日如(にちにょ、1935年2月26日 - )は、日本仏教僧侶日蓮正宗総本山大石寺第68世の管長。早瀬姓、姓名早瀬 日如(はやせ にちにょ)。妙恵阿闍梨。常聡院。道号は義寛。56世日応は曽祖父にあたる。

にちにょ
日如
生誕 (1935-02-26) 1935年2月26日(82歳)
日本の旗 日本 東京都
職業 宗教指導者 大僧正

経歴編集

  • 1935年(昭和10年)2月26日、東京都で誕生。
  • 1943年(昭和18年)4月、実父の早瀬日慈を師範として出家得度。道号(能化補任前の通名)は「義寛(ぎかん)」。
  • 1959年(昭和34年)、教師に補任される。
  • 1960年(昭和35年)、新説免許。
  • 1963年(昭和38年)12月、東京・妙國寺住職に就任。
  • 1972年(昭和47年)3月、東京・大願寺住職に就任。
  • その間、宗会議員、東京第二布教区宗務支院長等を歴任。
  • 1982年(昭和57年)8月、宗務院庶務部長に就任。以後、8期務める。その間、富士学林教授、同理事、法華講本部指導教師を歴任。
  • 1992年(平成4年)11月、東京・大願寺住職を退任し池袋・法道院主管代務者となる。
  • 1993年(平成5年)6月20日、父親の早瀬日慈が83歳で遷化。法道院主管に就任。
  • 2000年(平成12年)3月、能化に補任され、「常聡院日如」と名乗る。
  • 2005年(平成17年)3月、藤本日潤の総監辞任に伴い総監に就任。
  • 同年12月1日、学頭に補任され、日顕の隠居に伴い、15日に総本山第68世法主として登座、日蓮正宗管長、大石寺住職に就任。
  • 2007年(平成19年)から翌年にかけて大石寺塔中坊のうち18ヶ坊を改築。
  • 2009年(平成21年)7月16日、立正安国論正義顕揚750年記念大法要を執行。同月26日に記念75000名大結集総会を開催。
  • 2011年(平成23年)3月15日、大石寺塔中常来坊を移転新築。
  • 2015年(平成27年)3月7日・8日第二祖日興上人御生誕770年奉祝大法要を奉修。

外部リンク編集


先代:
日顕
大石寺住職一覧
第68世:2005-
次代:
-