メインメニューを開く

日本ネットワークサービス (ケーブルテレビ局)

ケーブルテレビ局

株式会社日本ネットワークサービス(にほんネットワークサービス)は、山梨県甲府市と周辺市町をカバーする山梨県内最大規模のケーブルテレビ局である。略称はNNS、また甲府CATVYBS CATV[1]とも呼ばれる。山日YBSグループの企業である。

株式会社日本ネットワークサービス
Nihon Network Service Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 NNS
本社所在地 日本の旗 日本
400-8509
山梨県甲府市富士見1-4-24
設立 1970年(昭和45年)2月6日
業種 情報・通信業
法人番号 3090001001622
事業内容 ケーブルテレビ事業・インターネット接続・通信販売
代表者 代表取締役社長 中村一政
資本金 15億2,340万円
従業員数 143名
主要株主 (株)山梨文化会館、(株) 山梨放送、(株)読売新聞東京本社、日本電気(株)、(株)フジ・メディア・ホールディングス、 (株)テレビ朝日、 他
外部リンク http://www.nns-catv.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

1970年に営利目的としては国内で最初に開局。地元民放テレビ局が2社しかない状況で、隣接する東京のテレビ局のアナログ区域外再放送を始め、甲府盆地という空中波が不利な条件を生かし、9割(NNSエリア外も含む山梨県全体としても6割以上)ともいわれる高い普及率を誇る。この関係で甲府市内ではNHK民放と肩を並べるほど絶大な力を持つ。他にインターネット接続サービス(CCNet)、自主放送チャンネルを使用した通信販売業務(あるらショッピング)も行っている。

株主には、県内局である山梨放送をはじめ(以前は山日YBSグループに参加していたが、一時脱退。その後再び参加している。)県内に系列局を持たない在京キー局フジ・メディア・ホールディングス認定放送持株会社移行前のフジテレビジョン)とテレビ朝日が名を連ねており、実質的に「NNSがフジテレビ(FNNFNS)・テレビ朝日(ANN)の放送エリアを合法的・効率的に広げる役割を担っている」と言える。県外局では他にテレビ東京tvkと、2012年12月1日より再放送が開始されたTOKYO MXが再放送されている。

在京キー局である日本テレビ(4ch)とTBS(6ch)については、それぞれ山梨県に系列民放のYBS山梨放送、テレビ山梨があることから区域外再放送を行っていない。そのためアナログ時代からキー局に合わせ、YBS山梨放送のチャンネルを4ch(本来の5chとは異なる。VHF局としては異例。)、UTYテレビ山梨を6chで再放送している。(デジタル放送のリモコンキーIDは、ケーブルテレビと関係なくキー局に合わせた番号(4、6ch)が割り当てられている。)

地上デジタル放送の区域外再送信については日本民間放送連盟が当初区域外再放送を原則として禁止していたが、その後一部の局では同意が得られたことから、テレビ朝日とtvkテレビ神奈川は2007年10月1日から、フジテレビは同年10月9日から再放送を開始した。一方、テレビ東京は激変緩和措置として2011年4月1日より地上デジタル再放送の同意が得られ、再放送を開始したが今後とも継続的に再放送できるように交渉・協議していく予定である。

県外放送局の受信点は山梨県内の他のCATV事業者と共同で三つ峠に設置している。ちなみに、フジテレビ(東京スカイツリー・21ch)はNHK甲府総合(甲府坊ヶ峰親局)と、テレビ東京(東京・23ch)はNHK甲府教育(親局)と物理チャンネルが被っているが、受信設備に混信対策がなされており、問題なく視聴できる。

地上波はSHB帯(VHFスーパーハイバンド)を使用した周波数変換パススルー方式であるため、STBか周波数変換パススルー方式に対応した地上デジタル放送対応テレビ(またはチューナー)であれば視聴可能。

沿革編集

  • 1970年
  • 1997年10月 - 第一種電気通信事業許可
  • 2005年
  • 2006年
    • 4月1日 - 地上デジタル放送の再放送を開始(開始当初はNHKデジタル総合・デジタル教育のみ)
    • 7月1日 - 地上デジタル放送でYBS山梨放送、UTYテレビ山梨の放送を開始
  • 2007年
    • 10月1日 - 地上デジタル放送でtvkテレビ神奈川、テレビ朝日、自主放送(D111(アナログ・9ch))の放送を開始
    • 10月9日 - 地上デジタル放送でフジテレビの放送を開始
  • 2010年
    • 7月1日 - 地上デジタル放送で放送大学テレビの放送を開始
    • 10月1日 - CATV専門チャンネルのハイビジョン放送を開始
  • 2011年4月1日 - 地上デジタル放送でテレビ東京の放送を開始
  • 2012年12月1日 - 地上デジタル放送でTOKYO MXの放送を開始
  • 2014年2月1日 - 笛吹きらめきテレビを統合
  • 2018年12月1日 BSCS4K放送・8K放送開始に伴いSTBでも4K対応型チューナーの取扱開始。光回線コースならSTB不要で無料民放とNHKBS4Kと8Kは視聴可能(大半の有料CHは再放送(再送信)無し)。BS日テレは翌年9月1日から開始。CHラインアップは既存のBS放送と同じだが、CHポジション2にNHKBS8Kが、11にSHOPCH、12にQVCが入る。

