日吉大社

日本の滋賀県大津市にある神社

日吉大社(ひよしたいしゃ)は、滋賀県大津市坂本にある神社。式内社名神大社)、二十二社(下八社)の一社。かつては日吉社(ひえしゃ)と呼ばれていた。旧社格官幣大社で、現在は神社本庁別表神社。境内大宮橋は日本百名橋に選定されている。

日吉大社
Hiyoshi-taisha nishihongu-honden.jpg
西本宮 本殿(国宝)
所在地 滋賀県大津市坂本5丁目1-1
位置 北緯35度4分24.4秒
東経135度51分53.9秒
座標: 北緯35度4分24.4秒 東経135度51分53.9秒
主祭神 西本宮:大己貴神
東本宮:大山咋神
社格 式内社名神大
二十二社(下八社)
官幣大社
別表神社
創建 崇神天皇7年
本殿の様式 日吉造
別名 山王権現
札所等 神仏霊場巡拝の道149番(滋賀17番)
例祭 4月12日 - 15日(山王祭
地図
日吉大社の位置(滋賀県内)
日吉大社
日吉大社
テンプレートを表示
摂社樹下神社拝殿(右)と東本宮拝殿(左奥)両宮の参道は直交している。
東本宮 本殿(国宝)西本宮本殿と異なり、隅柱上のみに舟肘木を置く。

全国に約3,800社ある日吉・日枝・山王神社の総本社である。通称として山王権現とも呼ばれる。を神の使いである神猿(まさる)とする。西本宮東本宮を中心とする400,000m2の境内は国の史跡に指定されている。社名の「日吉」はかつては「ひえ」と読んだが、第二次世界大戦後は「ひよし」を正式の読みとしている[1]。鳥居は独自の形式で「山王鳥居」(合掌鳥居)と呼ばれる。

歴史編集

文献では、『古事記』に「大山咋神、亦の名を山末之大主神。此の神は近淡海国の日枝の山に坐し」とあるのが初見だが、これは、日吉社の東本宮の祭神・大山咋神について記したものである[2]。日枝の山(ひえのやま)とは後の比叡山のことである。日吉社は、崇神天皇7年に日枝の山の山頂から現在の地に移されたという[2]

日吉社の東本宮は、本来、牛尾山(八王子山)山頂にある大山咋神が降り立ったという磐座・金大巌(こがねのおおいわ)を挟んだ2社(牛尾神社・三宮神社)のうち、牛尾神社の里宮として、比叡山の地主神である大山咋神を祀るために崇神天皇7年に創祀されたものとも伝えられている。なお、三宮神社に対する里宮は樹下神社である。

西本宮の祭神・大己貴神については、大津京遷都の翌年である天智天皇7年(668年)、大津京鎮護のため大和国大神神社の祭神である大物主神を大己貴神として勧請し、新たに西本宮を建てて祀ったという。これは大己貴神の別名である大国主神の和魂が大物主神であると日本神話に書かれているため、両神が同じ神とみなされたためである。以降、元々の神である東本宮・大山咋神よりも、西本宮・大己貴神の方が上位とみなされるようになり、「大宮」と呼ばれた。

延暦7年(788年)、最澄が比叡山上に比叡山寺(後の延暦寺)一乗止観院(後の根本中堂)を建立し、比叡山の地主神を祀る日吉社を守護神として崇敬する。そして、延暦13年(794年)の平安京遷都により、日吉社は京の鬼門に当たることから、鬼門除け・災難除けの社として国から崇敬されるようになった。

延暦寺が勢力を増してくると、やがて日吉社と神仏習合する動きが出て、日吉社の神は天台宗の本山である天台山国清寺で祀られていた山王元弼真君にならって山王権現と呼ばれるようになり、延暦寺では山王権現に対する信仰と天台宗の教えを結びつけて山王神道を説いていくようになる。日吉社は元慶4年(880年)に西本宮の大己貴神が、寿永2年(1183年)に東本宮の大山咋神がそれぞれ正一位の神階に叙せられた[2]。『延喜式神名帳』では名神大社に列格している[2]

こうして日吉社は延暦寺と次第に一体化していき、平安時代中期には八王子山の奥に神宮寺が建てられている。また、日吉社の参道沿いには延暦寺の里坊が立ち並ぶようになっていく。天台宗が全国に広がる過程で、日吉社の山王信仰も広まって全国に日吉社が勧請・創建され、現代の天台教学が成立するまでに与えた影響は大きいとされる[2]

