日本のロック

音楽のジャンル
音楽のジャンル > 一覧 > ロック (音楽) > 日本のロック

日本のロック(にほんのロック、にっぽんのロック)では、日本におけるロックについて解説する。ロックの範囲には様々な定義が考えられるが、ここではポップ・ミュージックなども含めた広い意味でのロックを指すこととする。

呼称編集

1980年代後半にJ-POPという言葉が生まれ、その派生語としてJ-ROCKという言葉が使われたとするネット記事は[1]、誤りで"J-ROCK"という言葉は、カルメン・マキの1979年のアルバム『ナイト・ストーカー』に収録された曲のタイトルに既に使われている[2]。(詳細は後述)。

1990年代に、マーケット用語としてJ-ROCKという名称を使用していたが、J-POPとは異なり、日本では浸透しなかった。本来の「日本のロックミュージック」という意味合いとは異なる。CDレンタル業界では、J-ROCKというジャンルが使用されることもある。また、邦楽ロック(邦ロック)という呼称が用いられることもある[3]

歴史編集

ロカビリー・ブーム編集

第二次世界大戦以後、1945年から1950年代前半にかけて、進駐軍を通じてアメリカのポピュラー音楽が日本に持ち込まれた[4]。1955年にアメリカで大ヒットしたビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツの「ロック・アラウンド・ザ・クロック」は同年にはダーク・ダックス江利チエミによってそれぞれ別の日本語訳詞によってカバーされ、日本語での最初のロックンロール・レコードとも言われる[5]。1956年のエルビス・プレスリーの「ハートブレイク・ホテル」は小坂一也とワゴン・マスターズによってカバーされ、その年のNHK紅白歌合戦に出場するまでになった[5]。1958年にはミッキー・カーチス平尾昌章山下敬二郎が「ロカビリー三人男」として売り出され、1958年2月には第1回日劇ウエスタンカーニバルが開催されるなどロカビリー人気は本格化していった[4]。しかし1959年にはカバー曲よりもオリジナル曲がヒットするようになり、また楽曲の歌謡曲化によりロカビリー・ブームは沈静化していった[4]。 しかし、ロカビリー風は一部で残り、神奈川県横浜市で1972年結成キャロル (バンド)や、1979年結成横浜銀蝿は1980年代のバイクブームの波をうけ活躍した。

テレビの普及とエレキ・ブーム編集

1959年6月にはフジテレビで音楽番組「ザ・ヒットパレード」の放送が開始される[4]。1960年にニール・セダカの「恋の片道切符」をロカビリー三人男がカバーしたのを皮切りに、1960年代に入るとアメリカン・ドリームを歌うアメリカの翻訳ティーン・ポップが隆盛となった[4]。1962年にはチャビー・チェッカーのカバーした「ザ・ツイスト」からツイストがブームとなった[4]。1963年には坂本九の「上を向いて歩こう」が「SUKIYAKI」のタイトルで全米1位を獲得した[4]

1964年には藤本好一ブルー・ジーンズ)がカバーしたアストロノウツの「太陽の彼方に」や、橋幸夫の和製サーフィン「恋をするなら」がヒットし、サーフィン・ブームとなった[4]。「パイプライン」「キャラバン」といったベンチャーズの演奏した曲もヒットし、彼らを真似たエレキギターを使ったインスト・バンドが日本にも多数誕生した[4]。代表的なバンドとしては寺内タケシとブルージーンズ加山雄三ザ・ランチャーズなどがある[4]

1964年に開催の東京オリンピックに合わせて、新しいメディアであるテレビが急速に普及した[4]。1965年1月にはアストロノウツとベンチャーズの来日合同公演が行われ、エレキ・ブームは大いに盛り上がりをみせた[6]。1965年6月よりフジテレビで「勝ち抜きエレキ合戦」の放送が開始され、ロックを担う若者の育成に一役を買った[4]。1965年には加山雄三主演の映画『エレキの若大将』が公開された[7]

フォークソング・ブーム編集

1950年代後半から1960年代前半にかけて、アメリカでは伝統的なフォークソングに社会性を盛り込んだフォークソングのリバイバル運動が活発化していった[8]。代表的なシンガーとしてはピート・シーガージョーン・バエズボブ・ディランなどがおり、若者たちの熱烈な支持を受け、ブラザース・フォアなどのカレッジ・フォークのグループが誕生した[8]。このムーブメントは日本にも影響を与え、都会の大学生を中心にモダン・フォークが広まっていった[8]。1966年のマイク真木の「バラが咲いた」は和製フォークとして初の大ヒット曲となり、以降日本のフォークシンガーはカバー曲でなくオリジナル曲を積極的に歌うようになっていった[8]。1960年代後半にはより日本という風土に根ざしたフォークを歌う五つの赤い風船高石友也岡林信康といった人やグループが登場した[8]。 1969年から1971年にかけて3回開催された日本初の野外フェスティバル「全日本フォークジャンボリー」は中津川フォークジャンボリーという名でも良く知られている。 1971年から、大阪の天王寺公園野外音楽堂で5月のゴールデンウィークに大規模な野外コンサート「春一番」が開催された[9]

