日本体育大学女子サッカー部

日本の女子サッカーチーム

日本体育大学女子サッカー部(にっぽんたいいくだいがく・じょしサッカーぶ)は、日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)及び関東大学女子サッカーリーグ1部、関東女子サッカーリーグに所属する女子サッカーチーム。大学の略称は日体(にったい)または日体大(にったいだい)。

日本体育大学女子サッカー部
原語表記 日本体育大学学友会女子サッカー部/日体大SMG横浜
愛称 S日体大
クラブカラー  
創設年 1985年
所属リーグ 日本女子サッカーリーグ
関東大学女子サッカーリーグ
所属ディビジョン (記事中を参照)
ホームタウン 神奈川県横浜市青葉区
ホームスタジアム Nittai U Yokohama.png日本体育大学健志台グラウンド
代表者 矢野晴之介
監督 大槻茂久
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

歴史編集

明治24年日本体育会が起源、その後日本体育会体操練習所、日本体育会体操学校、日本体育専門学校、日本体育大学と変遷。体育学部・児童スポーツ教育学部・保健医療学部を要している体育(スポーツ)系の総合大学である。日体大横浜・健志台キャンパス(神奈川県横浜市青葉区)を拠点とする。サッカー部創部は古く不詳、過去の名称日本体育大学学友会蹴球部。しかし創部年度を昭和29年(1954年当時は男子のみ)としている。のち昭和60年(1985年)女子部を併設する。女子部の併設年度は記録として残っている。オリンピックでのサッカー種目採用はアトランタオリンピック(1996年)が初めてなので、それを考えると創部はかなり古い。卒業後は実業団にも就職するが、概ね指導者(体育教員・養護教員・小学校教員)になる者が多い。因みに男子(2012年度関東1部リーグ所属)は過去に全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)で2度優勝している。サッカー部OG,OBに全日本高等学校女子サッカー選手権大会全国高等学校総合体育大会サッカー競技・全国高校サッカー選手権大会等の全国大会に導く指導者が多いことでも著名である。

大学女子サッカー界の草分けで、「女子の天皇杯」と呼ばれる皇后杯 JFA 全日本女子サッカー選手権大会に10回出場の名門で、全日本大学女子サッカー選手権大会18回(前身の全国大学女子サッカー大会での優勝4回を含むと22回、史上最多)、関東大学女子サッカーリーグ(1部)18回(史上最多)関東女子サッカーリーグ(1部)3回、なでしこリーグ(2部)1回の優勝を誇る。

全日本大学女子サッカー選手権大会1995年から4年連続優勝という実績により、1999年には実験的措置ではあるが日本女子サッカーリーグ(L・リーグ)に加入した。しかし「卒業による主力選手の退団」という学生チームゆえの世代交代の時期にあたっていたためL・リーグを戦い抜く戦力は残っておらず、前期にわずか1勝しかあげられなかったため1999年シーズンのみで脱退したが、このとき所属していた選手のうち青木知里田代久美子が、のちにL・リーグ入りした。

現在、日本女子サッカー界において、在学中から日本女子代表「なでしこジャパン」に選ばれた丸山桂里奈スペランツァFC大阪高槻/アテネオリンピック北京オリンピック・ロンドンオリンピック代表・2011年W杯優勝メンバー)と川澄奈穂美INAC神戸レオネッサ2011年W杯優勝メンバー・ロンドンオリンピック代表)などが活躍している。また、2010年度からはプレナスチャレンジリーグEASTにも所属し、L・リーグ時代から11年の時を経て日本女子サッカーリーグに復帰した。その他、2軍であるサテライトチームが神奈川県女子サッカーリーグに所属している。

日本体育大学サッカー部同窓会として男子・女子合同会もあるが、女子のみのサッカー部OG会として日体大名蹴会(にったいだいめいしゅうかい)という同窓会がある。なお日本サッカー名蹴会(日本サッカー界を引退した有名人の集い)とは別組織である。

2015年度からフィールズとスポンサー契約し、なでしこリーグに参加するチーム名を「日体大FIELDS横浜」(にったいだいフィールズよこはま)とした。2016年からは大学OBの嶋田千秋東京NB)を筆頭に社会人選手も加入し、2017年にはなでしこリーグ2部で初優勝を果たし、L・リーグ時代以来19年ぶりとなる1部昇格となった。しかし、2018年シーズンは9位に終わり、入れ替え戦に回るも、ニッパツ横浜FCシーガルズとの入れ替え戦は2戦合計3-3であったがアウェーゴール差により残留が決定した。2019年シーズンはなでしこリーグ最下位に低迷し、2シーズンでなでしこリーグ2部降格した。2020年シーズンも2部で10チーム中9位に低迷し、シーズン終了後嶋田は現役引退を表明した。

