メインメニューを開く

一般社団法人日本ラグビーフットボール選手会(にほんラグビーフットボールせんしゅかい、英語: Japan Rugby Players Association、略称: JRPA)は、日本のラグビー選手による会合である。

日本ラグビーフットボール選手会
Japan Rugby Players Association
創立者 廣瀬俊朗
団体種類 一般社団法人
設立 2016年平成28年)5月31日
主要人物 会長 畠山健介
活動地域 日本の旗 日本
活動内容 ラグビーフットボール文化の伝承・普及及び日本ラグビーの発展
ウェブサイト 日本ラグビーフットボール選手会
テンプレートを表示

目次

概要編集

2016年5月31日にジャパンラグビートップリーグ(JRTL)所属選手により設立された[1]

初代会長には同年引退したばかりの廣瀬俊朗(元・東芝ブレイブルーパス)が就任[2]。まずは600人が入会した[3]。また同日からウィルチェアーラグビー、デフラグビーの発展、平成28年熊本地震の復興を支援するため、チャリティーオークションを開催した[4]

2017年Carnavacation「だれも知らない」のPV撮影に選手会のメンバーらが参加した[5]

歴代会長編集

クラブ名は就任当時

役員編集

2017年5月1日現在

会長 畠山健介サントリー
理事 小野晃征(サントリー)、川村慎NEC
監事 長嶋憲一(弁護士/東京21法律事務所)、南塚正人 (Quantum Accounting)

正会員資格編集

  • 1~3のいずれかに該当し、この法人の目的に賛同する選手(男女問わず)[6]
  • 1:トップリーグのチーム及び過去にトップリーグに所属したことのあるチームに所属する選手
  • 2:ワールドラグビー(World Rugby)その他国際ラグビーフットボール団体及び日本ラグビーフットボール協会の規則により、日本代表選手としてプレーする資格のある選手
  • 3:スーパーラグビーに参加する日本チーム「サンウルブズ」に所属する選手

活動内容編集

活動内容として以下の四つの項目を挙げている。

  1. 関係者との適切なコミュニケーション
  2. ラグビー普及
  3. 社会貢献活動
  4. 教育・次世代育成

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集