日御碕神社

島根県出雲市の日御碕にある神社

日御碕神社(ひのみさきじんじゃ)は島根県出雲市日御碕に鎮座する神社。通称、みさきさん。出雲大社の「祖神(おやがみ)さま」として崇敬を集める。社殿12棟などが国の重要文化財に指定されている。

日御碕神社
Hinomisaki-jinja Two-storied Gate 001.jpg
楼門
所在地 島根県出雲市大社町日御碕455
位置 北緯35度25分46.4秒 東経132度37分45.5秒 / 北緯35.429556度 東経132.629306度 / 35.429556; 132.629306座標: 北緯35度25分46.4秒 東経132度37分45.5秒 / 北緯35.429556度 東経132.629306度 / 35.429556; 132.629306
主祭神 天照大御神
素盞嗚尊
社格 式内社(小)
国幣小社
別表神社
創建 安寧天皇13年
本殿の様式 権現造
別名 通称「みさきさん」
札所等 出雲國神仏霊場20番
例祭 8月7日
主な神事 御寄神事、御饗神事、釿始祭、和布刈神事、例大祭/神幸祭、爪剥祭、神在祭/神去出祭、神劔奉天神事
地図
日御碕神社の位置(島根県内)
日御碕神社
日御碕神社
島根県内での位置出雲市内での位置
テンプレートを表示
日沈宮(下の宮)
拝殿(重要文化財)
神の宮(上の宮)
拝殿(重要文化財)

歴史編集

当社は、上下の2社あり、上の宮を神の宮、下の宮を、日沈宮(ひしずみのみや、日沉の宮)と称し、2社を総称し日御碕神社日御碕大神宮)と呼ばれる。古くは『出雲国風土記』に美佐伎社、『延喜式』に御碕社とあり[1]、地元では「みさきさん」とよばれる[2]

社伝によると、素盞鳴尊出雲の国造りの後、熊成峰[注 1]に登り、鎮まる地を求めて、柏葉を風で占うと隠ヶ丘[注 2]に止まった。そこで御子・天葺根命は御魂をその地で奉斎したと伝わり、隠ケ丘(古墳)が現・社殿の裏側にある[1]。日沈宮は元は文島(現・経島)に鎮座し、天葺根命が文島にいたとき、天照大神が降臨し、「我天下の蒼生(国民)を恵まむ、汝速かに我を祀れ」との神勅によって奉斎したのが始まりと伝わる[1]

平安時代末期に後白河上皇が編纂した『梁塵秘抄』に「聖の住所(すみか)」として記される修験の聖地である[3]。神の宮(上の宮)は、現・社殿の背後にある隠ヶ丘に鎮座していたが、安寧天皇13年(紀元前536年)に、勅命により現在地へ遷座し、日沈宮(下の宮)は、経島(日置島)に鎮座していたが、天暦2年(948年)に村上天皇の勅命により現在地に遷座したと伝わる[2][3]

古くから朝廷からの崇敬が厚く、鎌倉時代以降も幕府からの崇敬があり、社殿の修造が行われている。出雲国松江藩初代・堀尾忠氏は、社領780石余を与え、徳川幕府も600石を与えている[1]。山陰において出雲大社に継ぐ大社とされる[4]

日沉宮、神の宮の現・社殿は、江戸幕府3代将軍徳川家光の命で、松江藩主・京極忠高により、日光東照宮完成直後の寛永11年(1634年)に造営が始まり、寛永21年(1644年松平直政の代で竣工する[2]。以降、歴代藩主により崇敬される[4]。両宮とも日光東照宮を模した権現造りである[2]

明治4年に、国幣小社に列する。

「日沈の宮」の名前の由来は、創建の由緒が、伊勢神宮が「日の本の昼を守る」のに対し、日御碕神社は「日の本の夜を守れ」 との「勅命」を受けた神社である事による[5]

日沉宮、神の宮、楼門、回廊、禊所、宝庫、門客人社など12棟の社殿や鳥居2基、石灯篭5基が国の重要文化財に指定されている。

祭神編集

以下の祭神を祀る[4]

日沈宮(下の宮)
主祭神
配祀神
神の宮(上の宮)
主祭神
配祀神

境内編集

 
日御碕神社と経島(日沈宮・下の宮の元・鎮座地)周辺の航空写真
1976年撮影
国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。

