日本レストランエンタプライズ

東日本旅客鉄道 > 日本レストランエンタプライズ

株式会社日本レストランエンタプライズ(にっぽんレストランエンタプライズ、英称:Nippon Restaurant Enterprise Co., Ltd.、略称:NRE)は、2020年3月31日まで存在した東京都に本社を置く東日本旅客鉄道(JR東日本)の飲食事業子会社である。同年4月1日にジェイアール東日本フードビジネス株式会社を合併し、株式会社JR東日本フーズとなった。

株式会社日本レストランエンタプライズ
Nippon Restaurant Enterprise Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 NRE
本社所在地 日本の旗 日本
108-0074
東京都台東区台東一丁目30番7号[1]
秋葉原アイマークビル11・12F
設立 1938年9月15日(日本食堂株式会社)
業種 サービス業
法人番号 7010401039472 ウィキデータを編集
事業内容
  • 飲食店の営業並びに煙草・切手類・食料品・酒類・日用品雑貨の販売
  • パン・菓子類・麺類・惣菜・弁当類・魚介類・肉類・野菜等の副食材料の製造加工、販売及び給食受託業務
  • 米・雑穀・野菜農産物等の生産、加工、販売
  • 生ごみを利用した堆肥の製造・販売
  • 不動産の賃貸に関する業務
  • 広告・宣伝に関する業務
  • 一般貨物自動車運送事業及び貨物運送取扱事業に関する業務
  • 飲食店、物販店等の営業に関するコンサルティング業務
  • 公衆電話の受託業務並びに駐車場の経営
  • 情報システムに関する開発・設計・関連機器の販売、レンタル及びコンサルティング業務
以上出典[1]
代表者 代表取締役社長 日野 正夫[1]
資本金 7億3,078万8,000円[1]
売上高 580億3000万円(2019年3月31日時点)[2]
営業利益 4億7100万円(2019年3月31日時点)[2]
経常利益 5億9500万円(2019年3月31日時点)[2]
純利益 47億1500万円(2019年3月31日時点)[2]
純資産 179億2300万円(2019年3月31日時点)[2]
総資産 394億5400万円(2019年03月31日時点)[2]
従業員数 1,944名(2019年7月1日現在、長期臨時社員を含む)[1]
決算期 3月末
主要株主 東日本旅客鉄道(株) 100%[1]
主要子会社 関連会社の項目を参照
外部リンク https://www.nre.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

前身は日本食堂株式会社で、旧国鉄の食堂車の営業を行っていた業者の共同出資により事業統合して発足した企業である。北は北海道の主要駅、南は鹿児島の構内食堂まで全国の主要駅での食堂も展開し、昭和40年代は、外食産業ランキングとしては日本一であった。特急列車等の車内販売も手がけていた。

国鉄分割民営化に伴い全国一元での運営を続ける意義が薄らいだため、各旅客鉄道会社の営業エリアに沿う形で分社化・資本分離され、本体の日本食堂はJR東日本の営業エリアを受け持つこととなった。

合併前は首都圏の多くの駅で構内営業権を持つ会社と合弁する形で各駅の構内での駅弁の販売や駅そば店(あじさい茶屋らーめん粋家など)の営業などを手がけていた。首都圏では構内営業権を持つ会社の多くがこの形で合弁会社に営業権を譲渡していた。現在も営業権を保持している業者は品川駅常盤軒横浜駅他の崎陽軒などが残るが、少数派となっている。このほか、JR東日本の本社・支社や関連施設等の社内食堂も担当したほか、NewDaysで販売している日配品も製造していた。

かつては、JR東日本の新幹線西日本旅客鉄道北海道旅客鉄道の各会社線一部区間通し)や特急列車での車内販売のほか、一部の普通列車グリーン車で車内改札業務を委託されていた。新幹線・特急列車内での車内販売のアナウンスの際にはNippon Restaurant Enterprise Co., Ltd.の略称NREを名乗っていた。またNREの名称を用いる関連会社も多かった。

最近では、弁当の取り置きや指定席へのお届けサービス、宴会用の料理と弁当の宅配等も行っていた。また学校や公共施設への委託給食サービスも行なっていた。

2020年4月1日付で、ジェイアール東日本フードビジネスと合併し、商号を「株式会社JR東日本フーズ」に変更した[3][4]

