日本医科大学千葉北総病院

日本の千葉県印西市にある病院

日本医科大学千葉北総病院(にほんいかだいがくちばほくそうびょういん)は、千葉県印西市(旧印旛郡印旛村地区)鎌苅にある病院である。学校法人日本医科大学が運営する大学付属病院として1994年平成6年)1月26日に開院した[2][3]千葉県災害拠点病院臨床研修指定病院に指定されている。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 日本医科大学千葉北総病院
Nippon Medical School Chiba Hokusou Hospital.JPG
情報
英語名称 Nippon Medical School, Chiba Hokusoh Hospital
前身 日本医科大学付属千葉北総病院
標榜診療科 内科, 血液内科, 外科, 精神科, 脳神経外科, 呼吸器外科, 消化器外科, 腎臓内科, 心臓血管外科, 小児科, 整形外科, 形成外科, 皮膚科, 泌尿器科, 女性診療科・産科, 眼科, 耳鼻咽喉科, リハビリテーション科, 放射線科, 歯科, 麻酔科, 乳腺外科, 呼吸器内科, 循環器内科, 緩和ケア内科, 消化器内科, 糖尿病内科, 内分泌内科, 脳神経内科
許可病床数 574[1]
一般病床:574床
療養病床:574床
機能評価 一般500床以上:Ver1.0(3rdG)
開設者 日本医科大学
管理者 別所 竜蔵(院長)
開設年月日 1994年平成6年)1月26日[2][3]
所在地
270-1694
位置 北緯35度46分53秒 東経140度11分54秒 / 北緯35.78139度 東経140.19833度 / 35.78139; 140.19833
二次医療圏 印旛
特記事項 ドクターヘリ事業
PJ 医療機関
テンプレートを表示
同病院およびヘリポートを空撮

概要編集

千葉ニュータウンの東に位置する。

日本医科大学印旛医療学園都市構想「INBA-HITEC」の中核施設として1993年(平成5年)4月12日に日本医科大学看護専門学校が開校[4]

1996年(平成8年)7月に千葉県より災害拠点病院(基幹災害医療センター)の指定を受けることになった[5]

1999年(平成11年)より印旛・山武地域では2番目の救命救急センターを設置。

2001年には、全国で初めてドクターヘリを導入。基地病院として千葉県はもとより、茨城県の重症救急患者の救命率向上にも寄与している。

2004年(平成16年)3月24日からは、日本初の救急搬送支援システム「M-MOCS」(Medical Mobile Operation Control System)を導入。救急車が緊急走行する際、信号機制御で交差点を優先的に通過させる「現場急行支援システム」(FAST)と、救急車の救急走行時の通過地点を医療機関に伝える「車両通行管理システム」(MOCS)を統合したシステムで円滑な救急搬送を可能にしている[6]

沿革編集

診療科編集

医療機関の指定等編集

  • 保険医療機関
  • 労災保険指定医療機関
  • 指定自立支援医療機関(更生医療・育成医療・精神通院医療)
  • 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関
  • 精神保健指定医の配置されている医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 結核指定医療機関
  • 指定養育医療機関
  • 戦傷病者特別援護法指定医療機関
  • 原子爆弾被爆者一般疾病医療取扱医療機関
  • 公害医療機関
  • 母体保護法指定医の配置されている医療機関
  • 災害拠点病院
  • 救命救急センター
  • 臨床研修指定病院
  • 特定疾患治療研究事業委託医療機関
  • DPC対象病院
  • 指定療育機関
  • 小児慢性特定疾患治療研究事業委託医療機関
  • 地域がん診療連携拠点病院

