メインメニューを開く

日本コロムビア発売のゲームタイトル一覧

ウィキメディアの一覧記事
日本コロムビア > 日本コロムビア発売のゲームタイトル一覧

日本コロムビア発売のゲームタイトル一覧(にっぽんコロムビアはつばいのゲームタイトルいちらん)は、日本レコード会社日本コロムビア2002年10月 - 2010年9月の社名はコロムビアミュージックエンタテインメント)と、2011年まで同社のグループ企業だったクリエイティヴ・コア(旧TDKコア)が日本コロムビア本体への事業譲渡以前に発売したコンピュータゲームタイトルの一覧記事である。

目次

日本コロムビアのゲーム事業概要編集

以下は日本コロムビアでゲーム開発・発売事業を行っているA&R本部ゲーム制作部と、その前身となったTDKコア→クリエイティヴ・コアのゲーム事業部に関する概要である。

沿革編集

1980年代から2000年代にかけて、ポニーキャニオン・東芝EMI(現EMIミュージック・ジャパン、ゲーム部門は独立してハムスターに承継)・ビクターエンタテインメント(ゲーム部門は事業統合・売却を経て現在はマーベラスAQLコンシューマ事業部)・キングレコード・CBSソニー(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)・パイオニアLDC(現ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン)などの同業他社がゲーム開発・発売に参入していた中、日本コロムビアは自社では家庭用ゲームに参入せず、サウンドトラック発売などでゲーム業界と関わりを持つのみだった。なお、パソコンゲームも含めれば、1984年から1985年にかけてMSX用ゲームソフトを20タイトル以上発売しており、1996年には1タイトルのみながら、日立製作所と共同で「AFOON」レーベルを設立しWindows 95用ゲームソフト「ザ・レジェンド・オブ・エデン2」を日立製作所より発売している[1]

一方、電気機器メーカー・TDKのグループ企業で1979年に教材部門を分社して設立されたポストプロダクションTDKコアパーソナルコンピュータ向けの教育ソフトで有力メーカーとなった後、2001年に家庭用ゲーム事業へ参入した。

コロムビアは2001年に業績不振から日立グループを離れ、リップルウッド・ホールディングス傘下で経営再建を図っていた。2002年にコロムビアミュージックエンタテインメント(CME)へ社名を変更し、AV機器部門をデノン(現ディーアンドエムホールディングス)として分社・売却する一方で音楽以外のソフト事業拡大を図った。その際、事業集約を目的にTDKコアの売却を検討していたTDKとの利害一致を見てTDKコアを買収し2007年クリエイティヴ・コア(CC)へ社名を変更した。

その後、TDKコア時代からの流れでCMEとは別に事業を継続していたCCの音楽・映像部門をCME本体に集約するための事業再編を2010年1月に実施する。この際にCMEとしては創業以来、ゲーム事業も合わせて譲渡され、CME本体にA&R本部ゲーム制作部が新設されることとなった[2]。同月、携帯電話向けコンテンツ配信を主力事業とするフェイスがリップルウッドからCMEを買収することを発表し、2010年10月1日には旧社名の日本コロムビアへ再び社名を変更して現在に至っている。

発売タイトルの傾向編集

TDKコア時代より一貫して、小学校低学年の女児を対象とするキャラクターゲームや職業体験を題材としたゲームを主たるラインナップとしている。特に講談社なかよし』と小学館ちゃお』で連載される少女漫画とのタイアップ作品に強みを持っているが、この2誌の競合誌である集英社りぼん』とのタイアップ実績は無い。なお、『りぼん』の姉妹誌である『マーガレット』に連載されていた「花より男子」のゲーム化作品を2001年に発売しており、集英社とのタイアップ実績はある。

ゲーム参入当初より主力となっている職業体験型のゲームでは看護師獣医師幼稚園教員花屋漫画家など女児に人気の高い職業をピックアップしたタイトルを多数発売しており、中には日本マクドナルドミスタードーナツダスキン)などのファーストフードチェーンとタイアップした作品も存在する。これらのゲームに関しては、CC時代の2009年よりシリーズタイトルを「あこがれガールズコレクション」としてブランド統一が図られている。

発売機種は主力の顧客層が小学校低学年の女児であることから一貫して女児の普及率が高い任天堂製の携帯ゲーム機が中心となっている。任天堂製ハードであっても据え置き型ゲーム機での発売実績はNintendo Switch用『すみっコぐらし すみっコパークへようこそ』が発売されるまで皆無であった。また、任天堂以外のハードには参入していない。

タイトル一覧編集

以下、機種名を次のように省略する。★は「あこがれガールズコレクション」のシリーズ作品。

TDKコア時代編集

2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年

クリエイティヴ・コア時代編集

2008年
2009年

コロムビアミュージックエンタテインメント時代編集

2010年

日本コロムビア時代編集

2010年
2011年
2012年
2015年

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集