天慶5年(942年)には根本多宝塔が建立される。長暦3年(1039年)8月には後の二十二社中の下八社の一つとされた。

嘉保2年(1095年)10月、延暦寺の大衆と日吉社の神人が初めて日吉社の神輿を担ぎ出して(神輿振り)、小競り合いで誤って僧を殺してしまった美濃守源義綱を流罪にさせようと義綱の主である関白藤原師通にそれを要求しに都に強訴しに行った。朝廷はこれを防ごうと源義綱と源頼治を出陣させて防衛にあたらせたが、その際に神輿に矢が刺さる事件が起きている。延暦寺・日吉社側は死傷者が出てついに強訴を中止して撤退した。しかし、その後延暦寺が藤原師通を呪詛し、承徳3年(1099年)6月に師通が亡くなると、延暦寺はそれを日吉社の神輿の神威であると喧伝したため、朝廷にとっては日吉社の神輿は畏怖の対象ともなっていった。これ以降延暦寺、及び日吉社は度々この神輿を使っての神輿振り・強訴を繰り返し行い、平安時代から室町時代にかけての370余年の間に40数回も行われている。

正元元年(1259年)に一部の社殿が焼失したが、室町時代には益々山王神道が盛んになり、境内に108社、境外に108社もの摂社・末社が建ち並ぶなど隆盛を誇った。しかし、明応3年(1494年)に徳政一揆によって一部を焼失する。

元亀2年(1571年)、織田信長比叡山焼き討ちにより、日吉社も全て焼かれて灰燼に帰した。現在見られる建造物は安土桃山時代以降、天正14年(1586年)から慶長2年(1597年)にかけて再建されたものである[3]。信長の死後、豊臣秀吉徳川家康は山王信仰が篤く、特に秀吉は当社の復興に尽力した[2]。これは、秀吉の幼名を「日吉丸」といい、あだ名が「猿」であったことから、当社を特別な神社と考えたためである。

延宝9年(1681年)、神仏習合や山王神道(山王一実神道)を改めようとする動きが日吉社から出て延暦寺と争いになるが、貞享元年(1684年)に日吉社は論争に敗れた。そのために翌貞享2年(1685年)に山王神道を守るように延暦寺から厳命され、日吉社は受諾している。

1868年明治元年)、神仏分離令が出ると日吉社は率先して仏教色を一掃し、延暦寺から独立して社名を日吉大社とした。また、本来の祭祀の形に戻すとして、西本宮と東本宮の祭神を入れ替えた。西本宮に大山咋神を祀って主祭神とし、大己貴神(大物主神)を祀ることとなった東本宮は摂社の大神(おおみわ)神社として格下げとなった。1871年(明治4年)、西本宮が官幣大社となった[2]

1928年昭和3年)、東本宮も官幣大社となると、再び西本宮と東本宮の祭神を入れ替えて江戸時代までの形に戻している[2]

2006年平成18年)6月7日、歴史的風土特別保存地区に指定された[4]

2015年(平成27年)4月24日、「琵琶湖とその水辺景観- 祈りと暮らしの水遺産 」の構成文化財として日本遺産に認定される[5]

日吉大社の例祭時には昔と変わらず延暦寺の僧も参加している。

境内入口北側には元は比叡山の里坊・竹林院だった旧竹林院庭園と、元三大師良源ゆかりの求法寺がある。

祭神編集

2つの本宮と以下の5つの摂社から成り、日吉七社・山王七社と呼ばれる。

本宮
5摂社

山王信仰編集

かつては境内108社・境外108社といわれていた。以下に示す21社は主なものであり、山王二十一社と総称され、日吉大神と呼ばれる。旧称は江戸時代までの神仏習合時代の名称である。東本宮境内の各社は、「大山咋神の家族および生活を導く神々」と説明されている。

