メインメニューを開く

日向市お倉ヶ浜総合公園野球場(ひゅうがし・おくらがはまそうごうこうえん・やきゅうじょう)は、宮崎県日向市のお倉ヶ浜総合公園内にある野球場。施設は日向市が所有し、日向市公共施設管理公社が運営管理を行っている。

日向市お倉ヶ浜総合公園野球場
Hyuga Okuragahama Baseball Ground
日向市お倉ヶ浜総合公園野球場の位置(宮崎県内)
日向市お倉ヶ浜総合公園野球場
施設データ
所在地 宮崎県日向市大字財光寺1942(お倉ヶ浜総合公園内)
座標 北緯32度23分45秒 東経131度37分56.4秒 / 北緯32.39583度 東経131.632333度 / 32.39583; 131.632333座標: 北緯32度23分45秒 東経131度37分56.4秒 / 北緯32.39583度 東経131.632333度 / 32.39583; 131.632333
開場 1982年
所有者 日向市
管理・運用者 日向市公共施設管理公社
グラウンド 内野:クレー舗装
外野:天然芝
照明 照明塔:6基
使用チーム • 開催試合
大阪近鉄バファローズ(1983~2004年、春季・秋季キャンプ)
東北楽天ゴールデンイーグルス(2005年、春季二次キャンプ)
茨城ゴールデンゴールズ(2005~2007年、春季キャンプなど)
起亜タイガース(2006年~2011年、2014年、春季・秋季キャンプなど)
KTウィズ(2015年春季キャンプなど)
収容能力
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:-m2
両翼:93 m
中堅:120 m

目次

概要・歴史編集

日向市南東部、日向灘沿いのお倉ヶ浜近くで、市は1977年から都市公園整備に着手。総面積22.6haの敷地内に野球場、運動広場、庭球場、多目的広場、遊戯広場等、スポーツ施設を含む公共施設が順次整備され、1988年に全面完成した。海側の南北約4kmの間に広がる松林12.4haは塩害を防ぐため自然公園として取り込まれ、遊歩道などが設置されている。

この間、市はプロ野球キャンプ誘致を進めた結果、1983年からプロ野球近鉄バファローズが春季キャンプを実施するようになった。ただ近鉄はその後1986年から2000年までの間は春季キャンプを2次制とし、一次キャンプをサイパン島で、後半の二次キャンプをこの日向で行っていた(但し1991年湾岸戦争の影響で全日程を日向で実施)。更にその後2001年から2004年までは全日程を日向で実施した。

近鉄はその2004年を以ってオリックス・ブルーウェーブと経営統合しオリックス・バファローズとなり、春季キャンプは元々オリックスがキャンプ地としていた沖縄県宮古島市で行われる事になった。それに代わる形で翌2005年、同年シーズンから新規加盟した東北楽天ゴールデンイーグルスが春季第二次キャンプを日向で実施した。しかしその楽天も、翌2006年以降の春季キャンプは沖縄県久米島町で全日程を実施することになり、僅か1年で撤退となった。市内にはこのお倉ヶ浜の他、近鉄・楽天とも主に二軍が使用していた大王谷の2つの硬式野球場があるが、いずれも施設の老朽化・狭隘化が著しい上に観覧設備も不備な事などから、プロ側は長年に亘って施設面の改善を要望し続けていた。市は2002年にお倉ヶ浜公園内に全面人工芝張りの室内練習場「サンドーム日向」を完成させるなど施設拡充を行ったものの、先の2球場については抜本的な改善策が執られぬままで、結果としてこれが日本のプロ野球チームのキャンプが2006年から2014年まで実施されなかった遠因となった。その後2015年2016年楽天の二軍が二次キャンプを行っている。

この他アマチュア野球では2005年3月以降、萩本欽一が監督兼オーナーを務める社会人野球チームのクラブチーム茨城ゴールデンゴールズが春季キャンプなどを行ってきたが、2008年以降は主に同じ日向市内の大王谷野球場を使用している。また東国原英夫宮崎県知事率いる「チームそのまんま宮崎」と、ゴールデンゴールズの対戦が2008年2月9日に実施された。

また韓国プロ野球・起亜タイガースが2006年の秋季キャンプから利用するようになり、2007年から2011年まで5年連続春季キャンプを実施した。毎年ではないが秋季キャンプでも利用することがあった。2012年の春季キャンプ以降利用していなかったが、2014年の秋季キャンプでまた利用した。他の韓国プロ野球のチームでは、KTウィズが2015年1月から2月までの春季キャンプで利用した。のちにKTは2017年から2019年までの秋季キャンプを実施する契約を日向市と結んでいる。

施設概要編集

  • 両翼:93m、中堅:120m
  • 内野:クレー舗装、外野:天然芝
  • 照明設備:6基
  • スコアボード:磁気反転式(イニングスコアのみ)
  • 収容人員:5,000人
    • スタンドは1・3塁側のベンチ付近に1,100席。バックネットにはスタンドなし。外野は芝生席

総合公園その他の施設編集

  • 運動広場
  • 多目的広場
  • サンドーム日向(全天候型運動施設)

関連項目編集

外部リンク編集