メインメニューを開く

一般社団法人日本喜劇人協会(にほんきげきじんきょうかい)は、日本の喜劇人が所属する法人である。元文部科学省所管。

目次

略歴・概要編集

1954年昭和29年)1月に母体となる任意団体「東京喜劇人協会」が結成され、初代会長に榎本健一(エノケン)が就任した。翌1955年3月には「東京喜劇まつり」を主催し、第1回公演『銀座三代』を日本劇場で上演した。

同協会は1962年2月17日に「社団法人喜劇人協会」として設立された。管轄省庁は文化庁である。同年4月には「関西喜劇人協会」と統合し、現在の名称に変更した。

本法人は「喜劇に関する調査研究を行ない、その理論および技術の進歩を図るとともに、会員相互の連絡研修を行い、もって芸術文化の発展に寄与すること」を目的とし、同目的を達成するための事業として、

  1. 喜劇に関する調査研究およびその成果の発表
  2. 俳優の技芸および教養向上のための研修
  3. 喜劇に関する研修発表会、鑑賞会等の開催
  4. 喜劇に関する内外資料および文献の収集保存
  5. 俳優の顕彰および福利厚生
  6. 機関紙の刊行
  7. その他前記の目的を達成するために必要になる事業

を挙げている[1]

1982年(昭和57年)、逝ける浅草の喜劇人を偲び、東京浅草浅草寺境内に「喜劇人の碑」を建立した。

2004年(平成16年)3月26日、設立50周年を記念して「喜劇人大賞」を設けることを発表、同3月30日に第1回授賞式を行った。第1回大賞受賞者は三谷幸喜であった。

2007年(平成19年)4月橋達也が第9代会長に就任した。

2011年(平成23年)6月小松政夫が第10代会長に就任した[2]

2013年(平成25年)4月4日4月5日、日本喜劇人まつり2013を東京・日本橋三越劇場にて上演。

2014年(平成26年)2月14日2月16日、日本喜劇人まつり2014を東京・日本橋の三越劇場にて開催。ヒロインはゲストの野呂佳代(元AKB48SDN48)。

2014年(平成26年)9月8日9月10日、第3回日本喜劇人まつり開催「コメディーアワー 必笑祈願 笑う門には福来る!!」を東京・日本橋の三越劇場にて開催。ゲストは熊谷真実黒田アーサー

2015年(平成27年)3月27日3月29日、第4回日本喜劇人まつり「天国のシャボン玉ホリデー」を東京・日本橋の三越劇場にて開催[3]

2016年(平成28年)3月4日3月6日、日本喜劇人協会vs道頓堀人情歌劇 公演「春の祭典」を東京・日本橋の三越劇場にて開催。ゲストは渡辺裕之黒田アーサー

役員一覧編集

歴代会長編集

喜劇人大賞編集

脚注編集

  1. ^ 本法人の定款を参照。日本財団図書館サイト内の「日本喜劇人協会」でも目的等について確認できる。
  2. ^ 日本喜劇人協会の新会長に小松政夫さん Archived 2011年6月23日, at the Wayback Machine. 読売新聞 2011年6月20日閲覧
  3. ^ 天国のシャボン玉ホリデー(三越劇場) - 牛乳石鹸共進社株式会社 2015年3月 (PDF)
  4. ^ 故人では、顧問に森繁久彌谷幹一橋達也森光子がいた。

関連項目編集

外部リンク編集