日本におけるカトリック教会

この項目では日本におけるカトリック教会(にっぽん、にほんにおけるカトリックきょうかい)について概説する。

目次

歴史編集

キリスト教カトリック)は、日本1549年イエズス会宣教師フランシスコ・ザビエルによって初めて伝えられ、キリシタンキリシタン大名が増加した。その後、江戸時代には禁教とされたが、一部の者は『隠れキリシタン』として、密かに信仰を受け継ぎ、幕末1865年長崎大浦天主堂での「カトリック信徒発見」と、1873年の明治政府による禁教令撤廃で、再び宣教が行われるようになった。

統計編集

2013年12月現在の集計[1]では、日本のカトリック教会の信者数は444,719人[2]。日本の人口比では約0.341%と社会的少数者だが、このうち長崎県長崎大司教区)においては、隠れキリシタンの子孫が多くいた歴史的経緯もあり、人口の4.293%と突出して多い。

また、日本国内には991のカトリック教会、819の修道院があり、これらが41の医療施設、612の社会福祉施設、847の教育施設(ミッションスクール、特別支援学校等)を運営する(2013年12月現在)[1]

教区概要編集

日本には16の教区(司教区)が置かれ、それぞれ司教が教区長を務める。このうち東京大阪長崎の3か所は大司教が教区長を務める大司教区となっており、同時に複数の教区を統括する教会管区となっている。またカトリック教会では、宗教法人法上の法人格を持つのは各司教区となっており、個々の教会は法人格を持たない。司教座の置かれる教会は「司教座聖堂カテドラル)」と呼ばれ、その所在する都市名が教区名となる。

各教区長を務める大司教や司教ならびに教区長を補佐する協働司教補佐司教は、カトリック新教会法に基づいて組織された日本カトリック司教協議会[3]に所属[4]し、日本国内での横の連携を図っている。

教区別詳細編集

各教区とそれぞれの司教座聖堂[5]、司教[5]、管轄都道府県[5]小教区[6]、信徒数[6]は次のとおり。

教会管区 教区名 司教座聖堂 司教 管轄都道府県 小教区数 信徒数
東京教会管区 東京大司教区 関口教会 ペトロ岡田武夫大司教
補佐司教: ヤコブ幸田和生
(名誉司教: パウロ森一弘
東京都 千葉県 73 95,877
札幌司教区 北一条教会 ベルナルド勝谷太治司教
(名誉司教: ペトロ地主敏夫)
北海道 57 17,932
仙台司教区 元寺小路教会 マルチノ平賀徹夫司教 青森県 岩手県 宮城県 福島県 53 10,944
新潟教区 新潟教会 タルチシオ菊地功司教 秋田県 山形県 新潟県 31 7,337
さいたま教区 浦和教会 (司教:空位)
(教区管理者: ペトロ岡田武夫東京大司教)
(名誉司教: マルセリーノ谷大二
埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県 52 21,007
横浜司教区 山手教会 ラファエル梅村昌弘司教 神奈川県 静岡県 山梨県 長野県 84 57,229
大阪教会管区 大阪大司教区 玉造教会 トマス・アクィナス前田万葉大司教
(名誉大司教: レオ池長潤
大阪府 和歌山県 兵庫県 81 54,297
名古屋教区 布池教会 ミカエル松浦悟郎司教
(名誉司教: アウグスチヌス野村純一)
愛知県 岐阜県 富山県 石川県 福井県 50 26,374
京都司教区 河原町教会 パウロ大塚喜直司教
(名誉司教: ライムンド田中健一
京都府 滋賀県 三重県 奈良県 54 18,638
広島司教区 幟町教会 アレキシオ白浜満司教 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県 41 20,469
高松司教区 桜町教会 使徒ヨハネ諏訪榮治郎司教 香川県 徳島県 愛媛県 高知県 26 5,027
長崎教会管区 長崎大司教区 浦上教会 ヨセフ髙見三明大司教 長崎県 71 64,218
福岡司教区 大名町教会 ドミニコ宮原良治司教 福岡県 佐賀県 熊本県 55 31,274
大分司教区 大分教会 パウロ浜口末男司教
(名誉司教: ペトロ平山高明
大分県 宮崎県 26 6,829
鹿児島司教区 ザビエル教会 パウロ郡山健次郎司教
(名誉司教: パウロ糸永真一)
鹿児島県 29 9,542
那覇教区 開南教会 ベラルド押川壽夫司教 沖縄県 13 5,684

