メインメニューを開く

日本基督教団讃美歌委員会(にほんキリストきょうだんさんびかいいんかい)は、日本基督教団讃美歌委員会。

概要編集

日本におけるキリスト教各派を通じて一つの讃美歌を用いたいとの議論は、1880年に近畿地方の宣教師会議で議案に上がったことに始まる。また、これよりも先、1874年ごろ長崎のダッチ・リフォオームド及びメソジストの両ミッションが共同して讃美歌及び曲譜の小歌集を出版したこともあった。数年間にわたりその歌集はよく用いられた。

1890年に至って一致、組合両教会の委員が編纂した「新撰讃美歌」が世に出た。これらの他、讃美歌編集は各派の間でそれぞれおこなわれていた。このようにしてそれらは良く用いられはしたものの、広く用いられた歌でさえ翻訳がまちまちで各派の信徒の交わりを深くするには至らなかった。これらのことから共同の讃美歌が欲しいとの気持ちが、これまで以上に増し、ついに共通讃美歌を編纂することとなった。1900年4月に大阪で開かれた福音同盟会において満場一致で可決され、同年10月には東京で開催された宣教師大会もこれに賛同し、ついに様々な教会、ミッションで委員を出してこれに全権を委ねることになった。

編纂は1900年の秋に開始され、組合教会、日本基督教会、浸礼教会(バプテスト)がこれに参加したが、翌年にはメソヂスト教会及び基督教会も参加した。もっとも当初よりメソヂスト教会の代表は日本聖公会から出された委員と共に協議委員会に出席し、殊に有名な讃美歌百首以上の歌詞を整えて、それに合致する譜を合わせて、以前より出版している讃美歌集と共通の材料を提供した。この共通賛美の歌の大半は各派の讃美歌で出版されていたものを改定したものであった。このようにして1903年10月に日本で最初の共通讃美歌が発刊された。この共通讃美歌出版の母体となった各派からの参加による共通讃美歌発行のための委員会、即ち「讃美歌委員会(The Hymnal Commitee)」が日本基督教団讃美歌委員会の前身である。


  • ※興亜少年讃美歌(1943年)は日本基督教音楽協会の刊行によるものであり本委員会編纂に非ず。

歴史編集

大戦中は紙面配給に窮し節約のため時局版讃美歌を編纂した。内容的に時局偏向讃美歌のイメージがあるが誤解を解くため、時局版讃美歌前書を以下に転載す。

「昭和六年に出版したる「讃美歌」の編纂に就いては、既に同集の序に詳かにしたり。 右「讃美歌」は、幸にして我日本の基督教界に広く用ひられて、幾度か版を重ねたり。然るに最近時局のため、用紙配給の制定まり、「讃美歌」を原形のままにて印刷すること到底適い難くなりたれば、委員は配詞曲の数を凡そ半減せんことを企てたり。乃て調整委員を設け、讃美歌委員中より、小崎道雄比屋根安定別所梅之助、山本喜蔵、渡部元(委員長)、小田信人の六名を選び委員外より阿部正義、木岡英三郎、鈴木浩二、鳥居忠五郎、中山昌樹三浦豕由木康、小河原虎三の八名に嘱して十六年十月より十七年三月に亘り六月を費し、慎重審議の結果、新たに此の「讃美歌」を公にするに至りぬ。随って、昭和六年版を「讃美歌」(原版)、昭和十七年度の本集を暫く「讃美歌」時局版と称すべきか。 尚、「青年讃美歌」も当分別に発行する事適わざるにより、その新曲の大部分をここに収めたり。 委員は「讃美歌」(原版)の再び行わるる日の到来すべきを信ず。いな、更に新しき日本には新しき「讃美歌」盛んに挙げられざるを信じ、委員は我国多数の教徒と共に将来新しき讃美歌の多くの加わらんことを祈りてうまざるなり。昭和十七年三月」

戦後の1954年の讃美歌集と1967年の讃美歌第二編は広く使われた。従来、讃美歌集は文語体がおもであったが、1997年の讃美歌21は口語体を多く含んでいる。

記譜編集

プロテスタントの伝統的な四声体コラール形式がほとんどである。「こどもさんびか」は旋律のみで伴奏譜が別に出版されている。