メインメニューを開く

日本テレビ系列木曜夜7時枠のアニメ

日本テレビ系列木曜夜7時枠のアニメ(にほんテレビけいれつもくようよるしちじわくのアニメ)は、かつて日本テレビ系列の木曜19:00 - 19:30(JST)に放送されたテレビアニメの総称である。

歴史編集

この枠のアニメは歴史がかなり古く、1959年2月に後半枠から移動した海外アニメコンプレックス枠『ニコニコまんが劇場』が初。その後この枠で放送された『ベティ・ブープ』を、『ベティちゃん』として独立放送したが、その後のアニメはかなり後になり、1969年10月2日に開始した、この枠初の国産作品『タイガーマスク』(読売テレビ制作)で、スポ根ブームと相まって好評となり、2年継続したものの、終了と同時にアニメは長期の中断となる。

それから11年後の1982年10月7日に、日本テレビ制作の少女アニメ『ときめきトゥナイト』で久々に再開、その後は同スタッフによる学園アニメ『伊賀野カバ丸』、そして前年開園した東京ディズニーランド人気に便乗したディズニーアニメ『ミッキーマウスとドナルドダック』と続けるが、ナイターシーズン中はプロ野球中継で頻繁に中断[1]、特に『ミッキーとドナルド』は『木曜スペシャル』拡大版(『アメリカ横断ウルトラクイズ』など)の時も休止したため、結果は放送回数が38回、休止はそれより多い40回だった。結局1年半、計6本でこの枠のアニメは終了した。

放送作品一覧編集

タイトル 放映期間 話数 製作会社 原作 声の出演 備考
ニコニコまんが劇場 1959年2月 - 4月 [2][3]
ベティちゃん 1959年5月7日 - 12月24日 マックス・フライシャー [2][4]
(この間、非アニメ番組)
タイガーマスク 1969年10月2日 - 1971年9月30日 105 東映動画 梶原一騎
辻なおき
富山敬山口奈々中川謙二兼本新吾柴田秀勝 [5]
(この間、非アニメ番組)
ときめきトゥナイト 1982年10月7日 - 1983年9月22日 34 東宝
グループ・タック
池野恋 原えりこ水島裕冨永みーな安原義人小原乃梨子
伊賀野カバ丸 1983年10月20日 - 1984年3月29日 24 亜月裕 中尾隆聖立原麻衣神谷明麻上洋子田中秀幸 [6]
ミッキーマウスとドナルドダック 1984年4月 - 1985年9月19日 38 ウォルト・ディズニー・プロ 山田栄子緒方賢一八奈見乗児郷里大輔 [2]

補足編集

  • 「ときめきトゥナイト」以降は、原則としてマストバイ局のみスポンサードネットの対象で、非マストバイ局に対してはローカルセールス枠となり、テレビ朝日系未開局地域やまたはクロスネット局等は『クイズタイムショック』の同時スポンサードネットを行い[7]、当該時間帯に放送されているアニメは遅れネット、非ネット、競合他局に番組販売の地域も存在した[8]。また、同時ネット実施の場合でもスポンサー全面差し替え、ローカルスポンサー混在を含む一部スポンサードネット、個別交渉による完全スポンサードネットと局により異なった。

脚注編集

  1. ^ 『ときめき』と『ミッキーとドナルド』に至っては、双方とも8月には1回も放送されなかった。
  2. ^ a b c 海外作品。
  3. ^ アニメコンプレックス枠。
  4. ^ 『ニコニコまんが劇場』から独立。
  5. ^ 読売テレビ制作。
  6. ^ 2週間前の10月6日には前夜祭的番組『特集! 伊賀野カバ丸』を放送。
  7. ^ 『クイズタイムショック』をNNN系列局で同時ネットしていた地域は1985年10月以降は火曜19時枠で5日遅れで放送された。
  8. ^ 山形放送では当時ANN系とクロスネットだったため、当該時間では『クイズタイムショック』の同時放送を行っており、当該時間帯のアニメは当時FNN系の山形テレビで同時ネットで放送されていた。そのため、当時FNN系列で当該時間帯に放送されていたアニメ(スペースコブラなど)は遅れネットで放送されていた。

関連項目編集

日本テレビ 木曜19時台前半枠
前番組 番組名 次番組
日本テレビ系列
木曜夜7時枠のアニメ
(1959年2月 - 12月)
読売テレビ制作・日本テレビ系 木曜19時台前半枠
意地悪ばあさん
(テレビドラマ第1作)
日本テレビ系列
木曜夜7時枠のアニメ
(1969年10月 - 1971年9月)
日本テレビ系 木曜19時台前半枠
日本テレビ系列
木曜夜7時枠のアニメ
(1982年10月 - 1985年9月)
木曜スペシャル
(19:00 - 20:54)
【30分拡大して継続】