メインメニューを開く

日本アーマードバトル・リーグ(にほんアーマードバトル・リーグ、:Japan Armored Battle League)は、2013年日本で初めてアーマードバトル西洋甲冑を装着しての格闘)の公式戦を行うために結成された団体。略称はJABL

目次

概要編集

「STEEL!」[1][2][3]というトーナメントを不定期で開催している[4][5]ポールウェポンロングソードソードといった競技用のツールを使用するが、これらには、日本の法律とリーグの安全規格にのっとり、素材や重量、エッジの丸みなど、厳格な規準が課せられている。

IMCF(International Medieval Combat Federation)英語版が主催する国際大会[6]やHMBが主催するバトル・オブ・ザ・ネーションズへの参加も表明している[7]

2016年よりスポンサー制度を取り入れたが、漫画『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』がスポンサー契約を交わしている[8]

構成チーム編集

  • ドラコーネズ (Dracones)
  • サングリエ (Sanglier)
  • 黒鋼衆(くろがねしゅう)

以上の3チームから構成されている。

運営会社はキャッスル・ティンタジェル(ティンタジェル株式会社)[9] であり、キャッスル・ティンタジェルをホームグランドとして練習を行っている。その一方、黒鋼衆では侍ファイターの育成として、 和甲冑を着けて戦う練習も合わせて行っている。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集