日本コンピュータシステム

日本コンピュータシステム株式会社(にっぽんコンピュータシステム、Nippon Computer Systems Corp.)は、日本のソフトウエア会社。英称の頭文字を取って“ NCS ”という略称で呼ばれることもある。

日本コンピュータシステム株式会社
Nippon Computer Systems Corp.
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 9711
1989年12月21日 - 2008年12月4日(上場廃止)
本社所在地 日本の旗 日本
105-0003
東京都港区西新橋二丁目3番1号
マークライト虎ノ門5F
設立 1980年昭和55年)12月25日
(エヌシーエス株式会社)
業種 情報・通信業
法人番号 2010401083715 ウィキデータを編集
事業内容 コンピュータシステムの開発
SEサービス
代表者 栗田昭平
資本金 10億8916万2千円
売上高 63億9504万7000円
(2022年03月31日時点)[1]
営業利益 4億8054万1000円
(2022年03月31日時点)[1]
経常利益 4億8278万2000円
(2022年03月31日時点)[1]
純利益 3億2393万7000円
(2022年03月31日時点)[1]
純資産 25億4183万1000円
(2022年03月31日時点)[1]
総資産 40億8361万4000円
(2022年03月31日時点)[1]
従業員数 321人(2012年4月1日)
決算期 3月31日
主要株主 エヌ・デーソフトウェア
外部リンク http://www.ncsx.co.jp/
テンプレートを表示

ERP、金融向け、組み込みソフトウェア、通信系システムに特化した事業を行っている。

大阪に“NCS&A”という、2014年7月まで「日本コンピューター・システム」という当社と類似の商号だった企業が存在しているが、一切の関係は無い。

沿革編集

2008年(平成20年)、MBOにより、株式非上場化を実施。

2011年(平成23年)、エヌ・デーソフトウェアの完全子会社となった。

PCゲーム事業編集

1986年昭和61年)頃から“メサイヤ”というブランドを用いパソコンゲームソフトに参入。多数の家庭用ゲームソフトをリリースするも、2000年平成12年)にゲーム事業から撤退。以降は過去のゲームライセンス許諾事業を続ける。

2014年11月、“メサイヤ”ブランドにかかわるゲームソフトすべての著作権を株式会社エクストリームに譲渡。これにより、“メサイヤ”は完全にNCS社の手から離れることになった。

キャラクター事業編集

NCS社がメサイヤブランドを保有していた時期、フジテレビと提携してコラボキャラクター「ふじにん」を製作した。

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集