放送エリア編集

市町村名 サービス除外区域 除外区域管轄CATV 備考
甲府市 上九一色村北部(古関町、梯町)
韮崎市
甲斐市
笛吹市 (旧)御坂町、(旧)一宮町、(旧)芦川村、(旧)八代町(一部)は
笛吹きらめきテレビ管轄であったが、2014年2月に統合したため当該地域も区域内入り
南アルプス市 旧八田村区域以外 峡西シーエーテーブイ((旧)櫛形町、(旧)若草町)
白根ケーブルネットワーク((旧)白根町、(旧)芦安村)
富士川シーエーティーヴィ(旧甲西町)
北杜市 (旧)白州町、(旧)武川村 韮崎電設((旧)白州町、大武川を除く(旧)武川村)
エルシーブイ((旧)武川村大武川)
中央市
中巨摩郡昭和町
西八代郡市川三郷町
南巨摩郡身延町 旧下部町(TV放送事業のみ) ネットワーク下部 2010年9月末に廃業した峡南CATVよりエリア営業権譲渡

上記市町内でも、一部の山間部などではエリア外となっている場合もある。

主な放送チャンネル編集

地上波系列別再放送局編集

NHK-G NHK-E NNS ANN JNN TXN FNS 独立局
NHK甲府 NHK甲府 山梨放送 テレビ朝日 テレビ山梨 テレビ東京 フジテレビ tvk
TOKYO MX

テレビ局編集

地上デジタル放送
デジタル 放送局
D011
D012
NHK甲府総合
D021
D023
NHK甲府Eテレ
D031 tvk
D041 山梨放送
D051 テレビ朝日
D061 テレビ山梨
D071 テレビ東京
D081 フジテレビ
D091
D093
TOKYO MX
D101 自主放送(文字ニュース、行政番組などを放送している)
D111 自主放送(NNS独自の番組、CSの一部番組などを放送している)
BSデジタル放送
デジタル 放送局
BS101
BS102
NHK BS1
BS103 NHK BSプレミアム
BS141 BS日テレ
BS151 BS朝日
BS161 BS-TBS
BS171 BSテレ東
BS181 BSフジ
BS191
BS192
BS193
WOWOW プライム
WOWOW ライブ
WOWOW シネマ
BS200
BS201
BS202
スターチャンネル1
スターチャンネル2
スターチャンネル3
BS211 BS11
BS222 TwellV
CATV専門チャンネル
デジタル
(HD)
デジタル
(SD)
放送局
011 お天気チャンネル
123 235 女性チャンネル♪LaLa TV
124 231 スーパー!ドラマTV
125 221 日本映画専門チャンネル
127 226 衛星劇場
131 FOX
132 215 J SPORTS 4
135 248 チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた
136 テレ朝チャンネル1 ドラマ・バラエティ・アニメ
137 フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
138 282 フジテレビONE スポーツ・バラエティ
139 281 フジテレビTWO ドラマ・アニメ
140 271 ショップチャンネル
142 259 ナショナル ジオグラフィック 未知の自然・宇宙・歴史
143 277 旅チャンネル
145 276 釣りビジョン
146 212 GAORA SPORTS
147 211 スカイA
148 232 AXN 海外ドラマ
151 222 映画・チャンネルNECO
157 230 ファミリー劇場
158 210 J SPORTS 3
159 234 時代劇専門チャンネル
160 280 MONDO TV
163 242 キッズステーション テレビアニメ・劇場版・OVA
166 218 日テレジータス
167 217 ゴルフネットワーク
168 213 J SPORTS 1
169 214 J SPORTS 2
173 225 東映チャンネル
175 歌謡ポップスチャンネル
177 ジャパネットチャンネルDX
179 ナショジオ ワイルド
192 ジュエリー☆GSTV
236 アニマルプラネット
240 海外アニメ! カートゥーン ネットワーク
241 アニマックス
251 日経CNBC
252 日テレNEWS24
255 ヒストリーチャンネル 日本・世界の歴史&エンタメ
256 ディスカバリーチャンネル
257 BBCワールドニュース
258 テレ朝チャンネル2 ニュース・情報・スポーツ
261 MUSIC ON! TV(エムオン!)
262 音楽・ライブ! スペースシャワーTV
263 MTV
270 囲碁・将棋チャンネル
284 日テレプラス ドラマ・アニメ・音楽ライブ
285 グリーンチャンネル
286 グリーンチャンネル2
290 プレイボーイ チャンネル
291 レッドチェリー

