メインメニューを開く

一般社団法人日本オンラインゲーム協会(にっぽんオンラインゲームきょうかい、: Japan Online Game Association)は、主にオンラインゲームの開発・運営を行なう企業により2007年に設立された業界団体。略称はJOGA

日本オンラインゲーム協会
Japan Online Game Association
団体種類 一般社団法人
設立 2007年
所在地 東京都渋谷区渋谷1丁目8番3号
TOC第一ビル6階
北緯35度39分37.06秒東経139度42分20.15秒座標: 北緯35度39分37.06秒 東経139度42分20.15秒
法人番号 7011005002321
起源 オンラインゲームフォーラム
主要人物 共同代表理事 植田修平、越智政人
活動地域 日本の旗 日本
主眼 オンラインゲーム産業およびIT産業の振興
活動内容 オンラインゲームに関する調査と研究、セミナー、シンポジウムの実施 他
会員数 正会員 49
準会員 21
賛助会員 3
特別準会員 3
(2019年5月27日現在)
ウェブサイト https://japanonlinegame.org/
設立当初は有限責任中間法人、2008年に一般社団法人に変更。
テンプレートを表示

概要編集

経済産業省関東経済産業局によって運営されていたオンラインゲーム研究会とその分科会であるオンラインゲームフォーラム(OGF)を前身とする有限責任中間法人として2007年に設立[1]され、2008年に中間法人法の廃止に伴い一般社団法人となった。

前身となったオンラインゲーム研究会・OGFは2004年から、オンラインゲーム市場統計調査、オンラインゲームガイドラインの策定を行っており、JOGAでもこの活動を引き継いでいる。

2012年8月15日にコンプガチャ問題に発するガチャに関するガイドラインをソーシャルゲーム6社連絡協議会(後のソーシャルゲーム協会)に先んじる形で公開した[2]

活動内容編集

  • オンラインゲーム復興のための啓発および認知向上活動(調査、支援、相互交流など)

分科会編集

  • 不正アクセス分科会
  • ビジネスアライアンス分科会
    • オンラインゲームからの派生ビジネス、異業種ビジネスとのマッチングなど
  • マーケティング分科会
  • ガイドライン分科会
    • 運用に関するガイドライン策定など
  • 各種セミナー
    • オンラインゲームに関わる法令、海外市場の動向などの各種セミナー

参加企業編集

脚注編集

外部リンク編集