グループサウンズ・ブーム編集

1966年6月29日、ビートルズが来日し、社会現象として語られるほどの熱狂ぶりを示し、彼らを代表とするリバプールサウンドに触発されたグループ・サウンズのブームが到来した[4]。初期のブームを牽引したのはザ・スパイダースブルー・コメッツであり、ビートルズ来日前から活動していたスパイダースは日本におけるグループサウンズの原型を確立し、ブルー・コメッツの「青い瞳」はリバプールサウンドとはまた違う独自のサウンドを示した[4]。最盛期の1967年から1968年にかけて、特に人気のあったのが沢田研二を擁するザ・タイガースと、萩原健一を擁するザ・テンプターズで、タイガースは「シーサイド・バウンド」「モナリザの微笑」「君だけに愛を」「シー・シー・シー」など、テンプターズは「神様お願い!」「エメラルドの伝説」などが大きくヒットした[4]。他にもザ・ゴールデン・カップスザ・カーナビーツオックスザ・ジャガーズヴィレッジ・シンガーズザ・ワイルドワンズザ・モップスといった多数のバンドが活躍した[10][4]

「日本のロック」の誕生編集

1960年代末、グループ・サウンズが商業化していくの反して、反体制的なアングラな文化から生まれたフォークソングが注目されるようになった[4]1968年、アングラ・フォーク・シーンから登場したザ・フォーク・クルセダーズの「帰って来たヨッパライ」が大きくヒットし、ジャックスのアルバム『ジャックスの世界』が発売された[4]。ジャックスのアルバムは当時はほとんど売れず、1970年代後半に再評価された[11]

1970年には細野晴臣大滝詠一松本隆鈴木茂の4人によるはっぴいえんどがデビュー、アルバム『はっぴいえんど』と『風街ろまん』は日本語のロックを確立させた名盤として評価されている[4][12]

またこの時期に音楽雑誌『ニューミュージック・マガジン』で「ロックは日本語で歌うべきか、英語で歌うべきか」という日本語ロック論争が起こる[13]

2012年ぴあ発行『R&Rぴあ』での「1972-2012 日本のロック40年史」では、その始まりをキャロルのデビューに置いている[14]

バンド:はちみつぱいブルース・クリエイションフライド・エッグフラワー・トラベリン・バンド村八分頭脳警察サディスティック・ミカ・バンドファニー・カンパニーなど。浅川マキ遠藤賢司高田渡加川良三上寛あがた森魚友部正人吉田拓郎井上陽水泉谷しげるなど。

アングラ・フォークに呼応するかのように、日本のロックもよりアート志向のニュー・ロックの時代を迎えた。70年代のニューロックのバンドには沢田研二、萩原健一らが結成したPYGや、パワーハウスブルース・クリエイションなどがあった。また、70年代のハードロック・バンドとしてはコンディション・グリーンBOWWOWなどが活動した。クリエイションやCharらは、ジェフ・ベック・スタイルのロックを演奏した。

1970年代編集

1980年代編集

1990年代編集

2000年代編集

2010年代編集

J-ROCK編集

2005年に刊行された烏賀陽弘道の著書『Jポップの心象風景』により、「J-POP」の発祥はJ-WAVEが定説になったが、これ以前に1999年刊行の『ロック・クロニクル・ジャパンVol.2』の中で、評論家・大須賀猛が「J-POP」の言葉の起源を論じている[2]。大須賀猛は「J-ROCK」が先にあった上での「J-POP」の発祥であろうと考え、1979年に「J-Rock」という曲を作ったカルメン・マキに取材を行った。タイトルに「J-Rock」と付けた理由について、カルメン・マキは「アルバムは全曲ロサンゼルス録音で、全曲英語の企画だったことから、日本で生まれ育って日本語で表現してる歌い手なんだってことは刻印しておきたかった」と明確な意図があって「J-Rock」と命名したと話した[2]。この評論は3頁と短く、後半はプロデューサー論になるため、「J-POP」の起源を論じた記述は短いが、大須賀は1986年に浜田省吾がアルバム『J.BOY』を発表した辺りから、「J」という記号が軽みを帯び始め、「J-POP」より先にあった「J-ROCK」という、ロックと呼ぶには軽すぎ、ポップスと言えるほど娯しくはなく、歌謡曲のヘリテイジは受け継いでいない、ロックという言葉にも遠慮したような、ちょっと恥ずかしいネーミングがあり、外資系CDショップが「J-POP」という言葉を作ったのではないかと推察している[2]。つまり、外資系のCDショップの商品の主力は洋楽のため、ジャンル名もアーティストも横文字。日本の音楽だけタテ文字ではかっこ悪く、それ等を分けるために「J-POP」という言葉を作った。カルメン・マキや浜田省吾の立ち位置が日本の側にあり、アンビバレントな思いでアイロニカルな意味を込めながら用いた「J」という記号は、英語圏の側からごくあっさり、無味無臭な記号として採用された、等と論じている[2]。大須賀はこの時点では「J-POP」が「J-WAVE」の発祥とは全く気付いていなかった[2]

