画像提供依頼:停留所停車中や走行中など車両を入れた沿線風景の画像提供をお願いします。2011年12月

日勝線(にっしょうせん)は、国鉄バスジェイ・アール北海道バスJRバス)が運行する自動車路線である。

ジェイ・アール北海道バス 様似営業所

本項では、自動車駅であるえりも駅、派生する都市間高速バス路線についても記述する。

概要編集

鉄道線の先行として編集

本路線は、1943年(昭和18年)8月に本様似と庶野・歌別と襟裳を結ぶ路線として開設[1]されたのが始まりである[2]日本国有鉄道(国鉄)の建設予定路線として、改正鉄道敷設法133には「苫小牧鵡川浦河広尾帯広」間の路線があり、本路線は鉄道線の先行という使命を有していた。路線開設に当たって、既に日高地区で乗合自動車を運行していた日高自動車を買収するという方策を採っている[3]。路線名は国名であるを結ぶことからの命名である。

第二次世界大戦が終わった1949年(昭和24年)までに、様似と荻伏築港を結ぶ路線も延伸開業している[4]。また、当路線を担当する様似自動車営業所は、1952年(昭和27年)より北海道の国鉄バスでは初の貸切バス事業を開始している[5]1965年(昭和40年)には、帯広とえりも岬を発着する路線も運行された[6]。その一方、路線開設当初から行なわれていた貨物輸送については、1966年(昭和41年)に日本通運へ移管されたことにより廃止となった[7]が、これは北海道の国鉄バスでは最後の貨物営業路線であった[7]

モータリゼーションの進展に伴い、路線バスの経営が圧迫されたため、合理化が行なわれることになった[7]。国鉄バスも例外ではなかったが、日勝線では道路環境が悪いところが多く、完全ワンマン化は1983年(昭和58年)にずれ込んだ[7]

鉄道とバスの一環輸送編集

本路線は鉄道会社直営のバス事業者という特徴を生かし、国鉄時代から全国版の時刻表の日高本線のページにも並行するバス便の時刻を併載したほか、分割民営化後に日高本線の運行組織として日高線運輸営業所が開設されると、様似自動車営業所を日高線運輸営業所の直轄組織とする[8]ことで、鉄道とバスの一貫輸送をより強化する方策を採っていた。その後、2000年(平成12年)のバス部門分社化により直轄ではなくなっている。分社化後は、札幌へ直通する高速バスの運行も開始された。1999年(平成11年)以降は省営バス時代から営業が続けられている北海道内のJRバス路線は、札幌地区と鉄道代替路線を除けば本路線のみとなっている。

2000年(平成12年)の分社化以降、本路線は一度も大規模なダイヤ改正がない状態が続いた。しかし、少子高齢化などによって利用者の減少に歯止めはかからなかった。このままでは将来的に路線全体の維持が困難になるとして2017年(平成29年)8月、利用者の減少や運転手不足などを理由に、同年12月に当路線の一部を減便する計画を示した[9]。しかし同年9月、北海道旅客鉄道(JR北海道)からの指摘で計画が撤回された[9][10]

日高本線の廃線と路線再編編集

2015年(平成27年)1月、日高本線鵡川駅 - 様似駅間が、高波による土砂流出の影響で不通となった。翌年の台風などによって被害はさらに拡大し、数々の復旧案が出たものの、運行再開に向けた本格的な復旧工事は行われないままとなり、2021年(令和3年)4月1日に同区間は廃止された。

これに伴い本路線は、苫小牧 - 静内 - 浦河間などを走る道南バスと共に大規模な路線再編を行い、日高地域広域公共バスとして新たな体制でバスの運行を開始した[11]。静内への乗り入れや向別 - 様似営業所間の運行経路の統一、浦河町内5カ所のバス停新設、急行便や特急とまも号の新設などが行われ、通学客や通院客などの利便性向上が図られた[12]。今後も利用実態などを把握しながら、検証と見直しを繰り返していくとしている[13]