※以下(重文):国の重要文化財のこと。

  • 鳥居:(重文)
楼門が見える位置に御影石造鳥居があるが、元は、かつての参道入口の宇龍(出雲市大社町)にあったが、1935年昭和10年)に現在地に遷された。 移転の際に銘文が見つかり、寛永16年(1639年)に徳川家光寄進と判明。神社西にある清江の浜の入口にある鳥居も、家光寄進[3]
  • 手水舎
  • 社務所
  • 楼門:(重文)
  • 回廊:(重文)
  • 石燈籠:(重文)
  • 禊所:(重文)
  • 宝庫:(重文)
  • 神紋石舎
  • 日沈宮(下の宮):(重文)
    境内からすぐの清江の浜の前の経島(日置島)に鎮座していた「百伎槐社」が、村上天皇の勅により、天暦2年(948年)に現在地に遷座と伝わる。内部は、上段と下段の間に分かれ、古文書によると上段の間は、「神楽所」と呼ばれていたとされる[3]
    • 本殿
    • 幣殿
    • 拝殿
    • 玉垣
  • 神の宮(上の宮):(重文)
    現・社殿背後にある隠ヶ丘に祀られていたが、安寧天皇13年に現在地に遷座したと伝わる[3]
    • 本殿
    • 幣殿
    • 拝殿
    • 玉垣

摂末社編集

 
境外社・経島神社
日沈宮(下の宮)の元・鎮座地
  • 門客人社(かどまろうどしゃ):(重文)
    楼門入ってすぐの日沈宮(下の宮)社殿に向かって左側(南側)に鎮座。
  • 門客人社(かどまろうどしゃ):(重文)
    楼門入ってすぐの日沈宮(下の宮)社殿に向かって右側(北側)に鎮座。
  • 蛭児社
  • 十九社摂末社
  • 日和碕神社
  • 秘臺神社
  • 曾能若媛神社
  • 大山祇神社
  • 意保美神社
  • 波知神社
  • 大土神社
  • 立花神社
  • 中津神社
  • 宇賀神社
  • 窟神社
  • 眞野神社
  • 大野神社
  • 間神社
  • 加賀神社
  • 坂戸神社
  • 若宮
  • 大歳神社
  • 八幡神社
  • 荒魂神社
  • 荒祭宮
  • 御井神社
  • 稲荷神社
  • 韓國神社
  • 宗像神社

境外社

  • 経島神社(元宮)
    経島(日置島)にあり、日沈宮(下の宮)が初めに鎮座していた場所で、現在小さな祠がある。
    • 祭神:天葺根命

文化財編集

国宝編集

 
藍韋威腹巻(東京国立博物館にて展示)
工芸品
  • 白絲威鎧(しろいとおどしよろい) 兜・大袖付 1領 - 1953年(昭和28年)3月31日指定[6]
鎌倉時代作。胴高:63.6 センチメートル、兜鉢高:11.2 センチメートル、大袖高:39.4 センチメートル[6]。江戸時代には、源頼朝奉納の甲冑として知られていた。幕末には威糸(おどしいと)などの痛みが激しく、文化2年(1805年)、松江藩主・松平治郷の命により、江戸で、元の姿を損なうこと無く現状の形に補修されている。その際、破損部分の繕いに「文化二年修補」の文字を染めた白韋(しろかわ)が用いられ、取り外された威糸や紐などの残欠類は保管されている。修理を担当した寺本安宅により61ヶ条の修理記録「源頼朝卿御鎧修補註文」が記されている[7]東京国立博物館寄託。(塩冶高貞寄進)