2021年シーズンは、WEリーグ発足に伴う再編で、日体大は1部に所属することになった。また、社会人選手の嶋田の引退、橋谷優里AC長野へ、江﨑杏那NGU名古屋へそれぞれ完全移籍したことに伴い、リーグ参入以来初めて学生のみで戦うシーズンとなった。

2022年シーズンから新富士病院グループとトップパートナー契約を結び、チーム名が「日体大SMG横浜」(にったいだいエスエムジーよこはま、SMG=Shin-fuji Medical Group)へ変更されることになった[1]

年度別成績・歴代監督編集

日本女子サッカーリーグ編集

年度 チーム名 リーグ チーム数 試合数 勝点 リーグ順位 リーグ杯 皇后杯 監督
1999 日本体育大学女子サッカー部 L・リーグ 8 14 3 1 0 13 8位 - 2回戦敗退
2010 日本体育大学女子サッカー部 チャレンジEAST 6 15 26 8 2 5 3位 - 3回戦敗退   矢野晴之介
2011 6 15 24 7 3 5 4位 -
2012 チャレンジ 12 22 43 14 1 7 4位 2回戦敗退
2013 16 22 29 9 2 11 9位 2回戦敗退
2014 16 22 51 16 3 3 2位 3回戦敗退
2015 日体大FIELDS横浜 なでしこ2部 10 27 56 18 2 7 3位 - 3回戦敗退
2016 10 18 20 5 5 8 6位 準優勝 3回戦敗退
2017 10 18 42 13 3 2 優勝 準優勝 3回戦敗退
2018 なでしこ1部 10 18 13 3 4 11 9位 GL敗退 3回戦敗退   小嶺栄二
2019 10 18 14 4 2 12 10位 GL敗退 ベスト8   楠瀬直木
2020 なでしこ2部 10 18 9 2 3 13 9位 (中止)[2] 2回戦敗退   萩原直斗
2021 なでしこ1部 12 22 36 11 3 8 4位 - 1回戦敗退   大槻茂久
2022 日体大SMG横浜 12 22 29 9 2 11 7位 1回戦敗退

全国大学女子サッカー大会編集

優勝:4回(1988, 1989, 1990, 1991年)

全日本大学女子選手権編集

優勝:18回(1992, 1993, 1995, 1996, 1997, 1998, 2000, 2001, 2002, 2003, 2004, 2007, 2008, 2011, 2012, 2014, 2018, 2019年)

関東女子リーグ戦編集

優勝:3回(2003, 2007, 2008年)

関東大学女子リーグ戦編集

優勝:18回(1987, 1988, 1989, 1990, 1991, 1992, 1993, 1994, 1995, 1996, 1997, 2004, 2005, 2006, 2008, 2014, 2016, 2017年)

ユニフォーム編集

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd)
 
 
 
 
FP 1st
 
 
 
 
FP 2nd
 
 
 
 
GK 1st
 
 
 
 
GK 2nd

クラブカラー編集

 

ユニフォームスポンサー編集

掲出箇所 スポンサー名 表記 備考
新富士病院グループ SMG+
新富士病院グループ
鎖骨 工藤建設 工藤建設 左側に表記
青葉さわい病院 青葉さわい病院 右側に表記
背中上部 工藤建設 Florence Kudo
背中下部 新富士病院グループ 新富士病院グループ

