メインメニューを開く

日本グランプリシリーズ

日本グランプリシリーズ(にっぽんグランプリシリーズ または にほんグランプリシリーズ)とは、日本陸上競技連盟 (JAAF) が後援し、日本全国で開催される陸上競技トラック&フィールド)の競技会の総称[1]

概要編集

2017年までは全国で開催される主要な4-6競技会を「日本グランプリシリーズ」と位置づけ、それぞれが各種目における主要国際大会(世界陸上夏季五輪等)の代表選考会と定めていた。

2018年度から大きく様変わりし、日本各地(2018年は13都市)で開催される陸上競技大会について、JAAFが各大会ごとに記録や順位により算出される「シリーズポイント」を付与し、ポイントが最も高かった男女各1人の選手を「シリーズチャンピオン」として表彰するもの[1]。シリーズチャンピオンには強化費および翌シリーズの招待選手の権利などが与えられることになっており、各競技のトップアスリートが出場する。大会には「グランプリプレミア」(4競技会)と「グランプリ」(9競技会)の2種類があり、それぞれの種別で獲得したポイントをもって優劣を比較する。対象種目は男女合わせて38種目に上るが、大会ごとにポイント対象種目が割り当てられており(「グランプリプレミア」は各競技1大会ずつ、「グランプリ」は各競技2-4大会だが日本陸上競技選手権大会で代替する種目あり)、かつ「グランプリ」のポイントは個人最高ポイントを獲得した大会の成績をもって比較するため(後述)、各選手は必ずしも全ての大会に出場する必要は無い。

シリーズポイント編集

日本グランプリシリーズの「シリーズポイント」は、大会ごとに以下の3要素に基づくポイントの合計からなる「パフォーマンスポイント」と、各競技会ごとのパフォーマンスポイント最高得点者に与えられる「ミーティングチャンピオンポイント」の合計値を用いる[2]

  • パフォーマンスポイントの要素
    • 記録ポイント:国際陸上競技連盟が定めたIAAF Scoring Tablesをもとに記録をポイント化したもの
    • 順位ポイント:競技会において、外国籍選手を除いた最終順位ごとに付与されるポイント
    • 特別ポイント:日本記録(新記録・タイ記録)を樹立した際に付与されるポイント

「グランプリプレミア」で獲得したポイントを「グランプリプレミアポイント」、「グランプリ」で獲得したポイントの内、最高点の1大会分について「グランプリポイント」とし、グランプリプレミアポイントとグランプリポイントの合計をシリーズポイントとして比較し、シリーズポイントが最も高い男女各1名を「シリーズチャンピオン」として表彰する。また、各種目ごとにシリーズポイントが最も高い1名を「種目別チャンピオン」として表彰する。

大会一覧編集

2019年 日本グランプリシリーズ一覧 [3]
カテゴリ 大会名 会場 日程 ミーティングチャンピオン
プレミア 東京大会(TOKYO Combined Events Meet 駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場 4月20日・21日
神戸大会(兵庫リレーカーニバル 神戸総合運動公園ユニバー記念競技場 4月21日
広島大会(織田幹雄記念国際陸上競技大会 広島広域公園陸上競技場 4月27日・28日
静岡大会(静岡国際陸上競技大会 小笠山総合運動公園 エコパスタジアム 5月3日
グランプリ 熊本大会(金栗記念選抜陸上中長距離大会 えがお健康スタジアム 4月14日
出雲大会(吉岡隆徳記念出雲陸上競技大会 島根県立浜山公園陸上競技場 4月20日・21日
延岡大会(ゴールデンゲームズinのべおか 延岡市西階総合運動公園陸上競技場 5月4日
水戸大会(水戸招待陸上 ケーズデンキスタジアム水戸 5月5日
大阪大会(木南道孝記念陸上競技大会 ヤンマースタジアム長居 5月6日
鳥取大会(布勢スプリント 鳥取県立布勢総合運動公園陸上競技場 6月2日
札幌大会(南部忠平記念陸上競技大会 札幌厚別公園陸上競技場 7月7日
新潟大会(Denka Athletics Challenge Cup デンカビッグスワンスタジアム 10月19日
山口大会(田島直人記念陸上競技大会 維新みらいふスタジアム 10月20日
北九州大会(北九州陸上カーニバル 北九州市立本城陸上競技場 10月26日・27日

年度別大会一覧(2018年まで)編集

  • 2009年 GP1 和歌山, GP2 兵庫, GP3 織田記念, GP4 静岡国際, GP5 南部記念, GP6 群馬
  • 2010年 GP1 和歌山, GP2 兵庫, GP3 織田記念, GP4 静岡国際, GP5 南部記念
  • 2011年 GP1 和歌山, GP2 兵庫, GP3 織田記念, GP4 静岡国際
  • 2012年 GP1 兵庫, GP2 東京, GP3 織田記念, GP4 静岡国際
  • 2013年, 2014年 GP1 兵庫, GP2 和歌山, GP3 織田記念, GP4 静岡国際
  • 2015年 GP1 織田記念, GP2 和歌山, GP3 兵庫, GP4 静岡国際
  • 2016年 GP1 兵庫, GP2 織田記念, GP3 和歌山, GP4 静岡国際[4]
  • 2017年 GP1 TOKYO Combined, GP2 兵庫, GP3 織田記念, GP4 静岡国際[5]
  • 2018年 GPP1 TOKYO Combined, GPP2 兵庫, GPP3 織田記念, GPP4 静岡国際, GP1 金栗記念, GP2 吉岡記念, GP3 水戸, GP4 のべおか, GP5 木南記念, GP6 布勢, GP7 田島記念, GP8 南部記念, GP9 北九州[6]
かつて日本グランプリシリーズと位置づけられていた大会
  • 日本選抜陸上和歌山大会
2006年より2016年まで、4月下旬に紀三井寺運動公園陸上競技場(和歌山市)で行われていた。
2017年から東京で開催される「TOKYO Combined Events Meet」に移行[7]
毎年5月上旬に水戸市立競技場で行われていた。スタジアム改修のために2004年をもって終了。
毎年5月上旬(以前は7月上旬)に石川県西部緑地公園陸上競技場(石川県金沢市)で行われていた。
毎年10月中旬に敷島公園陸上競技場(群馬県前橋市)で行われる。現在も開催中。

出典編集

  1. ^ a b 日本グランプリシリーズとは”. 日本陸上競技連盟. 2018年6月16日閲覧。
  2. ^ ポイント制”. 日本陸上競技連盟. 2018年6月16日閲覧。
  3. ^ 2019 日本グランプリシリーズ 大会情報 (PDF) 日本陸上競技連盟、2019年4月14日閲覧。
  4. ^ 2016 日本グランプリシリーズ 大会情報”. 日本陸上競技連盟. 2018年6月16日閲覧。
  5. ^ 2017 日本グランプリシリーズ 大会情報”. 日本陸上競技連盟. 2018年6月16日閲覧。
  6. ^ 2018 日本グランプリシリーズ 大会情報 (PDF) 日本陸上競技連盟、2018年6月16日閲覧。
  7. ^ TOKYO Combined Events Meet 2017 兼 第16回世界陸上競技選手権大会(2017/ロンドン)代表選手選考競技会”. 日本陸上競技連盟. 2018年6月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集