メインメニューを開く

日本保安用品協会

公益社団法人 日本保安用品協会(にほんほあんようひんきょうかい、英文名称Japan Safety Appliances Association.)は、保安用品関連の業界団体で構成された団体であり、内閣府所管の社団法人である。

目次

概要編集

  • 本部所在地 - 〒113-0034 東京都文京区湯島2-31-15 和光湯島ビル5階
  • 設立 - 1948年昭和23年)7月10日
  • 会長 - 酒井眞一
  • 会員 - 普通会員28社、維持会員10団体、特別会員、賛助会員
  • 委員会 - 庶務委員会、財務委員会、内部監査委員会、事業委員会、広報委員会、工業会等連絡委員会、ISO/TC85/SC2放射線防護国内対策委員会、ISO/TC94/SC1安全帽国内対策委員会、ISO/TC94/SC3安全靴国内対策委員会、ISO/TC94/SC6目及び顔の保護具国内対策委員会、ISO/TC94/SC13防護服国内対策委員会、ISO/TC94/SC15呼吸用保護具国内対策委員会、ISO/TC145/SC2安全標識国内対策委員会
  • 事業内容
保安用品に関する調査研究および製造事業者に対する指導など。

構成団体編集

ヘルメットの製造業者で構成された団体。
安全靴の製造業者で構成された団体。
保護眼鏡の製造業者で構成された団体。
ガス検知警報器の製造業者で構成された団体。
ウインドウ・フィルムの製造業者で構成された団体。
呼吸用保護具の製造業者で構成された団体。
安全帯の製造業者で構成された団体。
防護服の製造業者で構成された団体。
プロアクティブスニーカーの製造業者で構成された団体。
標識の製造業者で構成された団体。

沿革編集

外部リンク編集