社格 社名 祭神 旧称 本地 所在地
上七社
(山王七社)
本宮 西本宮 大己貴神 大宮(大比叡) 釈迦如来
本宮 東本宮 大山咋神 二宮(小比叡) 薬師如来
摂社 宇佐宮 田心姫神 聖真子(しょうしんじ) 阿弥陀如来
摂社 牛尾神社 大山咋神荒魂 八王子 千手観音 八王子山頂
摂社 白山姫神社 白山姫神 客人(まろうど) 十一面観音
摂社 樹下神社 鴨玉依姫命(大山咋神の妃) 十禅師(じゅうぜんじ) 地蔵菩薩 東本宮境内
摂社 三宮神社 鴨玉依姫神荒魂 三宮 普賢菩薩 八王子山頂
中七社 摂社 大物忌神社 年神(大山咋神の父) 大行事 毘沙門天 東本宮境内
末社 牛御子社 山末之大主神荒魂 牛御子 大威徳明王 牛尾神社拝殿内
摂社 新物忌神社 天知迦流水姫神(大山咋神の母) 新行事 持国天または吉祥天 東本宮境内
末社 八柱社 五男三女神 下八王子 虚空蔵菩薩 東本宮参道
摂社 早尾神社 素盞嗚神 早尾 不動明王 境内入口南側
摂社 産屋神社 鴨別雷神 王子 文殊菩薩 境外・止観院の附近
末社 宇佐若宮 下照姫神 聖女 如意輪観音 宇佐宮境内
下七社 末社 樹下若宮 玉依彦神(鴨玉依姫神の子) 小禅師 竜樹菩薩または弥勒菩薩 東本宮境内
末社 竈殿社 奥津彦神・奥津姫神 大宮竈殿 大日如来 西本宮境内
末社 竈殿社 奥津彦神・奥津姫神 二宮竈殿 日光菩薩月光菩薩 東本宮境内
摂社 氏神神社 鴨建角身命・琴御館宇志麿 山末 摩利支天 東本宮参道
末社 巌滝社 市杵島姫命湍津島姫命 岩滝 弁財天 東本宮参道
末社 剱宮社 瓊々杵命 剱宮 倶利伽羅不動 白山姫神社境内
末社 気比社 仲哀天皇 気比 聖観音または大日如来または阿弥陀如来 宇佐宮境内