重要文化財編集

建造物
  • 日御碕神社 12棟、2基 - 1953年(昭和28年)3月31日指定。
寛永21年(1644年)築。徳川家光の命により建立。
  • 日沈宮(下の宮)本殿 1棟[8]
  • 日沈宮(下の宮)幣殿・拝殿 1棟[9]
  • 日沈宮(下の宮)玉垣 1棟[10]
  • 日沈宮(下の宮)禊所 1棟[11]
  • 日沈宮(下の宮)廻廊 1棟[12]
  • 日沈宮(下の宮)楼門 1棟[13]
  • 日沈宮(下の宮)門客人社 2棟[14][15]
  • 神の宮(上の宮)本殿 1棟[16]
  • 神の宮(上の宮)幣殿・拝殿 1棟[17]
  • 神の宮(上の宮)玉垣 1棟[18]
  • 神の宮(上の宮)宝庫 1棟[19]
  • 神の宮(上の宮)鳥居 2基[20][21]
以下、附指定物件[8]
  • 日御碕御建立絵彩色塗金物 1冊
  • 出雲国日御碕御造営銀子請取同入用高帳 1冊
  • 日御碕社殿地割図 19枚
  • 日御碕社殿の図 1巻
  • 石燈籠 5基
工芸品
  • 藍韋威腹巻(あいかわおどしはらまき) - 1953年(昭和28年)3月31日指定[22]
南北朝時代作。東京国立博物館寄託。(名和長年寄進)※「腹巻」は鎧の一種。

国の天然記念物編集

 
経島。境外社の経島神社があり、日沈宮(下の宮)の元・鎮座地
  • 経島ウミネコ繁殖地 - 1922年(大正11年)3月8日指定[23]
日沈宮(下の宮)の元・鎮座地で日御碕神社所有の経島(管理:出雲市)。日本海西部における代表的ウミネコ繁殖地。

県指定文化財編集

工芸品
  • 鉄砲(清堯作) 附:銃箱及び関係文書 - 1962年(昭和37年)6月12日指定[24]
慶長17年(1612年)造
  • 縹糸威肩白四十八間筋兜 1頭 附:鳩尾板 1枚 - 1969年(昭和44年)5月23日指定[24]
室町時代初期
  • 熏韋威喉輪 1懸 - 1969年(昭和44年)5月23日指定[24]
南北朝期
  • 白糸威肩紅喉輪 1懸 - 1969年(昭和44年)5月23日指定[24]
室町時代末期
  • 越前康継作大小刀、梨地大小太刀拵 2口1組 附:「出雲國日御碕太神宮正殿御遷宮次第事」1巻 - 1996年(平成8年)4月26日指定[24]
書跡
  • 紙本墨書耕雲明魏日御碕社造営勧進記 1巻 - 1969年(昭和44年)5月23日指定[25]
応永27年(1420年
  • 紙本墨書日御碕神社勧化簿 2帖 - 1975年(昭和50年)8月12日指定[25]
大永4年(1524年)頃作
典籍
  • 出雲国風土記(日御碕神社本) 1冊 - 1961年(昭和36年)6月13日指定[26]
寛永11年(1634年)紀州家寄進
重要美術品
  • 刀 銘:奉納出雲国日御碕霊神 小野繁慶 1口 - 1940年(昭和15年)2月13日指定[27]
江戸時代初期

行事編集

交通アクセス編集

(2022年10月時点)

