メインメニューを開く

2014 SUZUKI 日米野球シリーズ 日本プロ野球80周年記念試合 阪神・巨人連合チーム vs MLBオールスターチーム英語NPB Tigers-Giants Union vs MLB All-Star )は、日米野球2014の一環として甲子園で開催された阪神タイガース読売ジャイアンツ(巨人)の連合チームからなる阪神・巨人連合チームとメジャーリーグベースボール(MLB)オールスターチームによる親善試合である。

日本プロ野球80周年記念試合
開始年 2014年
参加チーム数 2(1試合)
テンプレートを表示

目次

開催経緯編集

2014年8月20日に、日米野球2014の開催概要が発表され、その一環として11月11日に「日本プロ野球80周年記念試合」として阪神タイガース読売ジャイアンツからなる阪神・巨人連合チーム対MLBオールスターチームの試合が阪神甲子園球場で親善試合として行われることが発表された[1]

10月21日に、選手発表記者会見が行われた[2]

試合結果編集

11月11日 18時06分試合開始 試合時間3時間36分 観衆26,946人 阪神甲子園球場[3]

MLBオールスターチーム 8 - 7 阪神・巨人連合チーム
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
MLBオールスターチーム 0 0 0 2 4 1 1 0 0 8 14 1
阪神巨人連合チーム 0 0 0 0 0 1 5 1 0 7 9 0
  1. MLB : カプアーノガスリーチョートモラレスブレビンスベラスベリボー - ペレスビュテラ
  2. 阪・巨 : 能見、小山、岩崎、江柄子、秋山、高木京、歳内、笠原、松田 - 梅野、小林
  3. : カプアーノ  : 岩崎  S: ベリボー  
  4. :  MLB – ロンゴリア(5回満塁 江柄子)、ペレス(6回ソロ 秋山)、ファウラー(7回ソロ 高木京)

選手編集

MLBオールスターチーム編集

阪神・巨人連合チーム編集

※所属は10月22日現在[2][4]

ポジション 背番号 氏名 所属球団 備考
監督 86 和田豊  阪神タイガース監督
コーチ 78 川相昌弘  読売ジャイアンツヘッドコーチ ヘッドコーチ
77 関川浩一  阪神タイガース打撃コーチ 打撃コーチ
85 斎藤雅樹  読売ジャイアンツ投手コーチ 投手コーチ
70 高代延博  阪神タイガース内野守備走塁コーチ 内野守備走塁コーチ
79 大西崇之  読売ジャイアンツ外野守備走塁コーチ 外野守備走塁コーチ
投手 14 能見篤史  阪神タイガース
19 藤浪晋太郎  阪神タイガース
26 歳内宏明  阪神タイガース
27 秋山拓巳  阪神タイガース
28 高木京介  読売ジャイアンツ
35 西村健太朗  読売ジャイアンツ
56 松田遼馬  阪神タイガース
59 小山雄輝  読売ジャイアンツ
62 江柄子裕樹  読売ジャイアンツ
63 笠原将生  読売ジャイアンツ
67 岩崎優  阪神タイガース
捕手 10 阿部慎之助  読売ジャイアンツ
20 梅野隆太郎  阪神タイガース
22 小林誠司  読売ジャイアンツ
45 清水誉  阪神タイガース
内野手 00 寺内崇幸  読売ジャイアンツ
1 坂克彦  阪神タイガース
4 上本博紀  阪神タイガース
6 坂本勇人  読売ジャイアンツ
8 片岡治大  読売ジャイアンツ
25 村田修一  読売ジャイアンツ
外野手 0 大和  阪神タイガース
2 柴田講平  阪神タイガース
9 亀井善行  読売ジャイアンツ
31 松本哲也  読売ジャイアンツ
44 大田泰示  読売ジャイアンツ
51 伊藤隼太  阪神タイガース
99 狩野恵輔  阪神タイガース

なお、阪神・巨人連合チームは1934年の日米野球で全日本が着用していたユニフォームを復刻し着用[2]

  • 復刻ユニホーム:帽子…白、つばが黒、マークは黒文字の「N」。ヘルメット…黒地に白文字の「N」。シャツ・パンツ…白。シャツには黒いラケットライン、アンダーシャツは黒。ベルト…黒。ストッキング…黒地に白のラインが2本。胸マーク…左胸に黒文字の「AN」。背番号…黒文字。

中継編集

テレビ・ラジオ放送編集

日本プロ野球80周年記念試合 日本テレビ系列 BS日テレ[5] 日テレG+[6] 侍ジャパン
インターネットライブ
Powered by
パ・リーグTV

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集