境内編集

  • 西本宮本殿(国宝) - 祭神:大己貴神崇神天皇7年創建。天正14年(1586年)再建。慶長2年(1597年)改修。上七社(山王七社)。日吉造。かつて床下にある下殿で仏事が行われた。
  • 西本宮楼門(重要文化財) - 天正14年(1586年)再建。楼門の軒下四隅には神猿が彫られている。
  • 大宮竈殿社 - 祭神:奥津彦神、奥津姫神。下七社。
  • 包丁塚
  • 宇佐宮本殿(重要文化財) - 祭神:田心姫神仁和年間(885年 - 889年)創建。慶長3年(1598年)再建。上七社(山王七社)。日吉造。
    • 宇佐宮拝殿(重要文化財) - 慶長3年(1598年)再建。
  • 宇佐若宮 - 祭神:下照姫神。中七社。
  • 宇佐竈殿社 - 祭神:奥津彦神、奥津姫神
  • 気比社 - 祭神:仲哀天皇。下七社。
  • 宝蔵 - 校倉造。
  • 白山姫神社本殿(重要文化財) - 祭神:白山姫神。慶長3年(1598年)再建。上七社(山王七社)。
    • 白山姫神社拝殿(重要文化財) - 慶長3年(1598年)再建。
  • 剱宮社 - 祭神:瓊々杵命。下七社。
  • 小白山社 - 祭神:大己貴命
  • 八坂社 - 祭神:素盞嗚神
  • 北野社 - 祭神:菅原道真
  • 忍耐(しんぼう)地蔵
  • 恵毘須社 - 祭神:事代主
  • 救済(おたすけ)地蔵
  • 神輿収蔵庫 - 上七社それぞれの神輿が7基(全て重要文化財)が展示されている。現在山王祭で使用される神輿はこれらではない。
  • 三宮宮遥拝所 - 八王子山の麓にある。
  • 牛尾宮遥拝所 - 八王子山の麓にある。
  • 三宮神社本殿(重要文化財) - 祭神:鴨玉依姫神荒魂。慶長4年(1599年)再建。上七社(山王七社)。八王子山の山頂付近にある。
    • 三宮神社拝殿(重要文化財) - 慶長4年(1599年)再建。本殿と接続している。懸造。
  • 牛尾神社本殿(重要文化財) - 祭神:大山咋神荒魂。天喜元年(1053年)創建。寛文9年(1669年)再建。上七社(山王七社)。八王子山の山頂付近にある。
    • 牛尾神社拝殿(重要文化財) - 寛文9年(1669年)再建。本殿と接続している。懸造。
  • 牛御子社 - 祭神:山末之大主神荒魂。中七社。牛尾神社の拝殿内に祀られている。
  • 金大巌(こがねのおおいわ) - 黄金の大巌とも。大山咋神が降り立ったという磐座。日吉大社の原点である。
  • 奥総社 - 祭神:天神地祇。伝教大師最澄像を祀る。かつての神宮寺の跡地である。最澄の父・三津首百枝が子の誕生を祈った場所でもある。八王子山のさらに奥にある。
  • 東本宮本殿(国宝) - 祭神:大山咋神。天智天皇7年(668年)創建。文禄4年(1595年)再建。上七社(山王七社)。日吉造。牛尾神社の里宮でもある。1868年明治元年)から1928年昭和3年)までは祭神が大己貴神(大物主神)であったため、「大神(おおみわ)神社本殿」と呼ばれていた。かつては現在地の北西にあった。
    • 東本宮拝殿(重要文化財) - 文禄5年(1596年)再建。
  • 大物忌神社 - 祭神:大年神。中七社。東本宮本殿の背後にある。
  • 稲荷社 - 祭神:宇賀之御魂神
  • 二宮竈殿社 - 祭神:奥津彦神、奥津姫神。下七社。
  • 神饌所
  • 新物忌神社 - 祭神:天知迦流水姫神。中七社。
  • 亀井霊水 - かつての閼伽井。
  • 樹下神社本殿(重要文化財) - 祭神:鴨玉依姫命天仁2年(1109年)創建。文禄4年(1595年)再建。上七社(山王七社)。三宮神社の里宮でもある。本殿の真下に霊泉の井戸がある。樹下神社本殿・拝殿の並びは東本宮本殿・拝殿・楼門の並びに対して直交している。樹下神社はかつては十禅師社と呼ばれていたが、十禅師とは瓊々杵命のことである。瓊々杵命が国之常立神から数えて十代目の子孫であることから名付けられたものであるが、なぜそれが樹下神社の別称なのかは不明。
    • 樹下神社拝殿(重要文化財) - 文禄4年(1595年)再建。
  • 内御子社 - 祭神:猿田彦神
  • 樹下若宮 - 祭神:玉依彦神。下七社。
  • 神輿庫
  • 東本宮楼門(重要文化財) - 天正・文禄年間(1573年 - 1596年)再建。
  • 須賀社 - 祭神:素盞嗚神奇魂
  • 巌滝社 - 祭神:市杵島姫命湍津島姫命。下七社。
  • 猿岩 - 猿の霊石ともいう。猿の形をした岩である。
  • 氏神神社 - 祭神:鴨建角身命、琴御館宇志麿(日吉社社家始祖)。下七社。
  • 氏永社 - 祭神:祝部希遠(日吉社社家の生源寺家祖)
  • 八柱社 - 祭神:五男三女神。中七社。
  • 正覚院稲荷大明神 - 祭神:荼枳尼天
  • 日吉大社境内古墳群 - 古墳時代後期の円墳が約70基ある。
  • 石造仏塔 - 西本宮楼門の西にある。
  • 橋殿橋 - 橋は途中で途切れている。
  • 祇園石 - 牛頭天王が宿る磐座。
  • 大威徳石 - 大威徳明王が宿る霊石。
  • 参集殿
  • 社務所
  • 行者社(行者堂)
  • 神猿舎
  • 神馬舎
  • 惣社 - 山王ニ十一社を祀る。
  • 合祀社 - 子安社、子立社
  • 日吉会館
  • 猿塚 - 日吉大社境内古墳群のうちの一つ。
  • 大宮橋 - 日吉三橋。
  • 走井橋 - 日吉三橋。
  • 走井祓殿社 - 祭神:瀬織津比咩速開都比咩気吹戸主、速佐須良比咩
  • 走井杉
  • 二宮橋 - 日吉三橋。
  • 早尾神社 - 祭神:素盞嗚神。中七社。境内入口の南側に祀られている。参道を挟んだ向かいには求法寺があり、当社入口の正面階段前には六角地蔵堂がある。
  • 境外