周辺情報編集

脚注編集

[脚注の使い方]
注釈
  1. ^ 現・天狗山。島根県八束郡八雲村と能義郡広瀬町との境界にあり、かつて熊野(くまぬ)山とも呼ばれ、「出雲風土記」には、「熊野山。所謂熊野大神の社坐す」と記され、山頂近くには、熊野大社の元宮で、熊野大神が鎮まっていた巨大な磐座がある。
  2. ^ 日御碕神社・神の宮社殿の後方にある丘
脚注
  1. ^ a b c d 白井 1997, p. 290.
  2. ^ a b c d 広報いずも 第114号 (PDF)”. 出雲市. 2022年7月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e 日御碕神社のご紹介”. 出雲市市民文化部文化財課. 2022年7月27日閲覧。
  4. ^ a b c 神道大辞典 1969, p. 200.
  5. ^ 現地設置、日御碕神社御由緒板による。
  6. ^ a b 白絲威鎧(兜、大袖付) / 国宝・重要文化財(美術品)”. 国指定文化財等データベース. 2022年7月27日閲覧。
  7. ^ 日御碕神社の甲冑と模写図”. 東京国立博物館. 2022年7月27日閲覧。
  8. ^ a b 日沈宮(下の宮)本殿 / 日御碕神社 / 国宝・重要文化財(建造物)”. 国指定文化財等データベース / 文化庁. 2022年7月27日閲覧。
  9. ^ 日沈宮(下の宮)幣殿、拝殿 / 日御碕神社 / 国宝・重要文化財(建造物)”. 国指定文化財等データベース / 文化庁. 2022年7月27日閲覧。
  10. ^ 日沈宮(下の宮)玉垣 / 日御碕神社 / 国宝・重要文化財(建造物)”. 国指定文化財等データベース / 文化庁. 2022年7月27日閲覧。
  11. ^ 日沈宮(下の宮)禊所 / 日御碕神社 / 国宝・重要文化財(建造物)”. 国指定文化財等データベース / 文化庁. 2022年7月27日閲覧。
  12. ^ 日沈宮(下の宮)廻廊 / 日御碕神社 / 国宝・重要文化財(建造物)”. 国指定文化財等データベース / 文化庁. 2022年7月27日閲覧。
  13. ^ 日沈宮(下の宮)楼門 / 日御碕神社 / 国宝・重要文化財(建造物)”. 国指定文化財等データベース / 文化庁. 2022年7月27日閲覧。
  14. ^ 日沈宮(下の宮)門客人社 (1) / 日御碕神社 / 国宝・重要文化財(建造物)”. 国指定文化財等データベース / 文化庁. 2022年7月27日閲覧。
  15. ^ 日沈宮(下の宮)門客人社 (2) / 日御碕神社 / 国宝・重要文化財(建造物)”. 国指定文化財等データベース / 文化庁. 2022年7月27日閲覧。
  16. ^ 神の宮(上の宮)本殿 / 日御碕神社 / 国宝・重要文化財(建造物)”. 国指定文化財等データベース / 文化庁. 2022年7月27日閲覧。
  17. ^ 神の宮(上の宮)幣殿、拝殿 / 日御碕神社 / 国宝・重要文化財(建造物)”. 国指定文化財等データベース / 文化庁. 2022年7月27日閲覧。
  18. ^ 神の宮(上の宮)玉垣 / 日御碕神社 / 国宝・重要文化財(建造物)”. 国指定文化財等データベース / 文化庁. 2022年7月27日閲覧。
  19. ^ 神の宮(上の宮)宝庫 / 日御碕神社 / 国宝・重要文化財(建造物)”. 国指定文化財等データベース / 文化庁. 2022年7月27日閲覧。
  20. ^ 神の宮(上の宮)鳥居 / 日御碕神社 / 国宝・重要文化財(建造物)”. 国指定文化財等データベース / 文化庁. 2022年7月27日閲覧。
  21. ^ 神の宮(上の宮)鳥居 / 日御碕神社 / 国宝・重要文化財(建造物)”. 国指定文化財等データベース / 文化庁. 2022年7月27日閲覧。
  22. ^ 藍韋威腹巻 / 国宝・重要文化財(美術品)”. 国指定文化財等データベース / 文化庁. 2022年7月27日閲覧。
  23. ^ 経島ウミネコ繁殖地 / 史跡名勝天然記念物”. 国指定文化財等データベース / 文化庁. 2022年7月27日閲覧。
  24. ^ a b c d e 県指定文化財一覧【工芸品】”. 島根県教育庁文化財課. 2022年7月27日閲覧。
  25. ^ a b 県指定文化財一覧【書跡】”. 島根県教育庁文化財課. 2022年7月27日閲覧。
  26. ^ 県指定文化財一覧【典籍】”. 島根県教育庁文化財課. 2022年7月27日閲覧。
  27. ^ 【重要美術品】”. 島根県教育庁文化財課. 2022年7月27日閲覧。
  28. ^ 日御碕海底遺跡調査 (PDF) (2004年11月9日時点のアーカイブ

参考文献編集

  • 白井永二、土岐昌訓 編 『神社辞典』東京堂出版、1997年。ISBN 4-490-10474-X 
  • 宮地直一佐伯有義 監修 編 『神道大辞典(縮刷版)』(初版平凡社、昭和14年)臨川書店、1969。ISBN 4-653-013470 

関連図書編集

  • 安津素彦・梅田義彦編集兼監修者『神道辞典』神社新報社、1968年、49頁

関連項目編集

外部リンク編集