ユニフォームサプライヤー編集

所属選手・スタッフ編集

2022年

スタッフ編集

役職 氏名 生年月日 (年齢) 前職 備考
監督   大槻茂久 (1980-04-29) 1980年4月29日(42歳) 神奈川大学女子サッカー部 監督

選手編集

Pos No. 選手名 生年月日 (年齢) 前所属 備考
GK 1   伊能真弥 (2000-09-29) 2000年9月29日(22歳) 浦和レッズレディースユース
12   服部茜汐香 (2003-07-13) 2003年7月13日(19歳) JFAアカデミー福島
19   西川佳那 (2004-02-03) 2004年2月3日(18歳) 常盤木学園高等学校
30   八木芙有 (2001-06-19) 2001年6月19日(21歳) 日体大FIELDS横浜サテライト
DF 2   毛利美佑   (2000-04-12) 2000年4月12日(22歳) INAC神戸レオンチーナ キャプテン
3   髙橋恵美理 (2000-05-09) 2000年5月9日(22歳) 浦和レッズレディースユース
5   富岡千宙 (2001-08-15) 2001年8月15日(21歳) JFAアカデミー福島
13   知久奈菜穂 (2002-03-02) 2002年3月2日(20歳) 日体大FIELDS横浜サテライト
15   軍司美玖 (2000-04-17) 2000年4月17日(22歳) 日体大FIELDS横浜サテライト
20   小牧明日香 (2003-02-19) 2003年2月19日(19歳) 柳ヶ浦高等学校
21   中山友菜 (2001-12-19) 2001年12月19日(21歳) 日体大FIELDS横浜サテライト
25   寺田梨乃 (2004-02-04) 2004年2月4日(18歳) 修徳高等学校
MF 6   高原天音 (2002-02-27) 2002年2月27日(20歳) 大商学園高等学校
8   渡部麗 (2002-04-08) 2002年4月8日(20歳) JFAアカデミー福島
10   渡邊真衣 (2000-09-05) 2000年9月5日(22歳) 福井工業大学附属福井高等学校
14   田村かのん (2001-12-03) 2001年12月3日(21歳) 日体大FIELDS横浜サテライト
16   金子麻優 (2001-11-05) 2001年11月5日(21歳) 日体大FIELDS横浜サテライト
17   森文佳 (2002-12-24) 2002年12月24日(20歳) 大商学園高等学校
22   岡本亜子 (2002-07-17) 2002年7月17日(20歳) 岡山県作陽高等学校
24   朝倉加奈子 (2003-04-03) 2003年4月3日(19歳) 大阪学芸高等学校
27   窓岩日菜 (2003-08-06) 2003年8月6日(19歳) 藤枝順心高等学校
29   篠田帆花 (2003-08-04) 2003年8月4日(19歳) 日ノ本学園高等学校
FW 4   谷口清夏 (2000-07-21) 2000年7月21日(22歳) 日体大FIELDS横浜サテライト
7   森田美紗希 (2002-01-11) 2002年1月11日(21歳) 岡山県作陽高等学校
9   大西若菜 (2002-09-09) 2002年9月9日(20歳) 浦和レッズレディースユース
11   三浦晴香 (2000-09-02) 2000年9月2日(22歳) 浦和レッズレディースユース
18   吉川はなの (2003-05-05) 2003年5月5日(19歳) 修徳高等学校
23   加藤明星 (2002-05-23) 2002年5月23日(20歳) 柳ヶ浦高等学校
26   錦織美紀 (2003-12-23) 2003年12月23日(19歳) ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU18
32   北沢明未 (2004-01-12) 2004年1月12日(19歳) 開志学園JSC高等部

歴代監督(関係者含む)編集

日本女子サッカーリーグ参入時のみ)

  • 森田英夫 - 2007年3月15日55歳逝去。漫画「赤き血のイレブン」森田主将のモデルである。
    全国高校サッカー選手権大会の1969年浦和南高校優勝時(高校サッカー全国3冠達成)のレギュラーメンバーで日体大でも活躍。劇画「赤き血のイレブン」のエースストライカー玉井真吾のモデルとなった永井良和とFW(左ウィング)でコンビを組み、高校サッカー界で一世を風靡した。
  • 芦原正紀 - 2007年11月から (現神奈川県サッカー協会女子委員長・湘南工科大学教員)
  • 矢野晴之介 - 2008年4月から(日体大卒-日体大院-筑波大学院修士課程修了)
    2012年1月5日国立競技場にてインカレ対神奈川大学1対1延長戦0対0規定により両校優勝(14回目の優勝に導く)。
  • 岡野俊一郎 - 元日本代表監督、元学校法人日本体育大学理事(顧問)。

かつて所属していた選手 (関係者含む)編集

OG一覧
引退選手
現役選手
池田咲紀子(三菱重工浦和レッズレディース)は在学時、日体大サッカー部ではなく、浦和レッズレディースに所属。
三浦成美日テレ・東京ヴェルディベレーザ)は在学時、日体大サッカー部ではなく、日テレ・ベレーザに所属。
近賀ゆかりサンフレッチェ広島レジーナ)は在学時、日体大サッカー部ではなく、日テレ・ベレーザに所属。

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集