メインメニューを開く

日本体育大学硬式野球部(にっぽんたいいくだいがくこうしきやきゅうぶ, Nippon Sport Science University Baseball Club)は、首都大学野球連盟に所属する大学野球チーム。日本体育大学の学生によって構成されている。 正式名称は「学友会日本体育大学硬式野球部」で、大学の略称は日体(にったい)または日体大(にったいだい)。

ユニホームは、スカイブルーに青字NITTAIと表記されたもの。左袖には「花桜」のシンボルマーク、右袖にNSSUの文字。ブルーの野球帽にはNSの白文字、ストッキング青色。

概要編集

1891年(明治24年)日本体育会が起源。明治26年体操練習所、日本体育会体操学校、日本体育専門学校、日本体育大学と変遷。創部は古く不詳(部誌に昭和21年「1946年」土浦校舎時代に活動再開とある)、しかし大学野球連盟に加盟した1952年(昭和27年)を創部としている。現在、首都大学野球連盟創設時から加盟している伝統校であり、毎年概ねリーグ戦の上位に位置する強豪で、リーグ優勝は21回・準優勝35回である。

教員養成・スポーツ医療系(体育学部・スポーツ文化学部・スポーツマネジメント学部・児童スポーツ教育学部・保健医療学部)の総合大学(単科大学)である。

大学卒業後、高校・中学校指導者監督・部長(責任教師)・コーチ(教職員など)となり全国大会出場(甲子園「全国高等学校野球選手権大会」「選抜高等学校野球大会」、全中「全国中学校軟式野球大会」等)に導くOBが多い事でも有名である。概ね大学自体が教員養成「指導者養成」系(スポーツ科学・体育学・児童スポーツ教育学・保健医療学)なので教員志望が多くプロ・実業団志望者は少ない。しかし過去にはプロ野球ドラフト会議にて指名されプロ野球選手になった卒業生もいる(プロ野球に進んだ選手は後述)。部員数が多く班別(Aコース・Bコース、学生コーチ1軍2軍3軍など)に分かれている。一時期は日本一部員(初年度登録・大学連盟)の多い大学と云われていた。

横浜市青葉区六大学(國學院大學桐蔭横浜大学玉川大学横浜美術大学カリタス女子短期大学・日体大)支援協定により「AOBA Baseball Festa」として交流戦や野球教室を開催している。

リーグ戦優勝時には優勝を祝し野球部員によるエッサッサが伝統としてスタンドで披露される。

歴史編集

部長 上平雅史 - 櫻井忠 - 関根義雄 - 河野徳良(現在)

本拠地編集

  • 合宿所 - 日体大横浜健志台キャンパス合宿寮(横浜市青葉区鴨志田町)
  • グラウンド - 日本体育大学横浜健志台野球場(横浜市青葉区鴨志田町)

記録編集

主な出身者・関係者編集

外部リンク編集