年表編集

  • 1943年(昭和18年)8月 - 日高自動車を買収し、日勝線としての運行を開始。
  • 1952年(昭和27年) - 北海道の国鉄バスでは初となる貸切バス事業を開始。
  • 1966年(昭和41年) - 貨物輸送を廃止。これにより北海道内における国鉄貨物自動車の営業は全廃。
  • 1983年(昭和58年) - 全路線のワンマン化が完了。
  • 1987年(昭和62年) 4月1日 - 国鉄分割民営化に伴い、JR北海道による運営となる。
  • 1990年(平成2年)7月1日 - 日高線運輸営業所の直轄組織となる。
  • 2000年(平成12年)4月1日 - JR北海道のバス事業をジェイ・アール北海道バスへ分社。これに伴い日高線運輸営業所の直轄組織から外れる。
  • 2003年(平成15年) - 荻伏市街 - 上野深間は浦河町から、庶野 - 広尾間はえりも町広尾町から運行委託を受けての運行を開始。
  • 2005年(平成17年)8月 - 「とんがりホリデーきっぷ」(1,000円、小児500円)を発売開始。
  • 2014年(平成26年)3月31日 - 鉄道との連絡運輸を終了。
  • 2017年(平成29年)
    • 8月9日 - 一部路線及び便数の削減を公表[9]
    • 9月12日 - JR北海道からの指摘で減便の計画を撤回[9][10]
  • 2021年(令和3年)4月1日 - 日高本線の一部区間廃線に伴い、ダイヤを改正[14]

一般路線バス編集

運行区間編集

一般路線は、日勝本線、野深線、杵臼線、およびえりも線の4路線で、2009(平成21年)年1月現在は3路線の中で運行系統を設定。2021年(令和3年)4月1日のJR日高本線代替バス化では、静内 - 浜荻伏公住前間の一般路線再開、一部旧駅近くへ乗り入れ、浦河町内の経路など変化が見られる。

  • 日勝本線
    • 静内駅 - 浜荻伏公住前 - 荻伏市街 - 浦河駅 - 日高幌別 - 鵜苫 - 様似駅 - えりも駅 - 上歌別 - 庶野 - 広尾駅
  • 野深線
    • 荻伏市街 - 荻伏 - 上野深
  • 杵臼線(廃止)
  • えりも線
    • 歌別 - 岬市街 - えりも岬 - 庶野学校前

運行系統編集

 
様似営業所にて(2002年5月)
 
様似駅前にて(2002年5月)

2021年(令和3年)4月1日現在[15]

苫小牧 - 鵡川 - 静内間および静内 - 浦河間の道南バス運行便については、道南バス#苫小牧・平取・静内地区を参照されたい。

静内 - 浦河 - 様似 - えりも - 広尾(日勝本線、野深線(一部)、えりも線)

全区間を直通する便はなく、以下の通り細分化されている。

  • 静内 - 荻伏、様似営業所、えりも郷土資料館、庶野
    • 浦河老人ホームを経由しない。
    • 急行便は静内 - 荻伏市街間主要停留所のみ停車。浦河町内は国道(大通5丁目)経由で運行し、荻伏・向別・浦河高校等国道から逸れる区間は経由しない。
    • 荻伏発および様似営業所発静内行の静内高校登校日早朝便は静内温泉を経由せず、静内より先静内高校まで運行。
  • 向別 - 様似営業所、えりも郷土資料館、庶野
  • 様似営業所 - えりも郷土資料館、岬小学校前、広尾駅
    • 平日広尾駅行の早朝便は歌別 - 千平口間上歌別経由で運行し、えりも線区間は経由しない。
  • 複数系統共通
    • 早朝便はアポイ山荘を経由しない。
    • 様似小学校登校時間にかかる便は様似小学校乗り入れ。
上野深 - 浦河老人ホーム(野深線、日勝本線(一部))
  • 上野深 - 野深学校前 - 荻伏中学校 - 荻伏 - 荻伏市街 - 絵笛 - 堺町西1丁目 - 向別 - 緑町 - 日高振興局前 - 浦河町役場 - 大通5丁目 - 日赤前 - 浦河高校 - 浦河老人ホーム前

2021年(令和3年)4月1日より向別 - 日高振興局間で緑町経由の新設経路に変更。

運賃・乗車券に関する特記事項編集

乗車カードはなく、バス車内で回数券が発売される[16]。札幌圏で導入されているSAPICAなどのICカードは使用できない。ジェイ・アールバスカード(磁気カード)を札幌圏での利用終了後も使用することができた[17]

2021年(令和3年)4月7日時点で「スマホ定期券」のサービスが開始されている[18]。通学定期乗車券など一部は道南バス運行便との共通乗車券となる[19]