沿革編集

昭和期編集

  • 1938年(昭和13年)
  • 1953年(昭和28年) - 特急「つばめ」で戦後の列車食堂を再開。
  • 1975年(昭和50年) - 「日食商事株式会社」設立。
  • 1981年(昭和56年)
    • 4月 - 「サンディーヌ」、新橋駅構内で1号店が営業開始[1]
    • 5月 - 「サンディーヌ」、大阪で営業開始[1]
    • 8月 - 「サンディーヌ」、東京で営業開始[1]
  • 1987年(昭和62年)
    • 3月 - 本社所在地を東京都中央区八丁堀に移転[1]
    • 6月 - 「株式会社にっしょく北海道」(1998年末ごろ会社解散)「株式会社にっしょく九州」(のち株式会社ジェイアール九州トラベルフーズ[5]、2005年3月31日会社解散、同年7月11日に清算結了[6])を分社[1]
  • 1988年(昭和63年)

1990年代編集

  • 1990年(平成2年)
    • 3月31日 - JR東日本が資本参加。
    • 12月 - 「株式会社日本食堂調理センター」発足[1](株式会社日食販売を商号変更)、尾久工場開業。大宮駅構内営業「ムサシ食品株式会社」から営業譲受。
  • 1991年(平成3年)
    • 「東北線車内販売株式会社」(宇都宮)から営業譲受、宇都宮営業支店設置。新宿駅の構内営業業者である「田中屋」を子会社化、「株式会社日食田中屋」設立。「日食商事株式会社」を吸収合併。
    • 3月 - JR東日本東京工事事務所社員食堂(JR新宿食堂)の営業を開始[1]
  • 1992年(平成4年) - JR東日本の子会社化。
  • 1993年(平成5年) - 「中央開発株式会社」を完全子会社化。「京葉観光産業」を子会社化。
  • 1994年(平成6年)
    • JR東日本の車内販売一元化(東北車内販売・長野車内販売・新鉄構内営業・高鉄車内販売・中央車内販売・越川および交通サービス(95年〜)の各車内販売会社を統合)。高崎営業支店と新潟列車営業支店直江津営業所を設置。
    • 6月 - 「仙台調理センター」の操業を開始[1]
  • 1995年(平成7年) - 埼玉県北戸田に商品本部(現在のCK本部戸田工場)が完成[1]
  • 1997年(平成9年)
    • 「京葉観光産業」と「新鉄構内営業」を吸収合併。
    • 9月 - JR東日本本社ビル社員食堂の営業開始[1]
  • 1998年(平成10年) - 甲府駅構内営業「株式会社甲陽軒米倉」を子会社化、「株式会社日食甲陽軒」創立。
    • 10月1日 - 創立60周年の記念として、商号を株式会社日本レストランエンタプライズ、略称を「日食」から「NRE」に変更[1]
  • 1999年(平成11年)
    • 「株式会社エヌアールイー越川」設立(常磐線特急の車内販売業務、勝田営業所・いわき営業所)。
    • 聚楽の列車食堂部門を分社化し、合弁会社「聚楽ティ・エス・エス株式会社」を設立。
    • 立川駅構内営業の「中村亭」を子会社化、「株式会社エヌアールイー中村亭」発足。
    • 大船軒」の販売部門を分社化し、合弁会社「大船軒トラベルフーズ株式会社」を設立。
    • 東華軒」の販売部門を分社化し「株式会社東華軒ステーションサービス」設立。
    • 万葉軒」の販売部門を分社化し「株式会社エヌアールイー万葉軒」設立。
    • 伯養軒」の販売部門を分社化し、合弁会社「株式会社エヌアールイー伯養軒」を設立。
    • 7月 - 同月より運行を開始した寝台特急「カシオペア」で食堂の営業を開始[1]
    • 11月 - 本社所在地を東京都港区高輪に移転[1]