タイトルに「J-ROCK」、または「Jロック」が使われた書籍としては、1989年『J-ROCK EARLY DAYS STRONG SELECTION』(キティエンタープライズ)、1990年『日本ロック大系 : 1957-1979 Complete history of J-rock』(白夜書房)、1993年『ザ・ライブ! : Jロック・ヒット・コレクション』(ケイ・エム・ピー)、1994年『最新!!Jロック・リクエスト』(ドレミ楽譜出版社)、1996年『J-ROCKベスト123 1968-1996』(講談社)、1998年『J-rock'sバイブル』(ジェイロックマガジン社)など、1990年代以降は多数刊行されている。

日本のロック・バンド編集

インディーズの詳細については、インディーズの項に掲載されているので、そちらを参照。

日本のロックコンサート・ロックフェスティバル編集

日本のロック雑誌編集

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ J-ROCK”. OKMusic. 2022年5月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 「"J-POP"という名の器に何を流し込むか……プロデューサーの時代~J-POPの時代2」 『ロック・クロニクル・ジャパンVol.2』音楽出版社、1999年、43–45頁。 
  3. ^ 【評判】邦ロックのおすすめバンド30選!2022年に聴くべき若手や人気邦楽バンドを紹介 2022年5月”. ライブUtaTen (2022年1月18日). 2022年5月25日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 篠原章. “日本ロック通史 (1956 年-1990 年代)WEB版”. 批評.COM. 2021年11月1日閲覧。
  5. ^ a b 川崎 2015, p. 174-177.
  6. ^ 佐藤剛 (2015年1月10日). “エレキ・ブームが日本で爆発したアストロノーツとベンチャーズの合同公演”. TAP the POP. 2021年10月28日閲覧。
  7. ^ 加山雄三、内田裕也さんしのび「また生まれ変わってロックやれや」 「若大将」シリーズで共演”. ORICON NEWS (2019年3月18日). 2022年10月12日閲覧。
  8. ^ a b c d e 名盤ガイド 2001, p. 6.
  9. ^ 福岡風太と喫茶〈ディラン〉の時代[リンク切れ] - 井口啓子の西日本ロック紀行 No. 147 OOPS! コラム 2007年5月2日
  10. ^ AllMusic: The Mops”. 2020年10月22日閲覧。
  11. ^ 川崎 2015, p. 68-69.
  12. ^ 川崎 2015, p. 40-41.
  13. ^ 日本語でロックは実現できるのか?/ みの『戦いの音楽史』”. ダ・ヴィンチWeb (2022年4月20日). 2022年10月12日閲覧。
  14. ^ 「1972-2012 日本のロック40年史 文・大山貴弘」 『R&Rぴあ』 2012年8月30日発行、ぴあ、70–77頁。ISBN 978-4-8356-2124-1 
  15. ^ 『日本人とリズム感 -「拍」をめぐる日本文化論』著者樋口桂子/青土社発売日:2017-11-24
  16. ^ この20年でフェスはいかにして「国民的娯楽」に変貌したのか(レジー) @gendai_biz”. 現代ビジネス. 2020年4月7日閲覧。
  17. ^ 曽我美なつめ (2022年6月10日). “supercellからwowaka&ハチ、DECO*27、じん、バルーン、稲葉曇まで VOCAROCKの変遷と再興するボカロシーンでの存在感”. Real Sound. 2022年10月11日閲覧。

参考文献編集

  • 篠原章 『J-ROCKベスト123 1968-1996』講談社〈講談社文庫〉、1996年。ISBN 4062632764 
  • 『Jロック&ポップスCD名盤ガイド』立風書房、2001年。ISBN 4651009417 
  • 川﨑大助 『日本のロック名盤ベスト100』講談社〈講談社現代新書〉、2015年。ISBN 9784062883290 

関連項目編集

外部リンク編集