日南・志布志道路(にちなん・しぶしどうろ)は、宮崎県日南市及び鹿児島県志布志市を通る延長6.9kmの国道220号バイパスである。

一般国道自動車専用道路(A')
(無料)
Japanese National Route Sign 0220.svg
日南・志布志道路

国道220号バイパス
路線延長 6.9 km[1]
開通年 未開通
起点 日南区間
 宮崎県日南市東弁分乙
志布志区間
 鹿児島県志布志市志布志町帖
終点 日南区間
 宮崎県日南市平野
志布志区間
 鹿児島県志布志市志布志町志布志
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

全線が東九州自動車道高速自動車国道、路線番号はE78)に並行する一般国道自動車専用道路である。2016年(平成28年)日南区間、志布志区間が新規事業化された[2]。このとき日南東郷IC - 志布志ICの内、油津IC - 夏井IC間の事業化は見送られたが、2019年に一部が事業化された。

概要編集

日南区間
  • 起点:宮崎県日南市東弁分乙
  • 終点:宮崎県日南市平野
  • 全長:3.2km
  • 車線数:完成2車線
  • 設計速度:80km/h
志布志区間
  • 起点:鹿児島県志布志市志布志町帖
  • 終点:鹿児島県志布志市志布志町志布志
  • 全長:3.7km
  • 車線数:完成2車線
  • 設計速度:80km/h

沿革編集

  • 2016年(平成28年)
    • 3月8日 - 東九州自動車道の未事業化区間である日南 - 志布志間 (40.7 km)のうち、日南IC - 油津IC間 (3.2 km)と夏井IC - 志布志IC間 (3.7 km)が国道220号日南・志布志道路として新規事業採択時評価の候補路線となる[3]
    • 4月1日 - 日南IC - 油津IC間、夏井IC - 志布志IC間が事業化[4]
    • 9月2日 - 日南IC(仮称)の正式名称が「日南東郷IC」に決定[5]
  • 2019年(平成31年)
    • 3月1日:油津IC - 南郷IC(6.4 km)、奈留IC - 夏井IC(14.1 km)が国道220号油津・夏井道路として新規事業採択時評価の候補路線となる[6]
    • 3月29日 - 奈留IC - 夏井IC間が事業化[7]

インターチェンジなど編集

  • IC番号欄の背景色がである部分については道路が供用開始済みの区間を示している。また、施設名欄の背景色がである部分は施設が供用されていない、または完成していないことを示す。なお、未開通区間の名称は仮称である。
  • スマートICは背景色で示す。
  • ハーフICは備考欄に通行可能となる出入口を記してある。
  • 路線名の特記がないものは市町道
  • BSのうち、○/●は運用中、◆は休止中の施設。無印はBSなし。
凡例

JCT : ジャンクション、IC : インターチェンジ、SIC : スマートインターチェンジ、SA : サービスエリア、PA : パーキングエリア、BS : バスストップ、TB : 本線料金所、TN : トンネル

IC
番号
施設名 接続路線名 北九州JCT
から

(km)
夏井から
(km)
BS 備考 所在地
E10 東九州自動車道 宮崎・大分方面
32 日南東郷IC 県道434号風田星倉線 340.3 宮崎方面出入口 宮崎県 日南市
- 油津IC(仮称) 国道222号 343.5 - 事業中
油津・夏井道路および基本計画区間
- 夏井IC(仮称) 0.0 - 事業中
志布志方面出入口
鹿児島県 志布志市
- 志布志IC(仮称) 国道220号
都城志布志道路(事業中)
県道63号志布志福山線
3.7 - 2020年度中開通予定[8]
E78 東九州自動車道 鹿屋串良JCT方面

主なトンネル・橋梁編集

脚注編集

  1. ^ 日南区間=3.2km、志布志区間=3.7km
  2. ^ 新規事業採択時評価結果(平成28年度新規事業化箇所)
  3. ^ 平成28年度 新規事業候補箇所説明資料
  4. ^ 平成28年度 国土交通省大隅河川国道事務所の予算と事業概要 - 国土交通省 九州地方整備局 大隅河川国道事務所 2016年4月1日付
  5. ^ 東九州自動車道(北郷〜日南間)のインターチェンジ・橋梁の名称が決定 - 国土交通省 九州地方整備局 宮崎河川国道事務所 記者発表資料 2016年9月2日付
  6. ^ 新規事業化候補箇所” (2019年3月8日). 2019年3月10日閲覧。
  7. ^ 一般国道220号(東九州自動車道)油津・夏井道路を新規事業化鹿児島県内東九州自動車道全線整備へ - 国土交通省 九州地方整備局 大隅河川国道事務所 2019年3月29日
  8. ^ 東九州自動車道 志布志〜鹿屋串良間が平成32年度までに開通 (PDF)”. 国土交通省九州地方整備局 大隅河川国道事務所 (2017年12月1日). 2017年12月2日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集