2021年(令和3年)4月現在、様似 - 広尾間および広尾 - 幸福駅 - 帯広駅または帯広空港間(十勝バス)の片道が途中下車自由となる「南十勝・えりも とんがりロード散策きっぷ」が冬期を除き設定される[20]。ほか、JR鉄道会社が発行し日勝線一般路線を利用可能範囲に含む特別企画乗車券は「北海道フリーパス」が設定される[21]

様似駅 - 様似営業所前間を、現金に限り100円で乗車できる施策を行っていたが、2020年(令和2年)5月1日より通常運賃に戻された[22]

高速バス・特急バス編集

いずれの路線も予約定員制。JRみどりの窓口、JR高速バス予約サイト「高速バスネット」での予約・発券はできない。各種バスカード類や特別企画乗車券など一般路線向け乗車券では利用はできない。

同一市内相互間、むかわ町・日高管内・広尾町相互間(自動車専用道路を挟まない区間)のみの利用はできない(一部例外あり)。

高速えりも号編集

 
高速えりも号(2013年4月)

JR札幌駅 - 浦河役場前間は道南バス「高速ペガサス号」と競合する。乗車券は共通では使用できない。

浦河町役場、様似駅、様似小学校通、様似営業所の4停留所に限り、札幌行の降車とえりも行の乗車も取り扱う(様似駅、様似小学校通、様似営業所の3停留所相互間は利用不可)[23]。浦河町役場は2018年(平成30年)8月1日より停車開始し、当時道南バスが運行していた「特急ひだか優駿号」との接続が考慮されていた[24]

高速ひろおサンタ号編集

 
高速ひろおサンタ号(2007年10月)
  • JR札幌駅 - (札樽自動車道・道央自動車道・日高自動車道) - 向別・西舎・上杵臼・中川記念館前・野塚・広尾駅・広尾6丁目

札幌行はJR札幌駅の後、時計台前・サッポロファクトリーまで運行する。

2004年(平成16年)4月29日に同年9月30日までの予定で運行開始。以降、運行期間の延長や停車停留所改廃を経て、2005年(平成17年)10月1日より定期運行を開始した。

特急とまも号編集

  • 苫小牧駅・職訓センター通・沼ノ端駅北口 - (日高自動車道) - 厚賀橋・新冠・静内・三石総合町民センター・浦河町役場・様似・えりも

2021年(令和3年)4月1日運行開始。日高本線部分廃止に伴い、様似駅で列車に乗り継いでいた時と同等の時間で結び、広域の通院や買い物等の利便性を向上するために新設された[25][23]

特急ひだか優駿号編集

  • 新千歳空港 - (道央自動車道・日高自動車道) - 鵡川四季の館前・富川大町・厚賀第一・新冠・静内・三石総合町民センター・浦河町役場・浦河ターミナル(「浦河高校前」停留所)

JR日高本線鵡川駅 - 様似駅間の廃止に伴う路線再編により道南バスで運行されていた同名の路線を2021年(令和3年)4月1日付で引き継ぎ、同年4月3日より運行開始。道南バス運行時に行っていた苫小牧方面との接続は考慮せず、南千歳駅北口には停車しない。土日祝日のみ運行[23]

高速えりも・ひろお号(運休中)編集

  • JR札幌駅・大谷地ターミナル - (道央自動車道・日高自動車道) - 日高幌別駅・鵜苫築港前・本町・様似駅・平宇・幌満・上近浦・日勝大和・えりも駅・新栄・庶野・日勝目黒・音調津・広尾6丁目・広尾駅

2005年(平成17年)より繁忙期限定で運行開始したが、2017年(平成29年)度より利用者減少等により運休中。えりも町東部・広尾町側において国道336号黄金道路の整備や帯広広尾自動車道の延伸が順調に進み、帯広市道東自動車道)経由による自家用車利用に転移したものと分析されている[26][27]

えりも駅編集

   
えりも駅(2016年7月)
えりも駅 旧駅舎(2007年5月)

えりも町の中心部にある自動車駅。1998年(平成10年)10月限りで窓口業務は終了し、その後駅舎も建て替えられて待合室のみの簡素なものになったが、現在も札幌方面の高速バスが発着する町の中心的なバス停留所である。えりも町本町650付近に所在。

