メインメニューを開く

日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)は京都市山科区三条通沿いの神明山にある神社式内社(小)で、旧社格村社。「京の伊勢」とも称される。

日向大神宮
Himukai-daijingu geku1.jpg
外宮
所在地 京都市山科区日ノ岡一切経谷町29
位置 北緯35度00分24秒
東経135度47分43秒
座標: 北緯35度00分24秒 東経135度47分43秒
主祭神 (内宮)天照大御神多紀理毘賣命市寸島比賣命多岐都比賣命
(外宮)天津彦火瓊々杵尊天之御中主神
社格 式内社(小)
村社
創建 顕宗天皇の治世
例祭 外宮:10月16日
内宮:10月17日
テンプレートを表示
鳥居
拝殿

祭神編集

内宮(上ノ本宮)・外宮(下ノ本宮)の2つの本殿があり、内宮に天照大神多紀理毘賣命市寸島比賣命・多岐都比賣命、外宮に天津彦火瓊々杵尊天之御中主神を祀る。

歴史編集

社伝によれば、第23代顕宗天皇の治世、勅願により筑紫日向の高千穂の峯の神蹟より神霊を移して創建された。「宇治郡名勝誌」、「京都府山科町誌」には、延喜式神名帳小社に列する「山城国宇治郡 日向神社」とするが、「山城名勝誌」、「山城志」、伴信友の「神明帳考証」では別のものとしている。

応仁の乱で社殿等を焼失し、祭祀が一旦途絶えた。江戸時代初期に篤志家によって旧社地に再建され、交通祈願の神社として有名になった。

近代社格制度では村社となる。戦後、村社を始めとする京都市内の一部の民社と共に神社本庁ではなく神社本教に包括されるようになった。

境内社編集

  • 上ノ別宮
  • 朝日泉[2]
    • 御井神社(ミイ—)

アクセス編集

鉄道編集

京都市営地下鉄東西線 蹴上駅

自動車編集

三条通、東山ドライブウェイ入り口すぐを左へ入る。

脚注編集

  1. ^ 境内図
  2. ^ 境内に現存。飲料不適。平安時代の疫病流行をおさめたと伝わる。正月三日のみ解放される。
    小野芳朗『水の環境史「京の名水」はなぜ失われたか』(PHP新書) PHP研究所、2001年、p.206 – 207、ISBN 9784569616186

外部リンク編集