メインメニューを開く

日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法

日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法(にほんこくとのへいわじょうやくにもとづきにほんのこくせきをりだつしたものとうのしゅつにゅうこくかんりにかんするとくれいほう。平成3年5月10日法律第71号)は、日本の法律。通称は入管特例法入国管理特例法と呼ばれる[1]

日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 入管特例法
法令番号 平成3年5月10日法律第71号
効力 現行法
種類 外事
関連法令 出入国管理法外国人登録法
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

特別永住者平和条約国籍離脱者とその子孫)について退去強制、再入国許可、登録証明書携帯義務の制裁、雇用対策法に基づく届出義務などの特例が規定されている。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集