2000年代編集

  • 2001年(平成13年) - 「O-bento」が発売開始。
  • 2002年(平成14年)
  • 2003年(平成15年)
    • 6月 - 「株式会社日本ばし大増」の株式取得、「株式会社日本レストラン調理センター」と合併し「株式会社NRE大増」発足[1]
  • 2004年(平成16年)
  • 2005年(平成17年) - 「高崎弁当」の販売部門を分社化、共同出資で「株式会社NREたかべん」設立。「株式会社エヌアールイー伯養軒」の100%子会社化に伴い「株式会社エヌアールイーみちのく」に商号変更。
  • 2006年(平成18年)
    • 東海道本線総武快速線横須賀線でのグリーンアテンダント乗務開始[1]
    • 「エヌアールイーみちのく」、「東華軒ステーションサービス」を吸収合併。
    • 東京列車営業支店勝田・いわき各営業所開設。
    • 10月 - 「株式会社エヌアールイー越川」を吸収合併し、常磐線の車内販売を直営化[1]
  • 2007年(平成19年)
    • 常磐線中距離列車でのグリーンアテンダント乗務開始[1]
    • 4月6日 - 「O-bento」製造の米国子会社NRE World Bento, Inc(略称NREWB、本社・米国カリフォルニア州)の株式4800株を米国時間で4月5日付けでWatari-Wong Companies, Inc(WWC、本社・米国カリフォルニア州)に譲渡し、「O-bento」事業から撤退すると発表。年内に販売が打ち切られた。
    • 10月14日 - さいたま市大宮区大成に開業した鉄道博物館の1階に「旅のレストラン日本食堂」がオープン。看板には日本食堂時代のロゴマーク(コック帽をかぶった0系新幹線)を使用し、店内のウェイトレスも食堂車の営業当時のデザインを採り入れている。
  • 2009年(平成21年)
    • 3月14日 - 特急つがる・かもしかの車内販売を廃止。
    • 9月 - 商品本部がISO9001【品質マネジメントシステム】認証を取得[1]
    • 11月25日 - 株式会社大船軒の弁当製造販売事業会社の株式を取得し、完全子会社化[1]

2010年代編集

  • 2010年(平成22年)
    • 3月31日 - 宇都宮営業支店(旧・宇都宮列車営業支店)が廃止。
    • 4月 - 秋葉原駅構内で駅型フードコート「Tokyo Food Bar」1号店の営業を開始[1]
    • 5月 - 西荻窪駅構内で、初のデベロッパー業態となる「Dila西荻窪」の営業を開始[1]
    • 9月30日 - 高崎営業支店が廃止。
    • 10月 - 成田国際空港第1ターミナルビル内で「Tokyo Food Bar」2号店の営業を開始[1][7]
    • 12月4日 - 盛岡営業支店青森営業所、八戸分室を廃止。盛岡営業支店新青森営業所を設置。
  • 2011年(平成23年)
    • 1月 - 「聚楽ティ・エス・エス株式会社」を100%子会社化[1]
    • 3月5日 - 東北新幹線「はやぶさ」運転開始に伴い、グランクラスアテンダントサービスを開始[1]
    • 4月 - 「大船軒トラベルフーズ株式会社」および「聚楽ティ・エス・エス株式会社」を吸収合併[1]
    • 7月1日 - JR東日本が100%株主となる
    • 10月1日 - 「株式会社デリシャスリンク」を合併[1]
    • 10月1日 - 日食田中屋を100%子会社化[1]
    • 10月1日 - みかど株式会社東京地区店舗の営業権譲受。
  • 2012年(平成24年)
    • 4月 - 日食田中屋を吸収合併[1]
    • 8月 - 東京都港区内にグランクラスアテンダント用研修施設「NRE Seaside Education Center」を開設[1]
    • 11月 - 西武鉄道所沢駅構内で、「野菜を食べるカレーCamp express エミオ所沢店」の営業を開始。私鉄駅での営業はこれが初となる[1]
  • 2013年(平成25年)
  • 2014年(平成26年)
    • 1月1日 - 特急あやめの車内販売を廃止。
    • 3月15日 - 特急しおさいわかしおさざなみの車内販売を廃止。
    • 4月 - 「株式会社エヌアールイー中村亭」・「株式会社エヌアールイー万葉軒」を吸収合併[1]
    • 4月 - グリーンアテンダントの雇用形態を契約社員から正社員に変更(会社側は「アテンダント社員化」と称する)[1]
    • 4月 - 執行役員制度を導入[1]
    • 4月 - 新潟県十日町市で卵・乳・小麦を使用しない菓子製造専用ラインを持った「十日町すこやかファクトリー」の稼動を開始[1]
    • 10月1日 - 金沢列車営業支店を新設、特急はくたかの車内販売について、北陸トラベルサービス乗車分を継承[9]
  • 2015年(平成27年)
  • 2016年(平成28年)
    • 3月1日 - 同日より同年5月26日まで、フランスのパリリヨン駅にて駅弁の臨時売店の営業を行う[1][13]
    • 5月 - 「CK本部浦和工場」の操業開始[1]
    • 6月 - 「株式会社NREたかべん」を100%子会社化[1]
    • 7月 - 「芝弥生会館(シーサイドホテル芝弥生)」を閉館[1]
    • 8月 - 台湾の台北駅で初めて駅弁を販売[1]
  • 2017年(平成29年)
    • 5月 - 駅改札外では初となる店内製麺の二八蕎麦店舗「そばじ 錦糸町テルミナ2号店」を開店[1]
    • 6月 - 神田駅で「神田鐵道倶楽部」の営業を開始[1]
    • 8月 - 社内ベンチャー制度がスタート[1]
    • 10月 - 常磐線の竜田駅 - 富岡駅間運転再開に合わせて、富岡駅で「さくらステーションKINONE」の営業を開始[1]
  • 2018年(平成30年)
    • 10月30日 - 同日より同年11月30日まで、フランスのパリリヨン駅にて駅弁の臨時売店の営業を行う[13]
  • 2019年(平成31年/令和元年)
    • 3月16日 - 北海道新幹線、東北新幹線「やまびこ」、秋田新幹線こまち盛岡駅 - 秋田駅間)」、特急「踊り子」・東武鉄道直通特急、特急「草津」、特急「いなほ酒田駅 - 秋田駅間)」の車内販売を廃止。残りの新幹線・在来線特急列車についても取扱品目を大幅縮小する。
    • 4月 - 神奈川県川崎市で介護付有料老人ホーム「NRE新川崎弥生ハイツ」の営業を開始[1]
    • 4月1日 - 車内販売、アテンダント業務の移管を目的に、完全子会社の「株式会社JR東日本サービスクリエーション」を設立[14][15]
    • 7月1日 - 新幹線・在来線特急の車内販売でお弁当・軽食・デザート類・お土産・雑貨・ホットコーヒーの取扱を全て終了する[16]
    • 7月1日 - 車内販売、アテンダント業務を株式会社JR東日本サービスクリエーションに移管。同時に、同社の全株式を東日本旅客鉄道株式会社に現物配当し、関連会社から除外[15]
    • 8月 - 本社機能を一部統合し、本社所在地を東京都台東区台東に移転[1]
  • 2020年(令和2年)
    • 4月1日 - Becker`s等を運営しているジェイアール東日本フードビジネスを合併し、商号を株式会社JR東日本フーズに変更[3][4]

