メインメニューを開く

日本テレビ火曜8時枠時代劇は、1964年5月から9月、1967年10月から1969年3月、および1973年10月から1997年3月までの約25年半(但し中断あり)に渡って日本テレビで放送されていた時代劇枠である。

目次

概要編集

この枠は1997年3月まで放送しており、日本テレビ最後の20時台でのドラマ枠であった。

本枠は『伝七捕物帳』以降、『父子鷹』を除く全ての作品が日本テレビの関連会社・ユニオン映画によって製作されたものである(『父子鷹』のみ松竹制作)。特に里見浩太朗主演の作品が非常に多かった。

1990年代に入り時代劇が全体的に退潮傾向になってくると、前枠の火曜19時台も低迷していたことから、1995年度以降は野球シーズン中は19 - 20時台が単発2時間特番枠に置き換えられ[1]、シーズンオフのみの放送となってしまう。また、野球中継を放送するケースも飛躍的に多くなり、特に野球シーズンに放送枠を設けた最後の年の1994年のは7・8月は全く放送しなかった。そして、1997年3月を以って日本テレビは時代劇から完全撤退した。以降、同局は2004年の正月に放送された新春スペシャルドラマ『丹下左膳』を除き、新作の時代劇を全く制作していない。更に本枠が廃枠になった事で、日本テレビ20時台のドラマ枠は全廃になった。なお、21世紀になってから在京キー局5局で20時台にドラマ枠が放送されていないのは日本テレビだけである。

1993年に、当時日本テレビの編成局長だった萩原敏雄のコメントに「時代劇で視聴率を獲得する時代は終わった」という発言があり、これ以降急速に日テレの時代劇放送を淘汰する方針が進み、他局に比べて特番等で放送休止となるケースが飛躍的に多くなっている。

また、これ以降日テレが時代劇を放送させないことが徹底され、現在ではすべての番組が日テレから所有権を離し、ユニオン映画に著作権が移ったため、地上波ではテレビ東京系列の『時代劇アワー』で再放送するのが定番化している。しかし、日テレで拡大版として放送されたものは時代劇アワーの設定枠上分割放送が困難なため、2015年現在でも再放送は一切行われていない。

一方、衛星波では一部作品がBS日テレの月曜 - 金曜10:00 - 10:54枠および火曜 - 木曜18:00 - 19:54枠で放送され、時折拡大版も別時間帯で放送することがある。

歴代作品編集

以降、プロ野球シーズンオフのみの放送となる(野球シーズン中は2時間特番枠『火曜デラックス』のため中断)。

スポンサーについて編集

提供スポンサーは初期は武田薬品工業、その後1993年9月までは富士電機日野自動車東日本ハウス和光証券出光興産などであった。

脚注編集

  1. ^ ただし、この間の1995年に放送された『火曜デラックス'95』では、高橋英樹主演の単発時代劇が3本放送された事が有った(火曜デラックス#火曜デラックス'95を参照)。

関連項目編集

日本テレビ 火曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
バークにまかせろ

プロ野球中継(4月内)
日本テレビ火曜8時時代劇
(1964年5月 - 9月)
日本テレビ火曜8時時代劇
(1967年10月 - 1969年3月)
日本テレビ
火曜8時枠連続ドラマ
※『笑ってよいしょ
火曜スペシャル(第3期)
※20:00 - 21:25
日本テレビ火曜8時時代劇
(1973年10月 - 1995年3月)
火曜デラックス'95
※19:00 - 20:54
日本テレビ系 火曜20:54 - 20:55枠
火曜スペシャル(第3期)
※20:00 - 21:25
日本テレビ火曜8時時代劇
(1973年10月 - 1975年9月)
【1分縮小して継続】
NNNニューススポット
※20:54 - 21:00
【1分拡大して継続】
日本テレビ系 火曜20:00枠
火曜デラックス'95
※19:00 - 20:54
日本テレビ火曜8時時代劇
(1995年10月 - 1996年3月)
火曜デラックス'96
※19:00 - 20:54
火曜デラックス'96
※19:00 - 20:54
日本テレビ火曜8時枠時代劇
(1996年10月 - 1997年3月)
火曜デラックス'97
※19:00 - 20:54