メインメニューを開く

日本コムシス(にっぽん・コムシス 英語名:Nippon COMSYS Corporation)は、持株会社コムシスホールディングスの主要子会社である。 主にNTT東日本NTT西日本NTTコミュニケーションズNTTドコモグループ等の電気通信事業者の電話通信の工事を請け負う大手の情報通信建設会社である。

日本コムシス株式会社
Nippon COMSYS Corporation
Comsys.jpg
日本コムシス本社
種類 株式会社
市場情報
東証1部 1947
2003年9月22日上場廃止
大証1部(廃止) 1947
2003年9月22日上場廃止
略称 COMSYS
本社所在地 日本の旗 日本
141-8647
東京都品川区東五反田2-17-1
設立 1947年(昭和22年)2月18日(株式会社石井商店)(注1)
業種 建設業
法人番号 4010701022825 ウィキデータを編集
代表者 代表取締役社長 加賀谷 卓
資本金 100億円
売上高 連結 2,203億円/単独 1,916億円 (2017年3月期)
従業員数 連結 5,164名/単独 2,901名(2017年3月末現在)
決算期 3月31日
主要株主 コムシスホールディングス
主要子会社 コムシスモバイル、コムシスエンジニアリング株式会社、コムシスアドバンス株式会社、コムシスウィングス株式会社、コムシスイーテック株式会社、コムシスネット株式会社、コムシステクノ株式会社、コムシス通産株式会社、株式会社大栄製作所、コムシス東北テクノ株式会社、コムシス関西エンジニアリング株式会社、コムシス九州エンジニアリング株式会社
外部リンク http://www.comsys.co.jp/
特記事項:注1:1978年8月30日に「日本通信建設株式会社」に商号変更。1979年1月1日に株式額面変更目的で(旧)「日本通信建設株式会社」(1951年12月20日設立)を吸収合併し事業を継承。
テンプレートを表示

事業所編集

沿革編集

  • 1951年 - 「日本通信建設株式会社」(初代)設立。
  • 1952年 - 線路・機械・伝送無線の総合1級業者として日本電信電話公社(現・日本電信電話株式会社)からの認定を受ける。
  • 1953年 - 東京都・愛知県大阪府の3大都市を結ぶ「マイクロ回線の無線中継」工事を実施。
  • 1963年 - シールド工事第1号受注
  • 1970年 - 衛星通信地球局工事受注
  • 1979年 - 2代目の「日本通信建設株式会社」(1978年8月30日に株式会社石井商店から商号変更)が初代の日本通信建設株式会社を吸収合併(株式額面変更目的)
  • 1982年 - 日本初光ファイバーケーブル工事受注
  • 1988年 - 第1次CI運動の「CAN3300運動」を行う
  • 1990年 - 社名を現在の日本コムシス株式会社に改める
  • 1991年 - 日本電信電話株式会社が新たに認定した「通信設備総合工事」認定請ける
  • 1992年 - クウェート湾岸戦争復興からの緊急プロジェクトに日本企業から初めて受注する
  • 1999年 - 第2次CI運動の「コムシス・イノベーション」を行う
  • 2000年 - 東海大学と共同で「転動型制振装置」を開発。また光ファイバー敷設の新工法「スィーコム」開発
  • 2002年 - IT事業本部設立。IP(インターネット・プロトコル)の事業強化
  • 2003年 - 三和エレック、東日本システム建設、日本コムシスの3社が株式移転し持株会社コムシスホールディングス株式会社」を設立。東証1部・大証1部上場廃止。
  • 2003年 - コムシスシェアードサービス(株)を設立し、共通業務をアウトソーシング
  • 2004年 - 全社でISMS認証受ける
  • 2005年 - 製造業カイゼンを取り入れた「コムシス式カイゼン」を3ヶ所のTS(テクノステーション:工事事務所)で開始する
  • 2005年 - 企業文化変革活動の「VALUE2010」を始める
  • 2005年 - 企業理念・行動指針を改訂する
  • 2007年 - 「コムシス式カイゼン」の一環として、無線ICタグを利用した「倉庫管理システム」を開発
  • 2009年 - 4月1日 情報システム事業をコムシス情報システム株式会社に会社分割
  • 2009年 - 10月1日 本店登記を港区高輪から品川区東五反田に移転

[1]

主な建設事業編集

  • NTT情報通信エンジニアリング工事
    • NTT工事
    • ドコモ工事
  • 電気・通信設備工事(企業・官公庁など)
    • 通信設備工事(一般企業、官公庁、自治体、通信事業者)
    • 電気設備工事
  • ITソリューション事業
    • ソフトウェア開発
    • ソリューションビジネス等情報関係事業
  • 社会システム関連事業等
    • 建築工事
    • 環境(エコ)関係工事 - 風力発電、太陽光発電等の設計、施工。環境ビジネスが拡大する中、注目される分野の一つである。
    • 海外事業
    • 土木事業 - 特にシールド工事に関しては、通信トンネルを中心に、総計100km以上もの施工実績を誇る。10%急勾配や、10R曲線、最小土被り1.2mといった、非常に難易度の高いトンネル建設実績も有する。

主なブランド編集

  • comsip
  • ガッテン君
  • GeoPic
  • コムシス式カイゼン

グループ会社編集

2010年12月31日現在で連結子会社13社

連結子会社編集

主なパートナー企業編集

脚注編集

外部リンク編集