事業所編集

2019年7月1日現在[17]

弁当事業本部編集

  • 弁当企画部
  • 弁当営業部
  • 東京弁当営業支店
    • 上野営業所
    • 新宿営業所
    • 大宮営業所

外食事業本部編集

  • 外食企画部
  • そば営業部
  • 外食営業部
  • TSC営業部

CK本部編集

  • 生産管理部
    • 企画課
    • 施設管理課
  • 安全管理部
  • 営業部
    • 営業推進G
    • 購買管理G
    • 業務G
  • 物流営業部
    • 物流営業支店
  • 戸田工場
    • 製造部
    • 加工食品部
    • 製麺部
  • 浦和工場
    • 製造部
    • ロジスティック部
  • 十日町すこやかファクトリー
  • 仙台調理センター
 
CK本部北戸田工場(2012年撮影)

過去の事業編集

O-bento(オーベントー)編集

NREの米国子会社NRE World Bento, Inc(略称NREWB、本社・米国カリフォルニア州)が、米国農務省の認証を受け、米国オーガニック米、ナチュラル食材の調達と弁当の製造、販売、輸出をおこなう米国現地法人で、1999年11月設立された。同社で製造された「冷凍弁当O-bento」は、ジェイアール東日本商事を通じてNREが輸入し、2001年7月から大600円、小330円の2価格帯で、JR東日本駅構内売店その他で販売された。販売時は冷凍ではなく、予め解凍した商品を店頭に並べていた。通販品に限り、保存性を考慮して冷凍のまま販売していた。

NREは2005年7月から買い求めやすさなどを打ち出した「500円O-bento」にリニューアルした。その後も新作弁当開発などに取り組んだが、2003年のBSE問題を機に売れ筋商品の牛肉関連弁当の製造、輸入中止に追い込まれ、2005年の鳥インフルエンザ大流行など、NREWBを取り巻く経営環境は厳しかった。

米輸入には高関税がかけられるが、肉と魚の含有量が20%超で、ご飯とおかずが分離できない「肉魚調製品」とすることで、低関税で輸入できることから(小)1個330円で販売が可能になった。しかし、これに関しては農民連をはじめとした一部の農業者団体が関税逃れだとして告発し、実際には含有率が20%未満だったとして追徴課税されるなど、低価格での販売継続が困難になり、2003年のピーク時に年間200万個だった販売個数が、2006年は55万個まで落ち込んでいた。在庫数を考慮し、2007年10月を目処に販売を終了した。

