メインメニューを開く

日本から国外に譲渡された中古鉄道車両

日本から国外に譲渡された中古鉄道車両(にほんからこくがいにじょうとされたちゅうこてつどうしゃりょう)では、かつて日本国内で使用され、日本国外に譲渡された鉄道車両を紹介する。

概要編集

日本国内で使用した車両、いわゆる廃車車両を諸外国にて再利用しているケースである。(いわゆる「リユース」活用目的。)これは自動車に見られる傾向と同じである。

1977年のベトナム国鉄への国鉄DD11形ディーゼル機関車を皮切りに、機関車や気動車、客車では1993年にロシア国鉄(サハリン)へ譲渡したキハ58系気動車や、1997年にタイ国鉄へ譲渡した12系などの例が有名である。

電車の譲渡も行われており、例えばアルゼンチンへ1995年に元営団丸ノ内線500形と1999年に元名古屋市交通局東山線250形300形が譲渡され、インドネシアへは1999年に元都営三田線6000形電車、2004年にJR103系、2005年に東急8000系が譲渡されている。

通常は譲渡先で運用終了した後は現地で廃車解体されるが、アルゼンチンに譲渡された元営団500形4両のように日本に里帰りした車両も存在する[1][2]

譲渡先編集

 
インドネシアで運用されている元 営団地下鉄6000系電車

注記編集

 
小田急電鉄9000形電車
 
張り上げ屋根や顔などが小田急電鉄9000形電車の車体デザインと似ているが新車で輸出されたロカ線の電車

小田急電鉄9000形がアルゼンチンの企業に譲渡され、ロカ線で運用されていると誤解される事が存在するが、9000形の車体デザインと似ているものの全くの別物である日本製の電車(M/R.4000)が新車で輸出され、運用されているのであり、車体寸法・軌間や電気機器が全く異なる9000形の譲渡はされていない。

脚注編集

  1. ^ アルゼンチン共和国ブエノスアイレスで活躍した丸ノ内線旧500形車両が約20年ぶりに東京に里帰りします! - 東京メトロ プレスリリース(7月20日)”. 2016年7月20日閲覧。
  2. ^ “南米に渡った丸ノ内線「赤い電車」、日本に里帰り?メトロが交渉中 - withnews(ウィズニュース)”. withnews. http://withnews.jp/article/f0160301003qq000000000000000W02j0401qq000013068A 2016年6月2日閲覧。 
  3. ^ 2017年9月、906号が韓国ソウル特別市蘆原区の旧京春線廃線区間を活用した鉄道公園「京春線森道」に保存・展示のために無償譲渡された。
  4. ^ 実現せず苫小牧で解体。
  5. ^ 現在の動向は不明。
  6. ^ 203系に置き換えられ廃車・14系客車は全て解体。一部は事業用車両に改造。
  7. ^ 現在は運用に入っていない。
  8. ^ 「ビコールエクスプレス」に使用されたが休車となっている。
  9. ^ JR東日本より205系を購入し置き換えられる形で順次離脱し2016年に運行終了。
  10. ^ 2016年に運行終了。
  11. ^ 2015年より順次廃車、そのうち4両(771,734,584,752)は2016年7月に東京メトロへ返還。2019年現在は6両×10編成が現役。
  12. ^ 2018年より順次離脱、2019年度内に全ての車両が離脱すると報道された。
  13. ^ 現在は使用されていない模様。

関連項目編集