教区の変遷編集

別途注釈ないものはカトリック中央協議会の記載にもとづく。

明治以前編集

  • 1846年弘化3年)5月1日 - 日本使徒座代理区の設立、パリ外国宣教会に委託される。
  • 1876年明治9年)5月22日[7] - 日本代理区を南緯代理区、北緯代理区の2つに分割。
  • 1888年(明治21年) - 南緯代理区より近畿、中国、四国の3地方を分離し、中部代理区を新設。
  • 1891年(明治24年)4月17日 - 北緯代理区から東北地方および北海道の函館地区を分離し、函館代理区を新設。6月15日、教階制ヒエラルキー)実施。北緯代理区は東京大司教区に、函館代理区は函館教区に、中部代理区は大阪教区に、南緯代理区は長崎教区にそれぞれ昇格。
  • 1904年(明治37年)1月27日 - 大阪教区より四国4県を分離し、四国使徒座知牧区を新設、知牧館は徳島に設置。

大正・昭和(戦前)編集

  • 1912年大正元年)8月13日 - 函館教区より新潟、山形、秋田の3県を、また東京教区より富山、石川、福井の3県を分離し、新潟知牧区を新設。
  • 1915年(大正4年)2月12日 - 函館教区より函館地区を除く北海道全土および樺太(サハリン)南部を分離し、札幌知牧区を新設、ドイツのフランシスコ会に委託。
  • 1922年(大正11年)2月18日 - 東京教区より愛知、岐阜の2県が、また新潟知牧区より富山、石川、福井の3県が分離し、名古屋知牧区を新設。
  • 1923年(大正12年)5月4日 - 大阪教区より中国5県を分離し、広島代理区を新設、ドイツのイエズス会に委託される。代理区長館は岡山に置かれた。
  • 1927年昭和2年)
    • 3月18日 - 長崎教区より鹿児島、沖縄の両県を分離し、鹿児島知牧区を新設、カナダのフランシスコ会に委託。
    • 7月16日 - 長崎教区より福岡、佐賀、熊本、宮崎、大分の5県を分離し、福岡教区を新設、パリ外国宣教会に委託。
  • 1928年(昭和3年)3月29日 - 福岡教区は宮崎、大分両県をサレジオ修道会に委託。
  • 1929年(昭和4年)3月30日 - 札幌知牧区は札幌代理区に昇格。
  • 1932年(昭和7年)7月14日 - 札幌代理区から樺太南部を分離し、樺太知牧区を新設。
  • 1935年(昭和10年)1月28日 - 福岡教区より宮崎、大分両県を分離し、宮崎知牧区を新設。
  • 1936年(昭和11年)3月9日 - 函館教区は司教座を仙台に移転し、仙台教区と改称。
  • 1937年(昭和12年)
    • 6月17日 - 大阪教区より奈良、三重、滋賀の1府3県を分離し、京都知牧区を新設、米国のメリノール宣教会に委託。
    • 11月9日 - 東京教区のパリ外国宣教会への委託が終了、また同教区より東京、千葉を除く8県を分離し、横浜教区を新設。
  • 1939年(昭和14年)
    • - 広島代理区長館が広島に移転。
    • 1月4日 - 横浜教区より埼玉、茨城、栃木、群馬の4県を分離し、浦和知牧区を新設。
  • 1940年(昭和15年) - 広島代理区は岡山、鳥取両県での宣教司牧をイエズス会から淳心会に移管(〜1997年)。

