メインメニューを開く

日本哲学会(にほんてつがくかい、英語: The Philosophical Association Of Japan)は、八王子市南大沢
首都大学東京南大沢キャンパス5号館内に事務局を置く日本人文学学会である。1949年に設立された。設立当時すでに存在した各種哲学系学会、研究機関の全国規模での交流を図ること、および対外的に海外の各種学会との交流を図る窓口となるべく設立された[1]。初代会長は天野貞祐[2]。2006年時点の会員数は1,775名、この内 女性は138名(約8%)[3]

にほんてつがくかい
日本哲学会
英語名称 The Philosophical Association Of Japan
専門分野 人文学
設立 1949年
会長 加藤泰史
事務局 日本の旗 日本
〒113-0033
八王子市南大沢
首都大学東京南大沢キャンパス5号館
会員数 1,775名(2006年現在)
ウェブサイト http://philosophy-japan.org/
テンプレートを表示

機関誌編集

機関誌として雑誌『哲学』を年一回発行している。『哲学』は学会設立3年後の1952年に創刊された[1]。以降年一回のペースで発行を続けている。2009年よりJournal@rchiveおよびJ-STAGEにて、雑誌本文がPDF形式で全文無料公開されるようになった(オープンアクセス化)。

会長編集

以下、歴代会長の一覧である[2]

名前 所属職名(就任時) 期間
天野貞祐 獨協大学長 1949年12月〜1950年3月
務台理作 東京文理科大学教授・慶應義塾大学教授 1950年4月〜1953年3月
伊藤吉之助 東京大学教授 1953年4月〜1956年3月
出隆 東京大学教授 1956年4月〜1958年3月
桂寿一 東京大学教授 1958年4月〜1960年3月
三宅剛一 学習院大学教授 1960年4月〜1964年3月
桂寿一 中央大学教授 1964年4月〜1966年3月
松本正夫 慶應義塾大学教授 1966年4月〜1968年3月
下村寅太郎 東京教育大学教授 1968年4月〜1969年4月
山崎正一 東京大学教授 1969年5月〜1973年4月
岩崎武雄 東京大学教授 1973年5月〜1976年10月
山崎正一 法政大学教授 1976年11月〜1977年4月
沢田允茂 慶應義塾大学教授 1977年2月〜1982年3月
山本信 東京大学教授 1982年4月〜1987年4月
藤沢令夫 京都大学名誉教授 1987年5月〜1991年6月
渡辺二郎 東京大学名誉教授 1991年7月〜1995年6月
坂部恵 東京大学教授 1995年7月〜1999年5月
加藤尚武 京都大学教授・鳥取環境大学学長 1999年6月〜2003年5月
野家啓一 東北大学教授 2003年6月〜2007年5月
高山守 東京大学教授 2007年6月〜2011年5月
飯田隆 日本大学文理学部教授 2011年5月〜2015年5月
加藤泰史 一橋大学教授 2015年5月〜

脚注編集

  1. ^ a b 天野貞祐, 出隆 1952
  2. ^ a b 日本哲学会歴代会長(委員長) 日本哲学会 2005年7月4日 最終閲覧日 2011年4月20日
  3. ^ 日本の文系学会における女性役員等比率 日本哲学会 男女共同参画ワーキンググループ 2006年3月4日 最終閲覧日 2011年4月20日

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集