日本オストミー協会

公益社団法人日本オストミー協会(にほんおすとみーきょうかい、英称: Japan Ostomy Association Inc.)は、人工肛門人工膀胱の講演会・講習会、オストメイトの社会適応訓練事業を通して、人工肛門・人工膀胱を必要とする人たちを支援するために活動している公益法人。以前は厚生労働省所管であったが、公益法人制度改革に伴い2011年4月1日公益社団法人へ移行した。

公益社団法人日本オストミー協会
英称: Japan Ostomy Association Inc.
前身 互療会
後継 日本オストミー協会
設立 1969年7月1日
種類 公益社団法人
法人番号 8011805002073 ウィキデータを編集
法的地位 公益法人認定法
目的 オストメイトの社会復帰支援
本部 東京都葛飾区東新小岩1-1-1
トラスト新小岩901
貢献地域 日本の旗 日本
会長 谷口 良雄[1][2]
ウェブサイト www.joa-net.org
テンプレートを表示

沿革編集

1969年7月1日
オストメイト団体「互療会」設立
1976年
国際オストミー協会 (IOA) に加盟
1986年
都道府県・指定都市より委託の「オストメイト社会適応訓練事業」開始
1989年1月27日
社団法人化(厚生省所管)、日本オストミー協会に名称変更
2003年
中央障害者社会参加推進協議会に加盟
2004年
日本身体障害者団体連合会に加盟
2011年4月1日
公益社団法人に移行

事業編集

  • 医療講演会、講習会、相談会、体験交流会、補装具展示会、研修旅行、全国大会
  • 電話相談、相談支援活動、会報の発行、ホームページ公開、刊行物の発刊
  • オストミー関連情報の収集、各種調査研究、オストメイト生活実態調査

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 協会プロフィール”. 公益社団法人 日本オストミー協会. 2021年1月18日閲覧。
  2. ^ 第29回全国大会(2017年6月11~12日)”. 公益社団法人 日本オストミー協会 大阪府支部. 2021年1月18日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集