日本三大夜景(にほんさんだいやけい)とは、日本中の代表的な夜景を3か所選んだものを指す。

一覧 編集

名称 都道府県 市町村 備考
  函館山から望む夜景 北海道 函館市 函館山から望む、北海道函館市の夜景
  摩耶山掬星台から望む夜景 兵庫県 神戸市 摩耶山掬星台から望む、兵庫県神戸市や大阪府大阪市の夜景
  稲佐山から望む夜景 長崎県 長崎市 稲佐山から望む、長崎県長崎市の夜景

日本新三大夜景都市 編集

日本新三大夜景都市は一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューローが認定するブランド。同法人が行う夜間観光士検定合格者の投票により決定される。3年ごとに選定されることになっており、第1回の2015年は1位長崎市、2位札幌市、3位神戸市、第2回の2018年は1位長崎市、2位札幌市、3位北九州市、第3回の2022年は1位北九州市、2位札幌市、3位長崎市が選ばれた[1]

備考 編集

  • 三箇所ともテレビ、FMラジオの基幹送信所がある。
  • 三箇所ともに海を望むことが出来る。
  • 2003年には非営利団体から「新日本三大夜景」というものも発表されている。

出典 編集

関連項目 編集