メインメニューを開く

日本トロッキスト聯盟(にほんトロツキストれんめい)は、1957年1月から同年12月まで存在したトロツキズムを掲げる日本の新左翼団体。通称はトロ連。1957年12月に革命的共産主義者同盟に移行した。

経過編集

日本共産党が「武装闘争」方針を放棄した1955年の六全協、1956年のスターリン批判ハンガリー動乱、この三つの出来事を主な契機にして、共産主義者の間にそれまで絶対的権威をもっていた日本共産党とソ連への批判が起こり始める。批判者の一部はスターリンを批判していたレフ・トロツキーの理論に依拠した。

1952年ごろからトロツキー研究を始めていた日本共産党国際派所属で、群馬県労働者内田英世・富雄兄弟は、1956年「新しい共産党を作る」と称して群馬で新聞『反逆者』を創刊しつつ、第四インターナショナル日本支部設立準備会を結成。

1956年当時、「新しい共産党を作る」ために活動を開始していたグループは、内田兄弟の他に以下があった。これらのグループは、当初は面識もなかったが、著書などでお互いの存在を知り合い、共闘を実現していった。

1957年1月、日本トロツキスト連盟・第四インターナショナル日本支部を結成した。機関紙誌は、『第四インターナショナル』。

1957年7月、内田英世が離脱。

1957年12月、革命的共産主義者同盟に改称した。

系統図編集

(共産党)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トロ同(*1)/ICP
 
 
 
 
 
 
 
1957 トロ連
 
1957 革共同
 
 
 
 
 
 
 
第四インター
 
 
 
1999 JRCL
 
かけはし
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1991 労働者の力
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
MELT
 
 
 
 
 
 
 
1967 BL派
 
 
 
 
1959 全国委(*2)
 
 
中核派
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2007 関西派/再建協
 
 
 
 
1963 革マル派(*3)
 
 

(*1)革共同第1次分裂 (*2)革共同第2次分裂 (*3)革共同第3次分裂


参考文献編集