コンピュータボードゲームの桃太郎電鉄シリーズでは、鉄道地図をモチーフにした盤面の地図に「襟裳駅」という物件駅が存在する。

参考文献編集

書籍編集

  • バスジャパン・ハンドブックシリーズ8 北海道旅客鉄道』BJエディターズ、1995年。ISBN 4795277877

雑誌記事編集

  • 「NEWS FILE」『鉄道ジャーナル』第287号、鉄道ジャーナル社、1990年9月、 99-103頁。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「鉄道省告示第208・209号」『官報』1943年7月28日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 『バスジャパン・ハンドブック8』p.21
  3. ^ 『バスジャパン・ハンドブック8』p.22
  4. ^ 『バスジャパン・ハンドブック8』p.24
  5. ^ 『バスジャパン・ハンドブック8』p.25
  6. ^ 『バスジャパン・ハンドブック8』p.26
  7. ^ a b c d 『バスジャパン・ハンドブック8』p.27
  8. ^ 『鉄道ジャーナル』通巻287号 p.99
  9. ^ a b c d “ダイヤ改正白紙撤回 ジェイ・アール北海道バス”. 日高報知新聞. (2017年9月14日) 
  10. ^ a b “線路存続 進展せず 7町長とJR北の懇談会で”. 日高報知新聞. (2018年2月9日). オリジナルの2018年2月18日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20180218021314/http://www.hokkaido-nl.jp/article/4836 2020年12月5日閲覧。 
  11. ^ “日高の「足」永続誓う 転換バススタート”. 北海道新聞. (2021年4月1日). オリジナルの2021年4月9日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/F6DTI 2021年4月9日閲覧。 
  12. ^ JR日高線バス転換後のバスダイヤについて | 広報さまに 2021年3月 (PDF)”. 様似町. 2021年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月9日閲覧。
  13. ^ 日高広域交通バス 運行開始 (PDF)”. 様似町. 2021年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月9日閲覧。
  14. ^ 2021年4月1日に日勝線のダイヤを改正します”. ジェイ・アール北海道バス. 2021年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月16日閲覧。
  15. ^ 日高地域広域公共バス時刻表 (PDF)”. 浦河町. 2021年6月6日閲覧。
  16. ^ お問い合わせ”. ジェイ・アール北海道バス. 2021年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月9日閲覧。
  17. ^ 札幌圏各線でのバスカード発売並びにご利用の終了について”. ジェイ・アール北海道バス. 2016年7月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年4月9日閲覧。
  18. ^ 深名線・日勝線でスマホ定期券がご利用いただけます”. ジェイ・アール北海道バス. 2021年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月9日閲覧。
  19. ^ JR日高線転換バス 4月1日運行スタート (PDF)”. 新ひだか町. 2021年6月6日閲覧。
  20. ^ 南十勝・えりも とんがりロード散策きっぷ (PDF)”. 十勝バス. 2021年6月6日閲覧。
  21. ^ 北海道フリーパス”. JR北海道. 2021年6月6日閲覧。
  22. ^ 「都心内100円バス」のサービス終了について(一部区間を除く) (PDF)”. 北海道中央バス、じょうてつ、ジェイ・アール北海道バス. 2020年5月1日閲覧。
  23. ^ a b c ジェイ・アール北海道バス 日勝線時刻表”. ジェイ・アール北海道バス. 2021年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月16日閲覧。
  24. ^ 浦河~新千歳空港直通バスを運行します JR日高線沿線地域と南千歳駅・新千歳空港を直結します”. 北海道旅客鉄道 (2018年7月20日). 2018年7月23日閲覧。
  25. ^ 日高線バス転換後の新たな交通体系案の概要”. 北海道旅客鉄道. 2021年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月16日閲覧。
  26. ^ 高速バス「えりも・ひろお号」運休 高速道延伸で利用減る”. 北海道新聞 (2017年7月14日). 2018年2月26日閲覧。
  27. ^ 日勝線時刻表 (PDF)”. ジェイ・アール北海道バス. 2018年5月9日閲覧。高速えりも・ひろお号の欄が「平成30年度の運行はありません」となっている。

関連項目編集

  • 日交ハイヤー - 日勝線としては廃止された支線系統の一部を引き継いで運行している。

外部リンク編集