NREは2007年2月22日の取締役会でNREWB株式のWatari-Wong Companies, Inc(WWC、本社・米国カリフォルニア州)への譲渡を代表取締役に一任した。3月16日、NRE、ジェイアール東日本商事、WWCの3者で株式譲渡契約が締結され、29日のNRE取締役会で承認された。なお、ジェイアール東日本商事も4月5日付けでNREWBの株式400株をWWCに譲渡した。

列車サービス本部編集

2019年7月1日をもって、株式会社JR東日本サービスクリエーションに移管。移管直前には、JR東日本の列車で実施される全ての車内販売を担当していた。

  • 列車企画部
  • 列車営業部
  • アテンダント部
  • 東京列車営業支店
    • 新宿営業所
  • いわき列車営業支店
  • 仙台列車営業支店
    • 山形営業所
  • 盛岡列車営業支店
    • 新青森営業所
  • 秋田列車営業支店
  • 新潟列車営業支店
  • 松本列車営業支店
  • 金沢列車営業支店
  • 東京グリーンアテンダントセンター
  • 新宿グリーンアテンダントセンター
  • 上野グリーンアテンダントセンター
  • 大船グリーンアテンダントセンター
  • 小金井グリーンアテンダントセンター
  • 籠原グリーンアテンダントセンター
  • 土浦グリーンアテンダントセンター
  • 千葉グリーンアテンダントセンター

関連会社編集

過去の関連会社編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl 会社概要|会社案内|NRE 株式会社日本レストランエンタプライズ”. 2019年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 株式会社日本レストランエンタプライズ 第117期決算公告”. 2019年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月26日閲覧。株式会社日本レストランエンタプライズ 第117期決算公告
  3. ^ a b “JR東日本グループ事業の再編についてのお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2019年12月11日), https://www.jreast.co.jp/press/2019/20191211_ho01.pdf 2019年12月12日閲覧。 
  4. ^ a b “合併についてのお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 日本レストランエンタプライズ, (2019年12月11日), オリジナルの2019年12月12日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20191212111639/https://www.nre.co.jp/Portals/0/release/191211.pdf 2019年12月12日閲覧。 
  5. ^ JR九州年譜
  6. ^ 登記簿で確認。公式サイトのこのページには社名が残っているが、2010年時点で会社情報-会社案内からたどれるページ([1]および[2])には社名がない。
  7. ^ Tokyo Food Bar(第1ターミナル)|レストラン・ショップ情報|成田国際空港
  8. ^ JR東日本グループ 事業再編についてのお知らせ (PDF)” (2013年1月29日). 2015年3月16日閲覧。
  9. ^ “JR東子会社が金沢営業支店 「はくたか」の車内販売”. 北國・富山新聞ホームページ (北國新聞社). (2014年9月25日). オリジナルの2015年4月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150402122151/http://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20140925305.htm 2015年11月10日閲覧。 
  10. ^ “北陸新幹線 長野〜金沢間開業に伴う運行計画の概要について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2014年8月27日), http://www.jreast.co.jp/press/2014/20140814.pdf 2014年8月27日閲覧。 
  11. ^ “北陸新幹線長野〜金沢駅間開業時の特急・快速列車について” (PDF) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2014年8月27日), http://www.westjr.co.jp/press/article/items/140827_00_w7.pdf 2014年8月27日閲覧。 
  12. ^ a b “一部の新幹線・在来線特急列車の車内販売サービスと新幹線「グリーンアテンダント」によるサービスの終了について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2015年1月16日), http://www.jreast.co.jp/press/2014/20150110.pdf 2015年1月16日閲覧。 
  13. ^ a b ~駅弁文化の魅力を伝える~フランス国鉄パリリヨン駅で期間限定の駅弁売店をオープンします! (PDF)”. 東日本旅客鉄道株式会社・株式会社日本レストランエンタプライズ (2018年9月6日). 2020年3月26日閲覧。
  14. ^ 「移動空間の価値向上」を実現する新会社の事業開始について (PDF)” (2019年5月8日). 2019年5月8日閲覧。
  15. ^ a b c 会社概要|会社情報|株式会社JR東日本サービスクリエーション
  16. ^ 新幹線・在来線特急列車の車内販売サービスの取扱品目の見直しについて (PDF)” (2019年5月28日). 2019年5月31日閲覧。
  17. ^ 組織図・会社一覧|会社案内|NRE 株式会社日本レストランエンタプライズ”. 2019年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月24日閲覧。

外部リンク編集