文化財編集

国宝編集

  • 西本宮本殿 - 天正14年(1586年)の建立。檜皮(ひわだ)葺きで、屋根形式は「日吉造」という日吉大社特有のもの。正面から見ると入母屋造に見えるが、背面中央の庇(ひさし)部分の軒を切り上げ、この部分が垂直に断ち切られたような形態(縋破風)になっているのが特色。
  • 東本宮本殿 - 文禄4年(1595年)の建立。建築形式は西本宮本殿に似る。

重要文化財編集

以下の建造物は東照宮(江戸時代の建立)を除いて安土桃山時代の建立である。

  • 西本宮拝殿
  • 西本宮楼門
  • 東本宮拝殿
  • 東本宮楼門
  • 日吉三橋 3基 - いずれも石橋である。
    • 大宮橋
    • 走井橋
    • 二宮橋
  • 摂社宇佐宮 2棟
    • 本殿 - 西本宮本殿、東本宮本殿と同様、屋根は日吉造である。
    • 拝殿
  • 摂社樹下神社(じゅげじんじゃ) 2棟 - 樹下神社は東本宮と同じ敷地にあり、東本宮の参道と樹下神社の参道が直角に交わる、特異な配置になっている。
    • 本殿
    • 拝殿
  • 摂社白山姫神社 2棟
    • 本殿
    • 拝殿
  • 摂社牛尾神社 2棟 - 牛尾神社と三宮神社は八王子山に位置し、拝殿は懸崖造になっている。
    • 本殿
    • 拝殿
  • 摂社三宮神社 2棟
    • 本殿
    • 拝殿
  • 末社東照宮 3棟(日吉東照宮参照)
    • 本殿・石の間・拝殿(1棟)
    • 唐門
    • 透塀
  • 日吉山王金銅装神輿 7基

国の史跡編集

  • 日吉神社境内

大津市指定無形民俗文化財編集

指定解除された文化財編集

  • 東照宮橋(石橋) - 旧国宝建造物。1935年(昭和10年)6月29日の水害で流出し、指定解除された。

主な祭事編集

 
もみじまつりの様子(ライトアップ
  • 大戸開き神事(1月1日) - 歳旦祭にあたるもので、日の出の前に松明の火に照らされる中、片山能太夫によって西本宮ではの「」(日吉の翁)が、東本宮では謡曲の「高砂」が奉納される[2]。 このときの松明の火を自宅へ持ち帰って炊事に使う風習があるため、発火とも呼ばれる[2]
  • 山王祭(4月14日) - およそ1,300年前、三輪明神が坂本に移ったとき、地元の人が大榊を奉納したのが起源とされ、祭礼の期間は神輿上げ・大榊の神事・午の神事・献茶祭・花渡り・宵宮落とし・粟津の御供・神輿の還御・酉の神事・船路の御供まで、1ヶ月半に及ぶ[2]。 特に山王七社の神輿の渡御は豪壮であり、大榊の神事が静寂の中で行われるのと対照的であるという[2]
  • 山王礼拝講(5月26日) - 万寿2年(1025年)、僧が修行もせずに僧兵としての活動ばかりしていることが嘆かれ、西本宮にて日吉大神を祀る法華八講が開催されたことが起源とされる[2]。修祓や祝詞の後、法華経の問答が行われ、神仏習合の名残がうかがわれる[2]
  • みたらし祭り(7月) - 摂社である唐崎神社で開催される夏越しの大祓神事[2]。大祓、茅の輪くぐり、人形流し、琵琶湖の湖上での護摩木のお焚き上げなどが行われる[2]。下半身の病気や、婦人科の病気に神徳があるとされる[2]。なお、唐崎神社は七瀬の祓所のひとつとされる[2]
  • もみじ祭(11月) - さまざまな行事のほか坂本地区一帯をふくめライトアップが行われる。

現地情報編集

所在地
交通アクセス
鉄道

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「日吉」の読みについては以下による。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 日吉大社(滋賀県神社庁)
  3. ^ “西本宮御鎮座1,350年記念”. 日吉大社. http://hiyoshitaisha.jp/nishihongu/ 2019年6月11日閲覧。 
  4. ^ 国土交通省・歴史的風土保存区域及び歴史的風土特別保存地区指定状況
  5. ^ 琵琶湖とその水辺景観-祈りと暮らしの水遺産”. 文化庁. 2020年9月20日閲覧。

*嵯峨井建『日吉大社と山王権現』人文書院、1992年

関連項目編集

外部リンク編集