ドクターヘリ編集

50km圏内へ離陸(離陸までエンジンをスタートして約2分掛かる)から約15分以内に到着することが出来るようになった。北総病院は勿論のこと、千葉県救急医療センター千葉市)、千葉大学医学部附属病院(千葉市)、成田赤十字病院成田市)、総合病院国保旭中央病院旭市)、亀田総合病院鴨川市)など、広域に渡って重症患者を運ぶ。北総の50km圏内の北側約3分の1は、茨城県側に掛かる事から、稲敷広域消防本部鹿島地方事務組合消防本部鹿行広域消防本部などと連携し、茨城県側の重症患者搬送も担っている。運航に要する費用は1年間で約1億8千万円で、国と県が負担することになっている。

また、県内では、県単独事業として、2009年(平成21年)1月に君津中央病院木更津市)にもドクターヘリが配備された[11]

撮影協力編集

永禄大学附属病院としてドラマのメインロケ地となり、ドクターヘリと合わせて放送された。
翔陽大学附属北部病院としてドラマのメインロケ地となり、ドクターヘリと合わせて放送された。また、ドラマの放送に合わせてヘリポートの改装を行った。ドラマの中で救命医師が着ている青いユニフォームも同病院のものがモデル。医療監修・医療指導も同病院救命救急センターの松本尚医師を始めとするスタッフが担当している。作中で千葉北総のドクターヘリが映り込むカットもある。

院内のサービス施設編集

アクセス編集

電車編集

無料送迎バス編集

路線バス編集

どの路線も一律大人300円、子供150円である。

  • なの花交通バス(六合路線)
    • 京成本線 京成佐倉駅 北口から「日本医大病院経由 印旛日本医大駅行」「日本医大病院・印旛日本医大駅経由 小林駅行」で、約20分。
    • 成田線 小林駅 北口から「日本医大病院・印旛日本医大駅経由 京成佐倉駅行」で、約20分。
  • ちばレインボーバス(印旛学園線)
    • 京成本線 京成酒々井駅 西口から「北総病院経由 印旛日本医大駅行」で、約20分。
  • 大成交通(宗像路線)
    • 京成本線 京成臼井駅 北口から「日医大病院経由 印旛日本医大駅行」「日医大病院・印旛日本医大駅経由 大成交通前行」で、約30分。[注釈 2]

自動車編集

成田国際空港クリニック編集

成田国際空港第2ターミナルビル地下1階にクリニック(診療所)がある。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 2017年平成29年)10月2日より運行開始。
  2. ^ 1998年平成10年)4月1日より運行開始。

出典編集

  1. ^ “千葉北総病院が完成 600床、診療科目は22”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 14. (1993年11月12日) 
  2. ^ a b c “元熱田派、調停受け入れ 話し合いの場は共生懇に”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 19. (1994年1月27日) 
  3. ^ a b c “北総地域の中核医療施設 日本医科大学附属「千葉北総病院」きょう開院”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 6. (1994年1月26日) 
  4. ^ a b “日本医科大看護専門校 12日に開校 医療学園都市建設に弾み”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 14. (1993年4月13日) 
  5. ^ a b “県が災害拠点病院指定へ 旭中央など17病院 12年度までに整備”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 1. (1996年7月17日) 
  6. ^ a b “救急車接近信号「青」に 県警の「救急搬送支援システム」稼動 通過位置、病院に送信”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 19. (2004年3月25日) 
  7. ^ “校地開発申請を提出 日医大が600億円を投じ 四年度末完成へ 印旛村”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (1991年4月12日) 
  8. ^ “日本医科大 背任容疑で理事長告発 病院建設で内紛”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 19. (1991年11月19日) 
  9. ^ “「勝手に契約」と理事長告発 日医大の病院建設で”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 19. (1991年11月20日) 
  10. ^ “「ドクターヘリ」導入 あすから本格運用 重症患者の救命率向上図る 印旛村”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 14. (2001年9月30日) 
  11. ^ “「地元にも大きな安心」 君津中央病院にドクターヘリ 11日、市民見学会も”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 17. (2009年1月8日) 

参考文献編集

  • つくば書店レポート部 編『つくばレポートvol.1』つくば書店、2005年9月25日、81pp. ISBN 4-902451-00-X

関連項目編集

外部リンク編集