昭和(戦後)以降編集

  • 1947年(昭和22年)1月13日 - 鹿児島知牧区よりトカラ列島、奄美列島および沖縄県を分離し、教皇庁直轄の琉球列島使徒座管理区として一時的にグアム代理区(現在のアガナ教区)に委託され、米国、カプチン・フランシスコ修道会より宣教師を派遣。
  • 1949年(昭和24年)
    • 四国知牧館が高松に移転。
    • 1月21日 - 琉球管理区はグアム代理区を離脱し、カプチン会に委託。
  • 1951年(昭和26年)7月12日 - 京都知牧区は京都教区に昇格。
  • 1952年(昭和27年)
    • 2月28日 - 琉球管理区より、奄美群島を除く南西諸島の北部8島を鹿児島知牧区へ移管。
    • 12月11日 - 仙台教区に属していた函館地区を移管し、札幌代理区は併せて札幌教区に昇格。
  • 1955年(昭和30年)
    • 2月25日 - 鹿児島知牧区は鹿児島教区に昇格。
    • 5月8日 - 琉球管理区より奄美群島を鹿児島教区に移管。
  • 1957年(昭和32年)12月16日 - 浦和知牧区は浦和教区に昇格。
  • 1959年(昭和34年)
    • 5月14日 - 長崎教区は長崎大司教区に昇格。
    • 6月30日 - 広島代理区は広島教区に昇格。
  • 1961年(昭和35年)12月22日 - 宮崎知牧区は大分教区に昇格。
  • 1962年(昭和37年)4月16日 - 新潟知牧区は新潟教区に、名古屋知牧区は名古屋教区に昇格。
  • 1963年(昭和38年)9月13日 - 四国知牧区は高松教区に昇格。
  • 1969年(昭和44年)6月24日 - 大阪教区は大阪大司教区に昇格。
  • 1972年(昭和47年)12月18日 - 琉球管理区は那覇教区に昇格。
  • 2003年(平成15年)3月31日 - 浦和教区はさいたま教区[8]に改称。

日本で活動する主な修道会編集

日本国内には891の修道会・修道院があるが、その中の一部を示す。

男子修道会編集

など多数

女子修道会編集

など多数

著名人の信徒編集

脚注編集

  1. ^ a b http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/data/st13/statistics2013.pdf カトリック教会現勢2013年]
  2. ^ なお、聖職者・修道者・神学生を除く「信徒数」は437,267人。
  3. ^ 「カトリック新教会法」第447条〜第459条に定められたカトリック教会の常設組織として、日本におけるカトリック教会の全国的な共通の関心事について協議し、時代に適合した活動を促進することを目的として設置された組織。日本のすべての教区司教、協働司教、補佐司教、およびローマ使徒座または司教協議会より委託された特別の任務をもつ名義司教で構成される。カトリック中央協議会はこの運営・活動のためのよりよい奉仕をはかることを目的とした、いわば「実働部隊」である。日本カトリック司教協議会
  4. ^ 但し、引退した司教は所属を辞退できる。2013年現在、辞退が慣例化しているため、所属司教はすべて現役の司教である。[要出典]
  5. ^ a b c カトリック中央協議会ウェブサイト
  6. ^ a b カトリック教会・情報ハンドブック 2010 ISBN 978-4-87750-541-7
  7. ^ 一説に6月3日
  8. ^ カトリック教会では古代より司教座聖堂のある都市名をもって教区名とする習慣があり、以前の浦和教区は浦和市の近隣都市との合併による政令指定都市昇格、さいたま市への名称変更にともなって、2003年3月31日付でさいたま教区に名称が変更された。
  9. ^ /news_entertainment/TKY200709220107.html アグネス・チャンさん、マザー・テレサの本を出版
  10. ^ チャリティーコンサート(事務所ページでカトリック調布教会におけるボランティア活動を紹介)
  11. ^ 上智大がザビエル誕生500年記念行事(鎌倉雪ノ下教会所属の同氏に言及)
  12. ^ 上智大学 小林陽太郎氏に名誉博士号 次代担う"人間力を" 2009年7月11日(キリスト新聞)
  13. ^ 三遊亭らん丈公式ホームページ(カトリック信徒と言及あり)
  14. ^ 下柳剛のシモネタ発見 メジャーにもいない?ローマ法王に頭を撫でてもらったプロ野球選手
  15. ^ 海上寮の歴史 - 海上寮診療所(ロザリオの聖母会)
  16. ^ 蓮田太二先生が始められた「赤ちゃんポスト」がテレビドラマに!(同氏がカトリック医師会会員であることに言及)
  17. ^ ツレがうつになりまして(カトリック新聞)
  18. ^ 私の薦めるこの一冊 マルガリータ(著者紹介のなかでカトリックと言及あり)
  19. ^ 【沖縄の声】4月6日海自鹿屋航空基地の御岳山に墜落、新選組近藤勇149回忌[桜H28/4/9] - YouTube”. 日本文化チャンネル桜沖縄支局「沖縄の声」 - YouTube (2016年4月8日). 2016年4月12日閲覧。 動画: 23分24秒-26秒の自身の発言より。
  20. ^ 出会い 俳優 森田順平(東京教区ニュース 1986年3月)

関連項目編集

外部リンク編集