FMラジオ局編集

MHz 放送局
76.3 エフエム甲府
78.0 YBSラジオ(AM再放送で音声はモノラル)
80.0 TOKYO FM東京親局を受信)
81.2 J-WAVE(東京親局を受信)
83.0 FM-FUJI
85.4 NHK甲府FM放送

自主放送編集

同局では2つのチャンネルを利用して自主放送を行っている。全てのチャンネルが毎日、24時間放送を行っている。

D111チャンネル編集

概要編集

地上デジタル放送の111チャンネル(リモコンキーID11)で放送。放送エリア内の出来事(事件・事故・政治的問題を除く)を伝えるニュース、サークル紹介、幼稚園児・保育園児紹介などのミニ番組が自社制作で放送されている。近隣のケーブルテレビ局の中にも同社の自主放送をそのまま放送しているところがある。報道番組として、山梨日日新聞の文字ニュース「山梨日日新聞NEWS」を放送している[2]

高校野球中継に力を入れており、春季・秋季大会は準決勝から、選手権山梨大会は1回戦から決勝まで、小瀬球場の試合を放送する[3]。県内で春季・秋季関東地区高等学校野球大会が行われる場合も1回戦から決勝まで生中継する。2011年の秋季大会では関東地方の独立局である5いっしょ3ちゃんねる加盟局(群馬テレビとちぎテレビテレビ埼玉千葉テレビ放送テレビ神奈川)・山梨放送と連携し、開催当日の夜にダイジェスト番組『第64回秋季関東地区高等学校野球大会ダイジェスト〜ROAD TO センバツ〜』を放送した(スタジオは甲府CATVのスタジオを使い、実際の番組制作とアナウンサーは千葉テレビ放送と山梨放送が担当)。『ROAD TO センバツ』は2012年もネットした。また、2007年の選手権山梨大会より山梨放送の男性アナウンサーが実況に加わっている。

また、2003年からサッカーJリーグヴァンフォーレ甲府のホーム戦を年に2~3試合自社制作で生中継放送している。

他にも、3月には公立高校入試問題の解答解説、山梨県議会・甲府市議会の会期中は本会議の放送を行っている。エリア内のほぼ全世帯が加入していることもあってか、大きな特別番組では県内の有名企業や上場企業がスポンサーになることもある。サッカー中継、高校野球、公立高校入試問題解説の放送は、本来これらを放送する少ない地元民放を補う役割も果たしている。

2007年10月1日からは地上デジタル放送での放送も開始した。開始当初は標準画質での放送だったが、2011年4月1日より一部の時間帯に限りハイビジョン放送が始まった。その後、101チャンネルでの放送を開始し、終日ハイビジョン放送となった。

2015年4月1日よりデータ放送に対応。県や市町村からのお知らせ、河川水位・土砂災害警戒情報、救急医療情報、NNSからのご案内などが閲覧できる。

また、マルチ編成のD112に切り替えてデータ放送でYBSラジオエフエム富士エフエム甲府を聴くことができる。D112では24時間、『NNS道路ライブカメラ』『山日文字ニュース』を放送している。

主なレギュラー番組編集

  • 『情報max はやべん』(平日11:00~12:00。生放送)
  • 『情報max はやべん おかわり』(平日20:00~21:00。昼の再放送だが、一部コーナーはカットされている。)

地域密着の情報番組。近隣のCATV局でも、昼の放送のみ、同時放送。

  • 『ラジテレ!ラララ♪モーニングTV』(平日10:00~11:00)

YBSラジオ(山梨放送)で放送している『ラララ♪モーニング』の10時台を、山梨文化会館8階のラララ♪スタジオ内にあるライブカメラを使ってパーソナリティーを映しながら、ラジオと同時サイマル放送している。なお、CMや楽曲、交通情報、ニュース放送時はYBSのお天気カメラの映像に切り替える。

D101チャンネル編集

概要編集

地上デジタル放送の101チャンネル(リモコンキーID10)で放送。山日文字ニュースや行政番組、テレビショッピングを中心に放送している。

主な番組編集

イメージキャラクター編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 参考例・1975年3月24日 山梨日日新聞朝刊7頁放送面。右端クォーターサイズ最上段に「YBS CATV」とある。
  2. ^ 2007年3月31日までは報道番組としてCSの朝日ニュースターの番組を一部サイマル放送していた。打ち切りとなった理由は、朝日ニュースター側が放送の一部のみのネットを禁止したためである(ただし、朝日ニュースターはその後テレビ朝日に吸収され、同局の直営チャンネルに移行。現在のテレ朝ch2になってから配信を再開している)。同時に、読売新聞文字ニュースのネットも打ち切った。
  3. ^ 2007年までは緑が丘球場の中継も行っていた。

関連項目編集

外部リンク編集